TOP

2020年11月24日 | テクノロジー

iPhone 12 mini、iOS 14.2.1にてロック画面が反応しない不具合を修正へ

2020年11月24日にAppleが、「iOS 14.2.1」を公開したことが明らかとなりました。   「iOS 14...

2020年11月17日 | テクノロジー

iPhone 12 mini、ロッグ画面でタッチパネルに不具合か-対象法など

2020年11月17日にAppleから販売されたばかりの「iPhone 12 mini」のロッグ画面にてタッチ操作が不安定になる不具合が報告...

2020年11月12日 | テクノロジー

Googleフォト、無料で使用できる容量無制限プランを2021年6月1日

2021年11月12日にGoogleが、5年間提供してきたGoogleフォトの無料の容量無制限のクラウドストレージプランが2021年6月1日...

2020年11月11日 | テクノロジー

Apple Silicon「M1」を搭載したMacbook AirとPro、Mac miniが正式発表へ

2020年11月11日にAppleが、スペシャルイベントにてARMプロセッサであるApple Silicon「M1」を搭載した「Macboo...

2020年11月10日 | テクノロジー

iOS用YouTubeアプリ、iPhone 12シリーズでHDRをサポートへ

2020年11月10日にGoogleが、iOS向け「YouTube」アプリにてiPhone 12シリーズを対象としたHDRをサポートしたこと...

2020年11月6日 | テクノロジー

Amazon Holiday 2020、11月5日より開催へ!クリスマスギフト2020やブラックフライデーなども

2020年11月6日にAmazonが、「Amazon Holiday 2020」を開催していることが明らかとなりました。  ...

2017年4月22日

Google、Google Chromeのアップデートで広告のブロック機能を導入か

2017年4月21日にGoogleが提供しているウェブブラウザーである「Google Chrome」にネガティブな広告のブロック機能が導入されることが明らかとなりました。

 

 

広告のブロック機能

Googleが「Google Chrome」用に導入される広告のブロック機能は、モバイル版とデスクトップ版の両方に提供される可能性が高いと報じられております。

 

 

 

広告のブロック機能は、業界団体Coalition for Better Adsが不適切だと判断したネイティブな広告コンテンツをブロック対象とするようだ。

 

なお、Googleは2016年にCoalition for Better Adsの設立に関与しているようだ。

 

Googleからのコメント

Googleに本機能の実装についてジャーナリストが問い合わせたところ、Googleの広報担当者は「噂や憶測にはコメントしない」と述べたようだ。

 

 

その後、Googleの広報担当者は以下のようにコメントをしている。

 

 

Coalition for Better Adsや業界各社と密接に協力して、Googleや同団体のメンバーがBetter Ads Standardsに対応できるようにするさまざまな方法を検討している

 

 

なお、Googleは2016年に同社が広告のブロック機能を実装・開発しないことを宣言しておりました。

 

 

今回報じられたネイティブな広告のブロック機能が本当に「Google Chrome 」へサービスインされた場合、Googleのコメントに矛盾が生じることになります。

 

 

Google Cromeの開発チームであるDarin Fisher氏は、当時に広告に対し以下のようにコメントを残している。

 

 

パブリッシャーと広告主が適切に広告を掲載すれば、それはユーザーとエコシステムにとって素晴らしいものになる

 

広告のブロックとGoogle

Googleの収益の大半は広告による収益であることは有名な話です。

 

 

それ故に2016年度にGoogleが広告をブロックする機能を実装しないことを宣言したと推測されております。

 

 

しかし、近年では偽ニュースや低品質なコンテンツや広告が目立つようになり、GoogleやFacebookなどの大手企業の目に止まってしまったようだ。

 

 

中でもFacebookやTwitterは、偽ニュースや低品質なコンテンツの撲滅に力を入れている。

 

 

噂では、大手IT企業が共同で低品質なコンテンツを撲滅するためのAIを開発しているとも報じられている。

 

 

これらの近年の問題を受けてGoogleも、低品質な広告の撲滅に受けて動き出したと推測されております。

[clnet, The Wall Street Journal(WSJ)]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)