TOP

2022年3月23日 | テクノロジー

iPhone 14 Pro、ノッチがいよいよ最小サイズへ変更へ-設計図から判明か

2022年3月23日にAppleから2022年中に発表されることが予想されている「iPhone 14 Pro」にて、ディスプレイ上部のノッチ...

2022年2月17日 | テクノロジー

Amazon、ワイヤレスイヤホンEcho Buds(第2世代)を日本でも販売開始へ

2022年2月17日にAmazonが、同社のEchoブランドのワイヤレスイヤホンである「Echo Buds(第2世代)」を日本でも販売開始し...

2022年2月15日 | テクノロジー

インドにてM2チップ搭載のMac ProとMacboook Airをテスト中か

2022年2月15日にAppleが、インドにて「Mac mini」の上位モデルである新型「Mac Pro」と「Macbook Air」をテス...

2022年2月10日 | テクノロジー

Apple、発表イベントを3月8日に開催か-iPhone SE 3の初期在庫は少ないかもしれない

2022年2月10日にAppleが、製品発表イベントを3月8日に開催する可能性が明らかとなりました。   イベントで発...

2022年2月9日 | テクノロジー / 自動車

Tesla、アプリストアとして「Tesla Store」を準備中か

2022年2月9日にTeslaが、同社のアプリストアとして「Tesla Store(Tesla App Store)」を準備中である可能性が...

2022年2月8日 | テクノロジー

Apple、2022年に新型HomePodを発表か

2022年2月8日にAppleが、2022年中に新型HomePodを発表する可能性が明らかとなりました。   これは、...

2017年5月8日

SONY、有機ELを採用した4KテレビであるA1シリーズを6月に販売 – 画面がスピーカーとなる機能を追加

2017年5月8日にSONYは、有機ELパネルを採用した4Kテレビを「BRAVIA(ブラビア)」ブランドのA1シリーズとして6月10日販売することを発表致しました。

 

 

これによりSONYが有機EL産業へ再参入することを意味しております。

 

 

新しいBRAVIA

SONYは、5月8日に新しいBRAVIA(ブラビア)A1シリーズに有機ELパネルを採用した4Kテレビを発表したことが明らかとなりました。

 

SONYが有機ELを搭載した大型テレビを大衆向けに発表したのは今回が初めてとなります。

 

 

新しい4Kテレビは2つのモデルでリリースされ、55インチの「KJ-55A1」と65インチの「KJ-65A1」を発表している。

 

 

価格は、「KJ-55A1」が約50万円で「KJ-65A1」が約80万円となる。

 

 

A1シリーズの機能

SONYが今回発表したA1シリーズはプレミアムモデルに位置づけされており、様々な最新機能が搭載されております。

 

A1シリーズは、通常の放送に使われるSDR信号の対応はもちろん、HDR信号にも対応しております。

 

 

これにより有機ELとダイナミックレンジの輝度を体感することができ、通常のSDR信号よりもコントラストが大幅に向上している。

 

 

さらにHDR信号に対応していない環境でも、SDR信号をHDR相当まで向上させる「HDRリマスター」機能を搭載している。

 

 

「HDRリマスター」により通常の地上デジタル放送でも、HDR相当の高コントラストでテレビ番組を観ることができる。

 

 

HDR関連の機能も魅力的だが、A1シリーズの醍醐味は新しい技術である「アコースティック サーフェス」だ。

 

 

アコースティック サーフェス

「アコースティック サーフェス」とは、画面自体を振動させ音を発生させる技術となる。

 

 

A1シリーズの背面の左右に「アクチェーター」を配置し、画面を直接振動させることで音を発生させるようです。

 

 

 

さらに、背面のスタンドにあるサブウーファーでも画面を振動させることで、低音や立体感のある音を作り出すことが可能になったようです。

 

 

SONYによると、「アコースティック サーフェス」と呼ばれる技術は、長年音作りを探求してきたSONYだからこそ実現できた技術であるとコメントしている。

 

 

「アコースティック サーフェス」の技術には、2008年6月に販売した「サウンティーナ(NSA-PF1)」で培った有機ガラス管を振動させ、360度に音を響かせる技術のノウハウが組み込まれているようです。

 

 

その他の機能

A1シリーズのその他の機能として、Googleが提供している「Android TV」が採用されている。

 

 

「Android TV」に搭載されている音声検索機能や音声認識システムを利用することで、番組の検索や録画機との連携が可能となっている。

 

 

なお、A1シリーズには3D機能が搭載されておらず、3Dメガネとの連携も不可能となっている。

 

 

A1シリーズは、プレミアムモデルとしてリリースされただけあり、すでに3Dコンテンツを持っているユーザーとしては悩みどころがある。

 

 

しかし、SONYが再び有機EL産業へ参戦してきたことは喜ばしいことではないでしょうか。

[A1シリーズ – SONY]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Now Loading...

Now Loading...