TOP

2020年10月29日 | テクノロジー

IIJ、au回線を利用した法人向け5Gプランを発表へ-IIJモバイルサービス

2020年10月29日にIIJが、法人向けとしてau回線を使用した「5G」回線種別プランを発表したことがわかりました。   ...

2020年10月28日 | テクノロジー

iMacに搭載されるApple SiliconはA14Tとなり2021年頭に販売開始か

2020年10月28日にAppleが、Apple Siliconを搭載した「iMac」を早ければ2021年頭ごろより販売開始される可能性が明...

2020年10月27日 | テクノロジー

Amazonブランドの完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds2」がまもなく登場か

2020年10月27日にAmazonが、Echoシリーズの完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds 2」をまもなく登場させる可能性が明らか...

2020年10月20日 | テクノロジー

産業向けであるRaspberry Pi Compute Module4が正式発表!

2020年10月20日にRaspberry Pi財団から産業用である「Raspberry Pi Compute Module4」が正式発表さ...

2020年10月19日 | テクノロジー

Apple、11月17日にApple Silicon(アップルシリコン)搭載Macを発表か

2020年10月19日にAppleが、Apple Siliconを搭載したMacを11月17日のイベントで開催する可能性が明らかとなりました...

2020年10月16日 | テクノロジー

iPad Air 4、10月23日販売開始か-米Walmartで予約受付を開始へ

2020年10月16日にAppleの「iPad Air 4」が、アメリカの大手小売チェーンである「Walmart」にて予約受付を開始されてい...

2017年4月21日

Apple、2019年モデルのiPhoneとApple Watchでmicro LEDディスプレイを採用か

2017年4月21日にAppleが、2019年には台湾の桃園市でmicro LEDディスプレイの量産を開始し、次期iPhoneや次期Apple Watchへ搭載される可能性があることがわかりました。

 

これによると、Appleがディスプレイを供給しているLG者は約2,3000億ウォン(約220億円)規模の損失になると予測されております。

 

 

OLEDからmicro LED

今回のリーク情報では、Appleが現在開発しているOLEDパネルからmicro LEDディスプレイの開発に着手し始めたことが新たにわかりました。

 

 

micro LEDパネルは、次期Apple Watchや次期iPhoneなどに採用されると噂されております。

 

 

Appleは現在もLG Electronicsから液晶パネルを供給しておりますが、2019年度からはmicro LEDの供給は台湾の桃園市でディスプレイの開発を開始するようです。

 

 

中でもApple Watchにmicro LED採用された場合、LG Electronicsは約2,3000億ウォン(約220億円)規模の損失になるとされております。

 

 

さらにiPhoneのディスプレイ供給だけでも韓国の企業は、1兆2000億ウォン(約1,150億円)もの損失になると報じられております。

 

 

Appleは、GPUなどの主力部品を自社で開発し始めており、サプライヤーへの依存度を低くする動きが見受けられます。

 

 

micro LEDの特徴

micro LEDパネルの特徴は、有機ELであるOLEDディスプレイよりも生産コストが安く、メリハリのある色合い、軽量化などが可能になります。

 

 

さらに消費電力が少ないことから次期Apple Watchに搭載される可能性が非常に高いです。

 

 

micro LEDは、従来までのLCDディスプレイとは異なり、バックパネルを必要とされないため更なる薄型が見込める。

 

 

しかし、micro LEDはLEDディスプレイよりも生産コストを抑えられますが、歩留まりの低さが欠点であるため、実用化まではまだまだ時間がかかるようだ。

 

micro LEDはApple Watch

現在までのリーク情報では、micro LEDはまずはApple Watchに採用されると報じられている。

 

 

 

 

なお、仮にApple Watchにmicro LEDが採用される場合、少なくても2019年以降に搭載されると予測されている。

 

 

Apple Watchにmicro OLEDが採用された場合、更なる軽量化と薄型化、生産コストの削減からApple Watchの価格が下る可能性もあります。

 

 

噂では、早ければApple Watch 3でmicro OLEDパネルが搭載されると噂されておりますが、開発時期からその可能性は低いでしょう。

[Business Korea]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)