TOP

2021年1月14日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、3列目シートの画像を公開!注文も再開へ

2021年1月14日にTeslaがミドルクラスSUVである「Tesla Model Y」の3列目オプションをアメリカ市場にて再開したことが明...

2020年12月23日 | テクノロジー / 自動車

Teslaのイーロン・マスク氏、過去にAppleから買収の会議を断られていたことを明かす

2020年12月23日にTeslaのCEOであるイーロン・マスク氏が、過去にAppleのCEOであるティム・クック氏に対してAppleがTe...

2020年12月14日 | テクノロジー

iPhone 13にはディスプレイ埋込み型Touch IDの試作機が2台存在する

2020年12月14日にApple内部にてディスプレイ埋込み型Touch IDを搭載している試作機が、少なくとも2台存在している可能性が明ら...

2020年12月11日 | テクノロジー

iPad 第9世代、A13 Bionicチップを搭載し2021年春に登場か

2020年12月11日にAppleが、「iPad 第9世代」を早ければ2021年春頃に登場する可能性が明らかとなりました。  ...

2020年12月9日 | テクノロジー

Appleブランド初のヘッドホン「AirPods Max」を正式発表!

2020年12月9日にAppleが、Appleブランド初のオーバーイヤーヘッドホンとして「AirPods Max」を正式発表したことが明らか...

2020年12月7日 | テクノロジー

楽天モバイル、Docomoに対抗して1,000円台の新プランを検討か

2020年12月7日に楽天モバイルが、Docomoの新プランに対抗して、月額1,000円台の新プランの導入を検討していることが明らかとなりま...

2017年5月16日

Apple、サードパーティ製アプリからiCloudのアクセスに2ファクタ認証を設置

2017年5月16日にAppleが、サードパーティ製アプリケーションからiCloudへのアクセスに「2ファクタ認証」を設けることが新たにわかりました。

 

 

Appleは、6月15日には「2ファクタ認証」の実装を行い、Apple IDは自動的にログアウトされるようです。

 

 

iCloudのセキュリティを強化

Appleは、2017年5月15日にサードパーティ製アプリケーションからiCloudへのアクセスに対し、「2ファクタ認証」を設けることを発表致しました。

 

 

従来まで、iCloudにアクセスするためには「IDまたはメールアドレス」と「パスワード」が必要でした。

 

 

この認証は、サードパーティ製のアプリケーションにも適応されております。

 

 

そこでAppleは、サードパーティ製アプリケーションとiCloudの間に「2ファクト認証」を設けることで、強制的に2段階認証によるログインへ移行するようだ。

 

 

これによりiCloudは、よりセキュアなクラウドサービスとなるようです。

 

 

2ファクタ認証

「2ファクタ認証」とは、ユーザーが作成した「ID」と「パスワード」の他に、指定の端末に送られる「認証コード」を必要とする。

 

 

「認証コード」は、ユーザーが信頼している端末でしか確認できないため、物理的にセキュアになる。

 

 

さらに多くの「認証コード」は、数秒間のみ有効であり、第3者が「認証コード」を盗んでも、数秒後にはコードが無効になる。

 

 

そのため、仮に「認証コード」盗まれても時間差で無効となり、コードを入力してもログインすることができない。

 

 

これにより、たとえ悪意のあるアップリケーションが「ID」と「パスワード」を盗んでもiCloudへアクセスすることは困難である。

 

2ファクタ認証が設置される日

ニュースサイト「Macお宝鑑定団blog」によると、Appleは2017年6月15日に「2ファクタ認証」の設置を行うようだ。

 

 

そのため、6月15日に自動的にアカウントがログアウトされるため、ユーザーはログイン情報を入力し直す必要があります。

 

 

なお、「Macお宝鑑定団blog」が公開しているAppleからのメールは以下のとおりとなる。

 

6月15日以降、Microsoft Outlook、Mozilla Thunderbirdなどの他社製Appや、Apple製でないメール、

連絡先、カレンダーのサービスからiCloudデータにアクセスするには、App用のパスワードが必要になります。

 

すでにApple IDの主要パスワードを使って他社製Appにサインインしている場合は、

この変更時に自動的にサインアウトされます。

その際は、App用パスワードを作成し、

サインインし直すことが必要になります。

 
App用パスワードを作成するには、Apple IDの2ファクタ認証を有効にして、以下の手順を実行してください。
 

・Apple IDアカウントページにサインインする
(https://appleid.apple.com)
・「セキュリティ」の「App用パスワード」を開く
・「パスワードの作成」をクリックする

詳しくは、「App用パスワードを使う」をご覧ください。さらにサポートが必要な場合は、Appleサポートをご利用ください。

 

 

さらに、「2ファクタ認証」を利用するためには以下の条件があるようだ。

 

 

  • iOS9 以降を搭載する iPhone、iPad、iPod touch
  • OS X El Capitan および iTunes 12.3 を搭載する Mac
  • watchOS 2 以降を搭載する Apple Watch
  • tvOS を搭載した Apple TV(第4世代)
  • iCloud for Windows 5 および iTunes 12.3.3 を搭載する Windowsパソコン

 

 

条件を満たさない場合は、サードパーティ製アプリケーションからiClodへのアクセスが不可能となるようだ。

 

 

これよりAppleは、iCloudのセキュリティーの向上と、新しい端末への買い替えを促すメリットが挙げられます。

[Macお宝鑑定団blog, iPhone-mania]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)