TOP

2019年7月19日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Japan、モデル3へデュアルモーターAWDロングレンジモデルを追加へ!ホワイトエクステリアが無料化

2019年7月19日にTesla Japanが、エントリーモデルである「Tesla Model 3」のラインナップへ「デュアルモーターAWD...

2019年7月18日 | テクノロジー

Apple製品とMicrosoft製品からBluoothに脆弱性が発見される

2019年7月18日にApple製品とMicrosoft製品からBluetoothの脆弱性が身と買ったことが明らかとなりました。 &n...

2019年7月17日 | テクノロジー

Apple、一部モデルへレインボーカラーのAppleロゴを復活か

2019年7月17日にAppleが、一部のモデルにレインボーカラーこと虹色のAppleロゴを復活する可能性が浮上してきました。 &nb...

2019年7月16日 | テクノロジー

Macbook Air 2019モデル、SSDの速度が2018年モデルよりも遅い可能性が浮上

2019年7月16日にAppleが、先日発表した「Macbook Air 2019」に搭載されているSSDが、前モデルである2018年モデル...

2019年7月15日 | テクノロジー

バッテリー管理もAI!?iOS 13では機械学習による充電最適化機能を搭載

2019年7月5日にAppleが、充電最適化機能へ機械学習を導入していることが明らかとなりました。   AIによりiO...

2019年7月14日 | テクノロジー

Google Pixel 4と思われるテスト機がロンドンで見つかる

2019年7月14日にGoogleが現在準備中と噂されている「Google Pixel 4」のテスト機と思わえるディバイスが目撃されているこ...

2017年5月1日

Google、10月リリース予定の「Google Chrome 62」でHTTPページへの警告を強化か

2017年5月1日にGoogleが、セキュアデアはないHTTPページ」を対象に、「Not Secure」というメッセージ表示を2017年10月にリリース予定である「Google Chrome 62」にて実装することがわかりました。

 

 

ChromeとHTTP

Googleは、以前からセキュアではないHTTPページに警告を発信している。

 

 

Googleは、2017年1月にリリースした「Google Chrome 56」にて、セキュアではないHTTPページを開くとページの安全性について警告表示する機能を実装している。

 

 

これは、セキュアではないHTTPページでログイン情報やクレジットカード情報などの漏えいを防ぐために実施しているようだ。

 

 

今回の報道によるとGoogleは、2017年10月にリリース予定である「Google Chrome 62」にて、セキュアではないHTTPページへの警告をより強化するようだ。

 

 

セキュアではないHTTPページヘの対策

本日Googleは、あらかじめ2017年10月にリリースされる「Google Chrome 62」にてHTTPページへ遷移すると警告が表示されることをWEB開発者に向けて発信しました。

 

 

これは、Googleから6ヶ月間の猶予を与えるという意思表明でもある。

 

 

Googleは、SSL/TLS認証によるHTTPSによる運営を推奨していおり、各WEB開発者はこの要望に答える必要がある。

 

 

2017年10月にリリースされる「Google Chrome 62」にてHTTPページを表示すると、テキストボックスなどに「No secure」というメッセージが表示されるようになります。

 

 

 

 

GoogleでChromeセキュリティチームの製品マネージャーを務めるEmily Schechter氏は、「Google Chrome 62」にて以下のようにコメントしている。

 

 

ユーザーがウェブサイトに入力するいかなるタイプのデータも、ネットワーク上で他者がアクセスできるものであってはならないため、Chromeのバージョン62から、ユーザーがHTTPサイトにデータを入力しようとすると『Not secure』という警告が表示される

 

 

今後Googleは、セキュアではないHTTPに対しGoogle Chromeをアップデートするごとに厳しい評価を下す可能性がある。

 

 

6ヶ月間の猶予

Googleは、WEB開発者に対して6ヶ月間の猶予を与えた。

 

 

「Google Chrome 62」の注意点としてSchechter氏は、以下のようにコメントしている。

 

Incognitoモード(シークレットモード)でChromeをブラウズするユーザーは、プライバシーがより強化されていることを期待するだろう。

しかし、HTTPでのブラウジングはネットワーク上の他者に対してプライベート(非公開)ではないため、Chromeのバージョン62では、IncognitoモードでHTTPページを訪問するユーザーにも警告を表示する

 

 

「Google Chrome 62」では、シークレットモードでも、警告が表示去るようになるためWEB開発者は対応に応じる必要があるようだ。

 

 

GoogleがここまでHTTPSへの移行を推奨する理由に、JavaScriptの「Service Worker」を通じてプログレッシブウェブアプリを導入してもらうことが挙げられる。

 

 

Service Workerを利用することにより、オフライン機能やバックグラウンド同期機能が実現できるメリットが挙げらるが、Service Workerを実装するかどうかはWEB開発者の判断となるだろう。

[ZDNet]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)