TOP

2019年1月23日 | テクノロジー

Apple、2020年モデルのiPhoneすべてに有機EL(OLED)ディスプレイを採用か

2019年1月23日にAppleが、2020年モデルのiPhone全てに有機EL(OLED)ディスプレイを採用する可能性が浮上してきました。...

2019年1月23日 | テクノロジー

Apple、AirPowerを2019年後半に販売開始か

2019年1月23日にAppleが、2019年後半にワイヤレス充電マットである「AirPower(エアーパワー)」を販売開始する可能性が浮上...

2019年1月22日 | テクノロジー

Facebook、十代向け写真共有アプリ「LOL」を作成するも人気がでず

2019年1月22日にFacebookが、10代向けの写真共有アプリ「LOL」を試験的に導入していることが明らかとなりました。 &nb...

2019年1月22日 | テクノロジー

日本Microsoft、Surfaceと家庭向けに「Microsoft Office 2019」を販売開始へ

2019年1月22日にMicrosoftが、ご家庭向け最新Officeである「Microsoft Office 2019」の販売を開始したこ...

2019年1月21日 | テクノロジー

iPhone XS Maxの後継機は3眼カメラと4,000mAhの大型バッテリーを搭載か

2019年1月21日にAppleが、2019年モデルとして登場する「iPhone XS Max」の後継機にて、3眼カメラと4,000mAhの...

2019年1月21日 | テクノロジー

米Apple、iPhone SEを値引き販売へ-iPhone SE 2

2019年1月21日にAppleが、アメリカにて「iPhone SE」の値下げ販売を開始したことが明らかとなりました。   ...

2017年4月29日

Microsoft、「Windows 10 Creators Update」の配信を一時中断 – 不具合が原因か

米国時間2017年4月25日にMicrosoftは、先日公開したばかりのWindows 10向けの大型アップグレード「Windows 10 Creators Update」の配信を一時中断することを発表致しました。

 

Microsoftは、中断した理由を「不具合をきたす恐れがある」としている。

 

 

Windows 10 Creators Updateとは?

「Windows 10 Creators Update」とは、Microsoftが2017年4月11日公開したWindows 10向けの大型アップデートとなっている。

 

 

「Windows 10 Creators Update」は、主にゲーマーや映像関連に特化した内容となっている。

 

 

ゲームを実況するためのキャプチャ機能やゲームモードを搭載しており、Windows 10一つでゲーム配信に必要な要素が一通り揃うことになりました。

 

 

 

 

映像関連での機能は、ペイントが3Dに対応したほか、MR(複合現実)ヘッドセットである「HoloLens」のサポートが行われるなど様々な要素が追加されている。

 

 

 

 

 

配信を中断した理由

本日まで第3者による「Windows 10 Creators Update」に関する不具合は報告されておりませんが、Microsoftは「不具合をきたす恐れがある」としてアップデートを一時中断している。

 

 

Microsoftによると、一部のBroadcom製のワイヤレスディバイスを使用した環境で、Bluetoothディバイスとの通信が不安定になり、再接続が不可能になる現象を確認しているとコメントしている。

 

 

この問題を理由にMicrosoftは、一時的に「Windows 10 Creators Update」の配信を一時中断し、不具合の修正に取り掛かっているようだ。

 

 

同社は、今後もユーザーからのフィールドバックにより発覚した問題の解決に取り組んでいきたいとコメントしている。

 

 

Windows 10 Creators Updateを利用するためには

現在Microsoftは「Windows 10 Creators Update」を「Windows Update」経由での自動配信が停止されている。

 

 

その為、「Windows 10 Creators Update」を利用するためには「Windows Update」以外の経路からダウンロードする必要があります。

 

 

以下の「Windows 10 ダウンロードリンク」から「Windows10Upgrade9252.exe」をダウンロードし、実行することで適応することができる。

 

 

 

 

手動での「Windows 10 Creators Update」の適応は、あくまでも自己責任でお願い致します。

[PC Watch]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)