TOP

2020年8月6日 | テクノロジー

Google、リアルタイム翻訳が可能なワイヤレスイヤホンGoogle Pixel Budsを日本でも販売開始へ

2020年8月6日にGoogleが、リアルタイム翻訳が可能なワイヤレスイヤホン「Google Pixel Buds」を日本国内でも販売開始す...

2020年8月5日 | テクノロジー

Microsoft、米国内でTikTokを買収か-トランプ大統領が先人を切る

2020年8月5日にアメリカのドナルド・トランプ大統領が9月15日までに米国企業により買収されなければ、米国内でサービスを停止するとコメント...

2020年8月4日 | テクノロジー

Google、Google Pixel 4aを正式発表!4万2,900円で8月20日より日本でも販売開始へ

2020年8月4日にGoogleが、「Google Pixel 4a」を正式発表し、日本国内でも販売することがわかりました。 &nbs...

2020年8月3日 | テクノロジー

iPad Pro 11インチ 2021年モデルは登場しないかもしれない

2020年8月3日にAppleから、次期「iPad Pro 11インチ」である2021年モデルが登場しない可能性が明らかとなりました。 ...

2020年7月31日 | テクノロジー

Google、Google Pixel 4aを8月3日に発表することを正式発表!問題形式で発表へ

2020年7月31日にGoogleが、同社の新型スマートフォン「Google Pixel 4a」を2020年8月3日に販売会することを正式発...

2020年7月30日 | テクノロジー

第8世代iPod Touch、Touch IDまたはFace IDをいよいよ搭載か!iOS 14から見つかる

2020年7月30日にAppleからの販売が噂されている第8世代「iPod Touch」にてTouch IDが搭載される可能性が明らかとなり...

2017年4月30日

Qualcomm、MicrosoftとARMノートPCを復活か – Surface CloudBook

米国時間2017年4月28日にARMは、2017年末にSnapdragon 835をベースとした新しいWindows 10ノートPCを投入することを発表しておりましたが、どうやら本当のようです。

 

 

MicrosoftとQualcomm

今回の情報によると新しいARMベースのノートPCは、Microsoftが新しいSurfaceシリースとして投入するようだ。

 

 

また、Surfaceシリーズの他にはLenovoが新しい「2-in-1」ディバイスとして登場するとされている。

 

 

ARMは、2012年に最初のSurfaceシリーズとして「Surface RT」を発表しております。

 

 

 

しかし、「Surface RT」はソフトウェア・サポートが不足していたため、結果として販売台数を増やすことができませんでした。

 

 

ですが、その後AMDの技術を着々と進歩させ続けており、MicrosoftとQualcommのパートナーシップはIntelを脅かすものであると言われております。

 

 

2017年のARMを搭載したSurfaceは?

今年に登場するSnapdragon 835をベースとしたSurfaceは「Surface Cloudbook」と言う名前で噂されております。

 

 

「Surface Cloudbook」は、「Surface 3」と「Surface RT」のような廉価版Surfaceに位置すると推測されている。

 

 

噂によると、Surface Proシリーズよりも比較的リーズナブルな価格に設定されるが、Surface RTのように制限が設けられる可能性があるようだ。

 

 

その理由の一つに、「Surface Cloudbook」には「Windows 10 Cloud」という新しいOSが搭載されることが挙げられます。

 

 

Windows 10 Cloud

「Windows 10 Cloud」は、一言で言うと「Surface RT」のように制限が設けられた「Windows 10」となります。

 

 

現在のリーク情報では、Windowsストアに公開されている「UWPアプリケーション」のみを利用することができる「簡略版Windows 10」と言われております。

 

 

このことから、「Windows Cloud」は「Windows RT」や「Windows 8.1 for Bing」と同じように機能が制限されたWindows 10であり、ユーザーが任意のソフトウェアを利用できない可能性があります。

 

 

販売台数が伸びなかった「Surface RT」もWindowsストアに公開されているソフトウェアしか利用できなことが欠点でありましたが、Microsoftはどのような戦略で「Surfae Cloudbook」を売り上げていくのか謎が深まるばかりです。

[DigiTimes]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)