TOP

2020年11月26日 | テクノロジー

Amazon、日本でもiPhoneの整備品の取り扱いを開始へ

2020年11月26日にAmazonが、日本でもAppleのiPhoneの整備品の取り扱いを開始したことが明らかとなりました。 &nb...

2020年11月24日 | テクノロジー

iPhone 12 mini、iOS 14.2.1にてロック画面が反応しない不具合を修正へ

2020年11月24日にAppleが、「iOS 14.2.1」を公開したことが明らかとなりました。   「iOS 14...

2020年11月17日 | テクノロジー

iPhone 12 mini、ロッグ画面でタッチパネルに不具合か-対象法など

2020年11月17日にAppleから販売されたばかりの「iPhone 12 mini」のロッグ画面にてタッチ操作が不安定になる不具合が報告...

2020年11月12日 | テクノロジー

Googleフォト、無料で使用できる容量無制限プランを2021年6月1日

2021年11月12日にGoogleが、5年間提供してきたGoogleフォトの無料の容量無制限のクラウドストレージプランが2021年6月1日...

2020年11月11日 | テクノロジー

Apple Silicon「M1」を搭載したMacbook AirとPro、Mac miniが正式発表へ

2020年11月11日にAppleが、スペシャルイベントにてARMプロセッサであるApple Silicon「M1」を搭載した「Macboo...

2020年11月10日 | テクノロジー

iOS用YouTubeアプリ、iPhone 12シリーズでHDRをサポートへ

2020年11月10日にGoogleが、iOS向け「YouTube」アプリにてiPhone 12シリーズを対象としたHDRをサポートしたこと...

2017年5月2日

Apple、MacBook 13インチ Mid 2010やMacBook Pro 13/15インチ Mid 2009のサポートを終了へ

2017年5月2日にAppleは、MacBook 13インチ Mid 2010やMacBook Pro Mid 2009をビンテージ製品とオブソリート製品に追加したことが明らかとなりました。

 

 

これにより該当する製品の修理が事実上不可能となりました。

 

 

ビンテージ製品とオブソリート製品

Appleは販売してからある程度の日数を経過した商品をビンテージ製品とオブソリート製品として取り扱うようです。

 

 

従来までの運用でいくと、「ビンテージ製品」に該当する商品は、販売中止から5年以上7年未満となっているようだ。

 

 

「オブソリート製品」については、製品が販売中止から7年以上が経過した場合に該当されるようだ。

 

 

「オブソリート製品」に含まれた製品は、部品の発注も中止されるため、たとえAppleへ正式に修理を依頼しても、部品がないため修理が出来ない製品として扱われてしまいます。

 

 

今回該当された製品

今回の発表で「ビンテージ製品とオブソリート製品」に該当したMacBookは以下の通りとなります。

 

 

  • MacBook (13-inch, Mid 2010)
  • MacBook Pro (13-inch, Mid 2009)
  • MacBook Pro (15-inch, 2.53GHz, Mid 2009)
  • MacBook Pro (15-inch, Mid 2009)

 

 

 

今回追加されたMacBookに着目すると、Appleは販売から10年〜11年ほど経過した製品のサポートを打ち切ったことが分かります。

 

 

その為、MacBookは最大約10年間使用できるノートパソコンであることがわかりました。

 

 

サポートが打ち切られたMacBookはメモリ増設やSSDへの変更などのユーザーによるカスタマイズが許されていた時代の製品だ。

 

 

また、最後にユーザーによるカスタマイズが許されたMacBookは「MacBook Pro Mid 2012」である。

 

 

そのため、最後のカスタマイズが可能なMacBookである「MacBook Pro Mid 2012」については、2022年にビンテージ製品に該当されると推測されます。

 

 

米国以外での取り扱いは?

Appleは、国によってビンテージ製品かオブソリート製品であるかを住み分けております。

 

 

MacBoookとMacBook Proについては、米国とトルコでは「ビンテージ製品」でその他の国(日本を含む)では「オブソリート製品」に該当されます。

 

 

「オブソリート製品」は、ハードウェアのサポートを打ち切ることを意味するため、該当する製品を所持しているユーザーは、自身で部品を調達し修理するしか方法がありません。

 

 

なおAppleは先日、iPhone 3G以降のすべてのモデルをビンテージ製品に追加しており、例外なくすべてのハードウェアサポートを停止している。

[MacRumors]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)