TOP

2020年10月29日 | テクノロジー

IIJ、au回線を利用した法人向け5Gプランを発表へ-IIJモバイルサービス

2020年10月29日にIIJが、法人向けとしてau回線を使用した「5G」回線種別プランを発表したことがわかりました。   ...

2020年10月28日 | テクノロジー

iMacに搭載されるApple SiliconはA14Tとなり2021年頭に販売開始か

2020年10月28日にAppleが、Apple Siliconを搭載した「iMac」を早ければ2021年頭ごろより販売開始される可能性が明...

2020年10月27日 | テクノロジー

Amazonブランドの完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds2」がまもなく登場か

2020年10月27日にAmazonが、Echoシリーズの完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds 2」をまもなく登場させる可能性が明らか...

2020年10月20日 | テクノロジー

産業向けであるRaspberry Pi Compute Module4が正式発表!

2020年10月20日にRaspberry Pi財団から産業用である「Raspberry Pi Compute Module4」が正式発表さ...

2020年10月19日 | テクノロジー

Apple、11月17日にApple Silicon(アップルシリコン)搭載Macを発表か

2020年10月19日にAppleが、Apple Siliconを搭載したMacを11月17日のイベントで開催する可能性が明らかとなりました...

2020年10月16日 | テクノロジー

iPad Air 4、10月23日販売開始か-米Walmartで予約受付を開始へ

2020年10月16日にAppleの「iPad Air 4」が、アメリカの大手小売チェーンである「Walmart」にて予約受付を開始されてい...

2017年5月11日

Microsoft、Mac向けに「Visual Studio for Mac」を正式に公開へ

2017年5月10日にMicrosoftが、開発者向けイベントである「Build 2017」にて統合開発環境(IDE)である「Visual Studio」のMac版である「Visual Studio for Mac」をリリースしたことが明らかとなりました。

 

 

なお、利用できるWindows向けプログラミング言語は、「C#」のみのサポートとなっております。

 

 

Visual Studio for Mac

MicrosoftがMac版「Visual Studio」の存在を明らかにしたのは、2017年11月です。

 

 

発表と同時にプレビュー版も公開されており、Macで「Visual Studio」という夢のような話がようやく実現されました。

 

プレビュー版では、Android開発やmacOS、iOS、tvOS、watchOS、Cloud向けアプリケーションの開発が可能でした。

 

 

また、ゲーム開発で用いられる「Unity」や「Xamarin」、「.NET Core」なども利用できるようだ。

 

 

なお、「Visual Studio for Mac」のUIはこのようになるようだ。

 

 

 

使用できるWindowsの言語

どうやら「Visual Studio for Mac」で使用できるプログラミング言語は「C#」のみであるようだ。

 

 

「Visual Studio for Mac」のリリースノートに記載されている「中心的機能」欄には以下の機能が記載されている。

 

 

  • Roslyn ベースの C# IntelliSense、リファクタリング、アナライザー、コード修正。
  • NuGet ベースのパッケージ管理。
  • Visual Studio 互換のプロジェクト形式。
  • MSBuild ビルド エンジン。
  • 統合単体試験。
  • すぐに F# を利用可能。

 

リリースノートには「Roslyn ベースの C# IntelliSense」と記載されていることから「C#」しか扱えないことがわかります。

 

 

また、「F#」の対応と書いてありますが、残念ながら「F#」の需要を考えると活躍できる場面は限られていおります。

 

 

これらのサポートの基準は、同梱されている「MSBuild」が「C#」までしか開発できなかったことが原因だと思われます。

 

.NET Coreのサポート

Microsoftのリリースには、「.NET Core」のサポート内容が記載されております。

 

  • C# と F# の IntelliSense。
  • コンソール、ライブラリ、Web アプリケーションのための .NET Core プロジェクト テンプレート。
  • ブレークポイント、コール スタック、ウォッチ ウィンドウなど、完全なデバッグ サポート。
  • NuGet PackageReferences と MSBuild ベースの復元。
  • .NET Core SDK に含まれる Visual Studio テスト プラットフォームでテストを実行し、デバッグするための統合単体試験サポート。
  • 以前の project.json 形式からの以降。

 

やはり「.NET Core」のサポートも「C#」のみのサポートと記載されている。

 

 

しかし、「Visual Studio」醍醐味であるブレークポイント、コール スタック、ウォッチ ウィンドウのサポートが搭載されているため、デベロッパーとしては嬉しい機能が移植されております。

 

 

また、JSONのサポートも行われているため、WEBアプリケーションの開発も可能なようだ。

 

 

「Visual Studio for Mac」は以下のリンクからダウンロードすることができます。

 

 

[Visual Studio 2017 for Mac – リリースノート]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)