TOP

2022年3月23日 | テクノロジー

iPhone 14 Pro、ノッチがいよいよ最小サイズへ変更へ-設計図から判明か

2022年3月23日にAppleから2022年中に発表されることが予想されている「iPhone 14 Pro」にて、ディスプレイ上部のノッチ...

2022年2月17日 | テクノロジー

Amazon、ワイヤレスイヤホンEcho Buds(第2世代)を日本でも販売開始へ

2022年2月17日にAmazonが、同社のEchoブランドのワイヤレスイヤホンである「Echo Buds(第2世代)」を日本でも販売開始し...

2022年2月15日 | テクノロジー

インドにてM2チップ搭載のMac ProとMacboook Airをテスト中か

2022年2月15日にAppleが、インドにて「Mac mini」の上位モデルである新型「Mac Pro」と「Macbook Air」をテス...

2022年2月10日 | テクノロジー

Apple、発表イベントを3月8日に開催か-iPhone SE 3の初期在庫は少ないかもしれない

2022年2月10日にAppleが、製品発表イベントを3月8日に開催する可能性が明らかとなりました。   イベントで発...

2022年2月9日 | テクノロジー / 自動車

Tesla、アプリストアとして「Tesla Store」を準備中か

2022年2月9日にTeslaが、同社のアプリストアとして「Tesla Store(Tesla App Store)」を準備中である可能性が...

2022年2月8日 | テクノロジー

Apple、2022年に新型HomePodを発表か

2022年2月8日にAppleが、2022年中に新型HomePodを発表する可能性が明らかとなりました。   これは、...

2017年4月16日

PHP、最新バージョンである7.1と7.0をリリース – バグ修正版

米国時間2017年4月13日にPHPデベロップメントチームは、「PHP.net」において最新バージョンである「PHP 7.1.4」と「「PHP 7.0.18」をリリースしたことがわかりました。

 

 

 

 

これらは、主にバグ修正を目的としたバージョンであると伝えられております。

 

 

 

PHP 7.1/7.0

今回のアップデートは、「PHP 7.0系列」と「PHP 7.1系列」に向けて配信されている。

 

 

 

PHPデベロップメントチームは、それぞれの系列を利用しているユーザーに対し、最新版へのアップデートを推奨しております。

 

 

PHP 7.1の変更点

Nullable型の追加

パラーメータや返り値の型宣言で、「nullable」指定ができるようになりました。

nullableを指定することで、指定した型だけではなくNULLも渡せるようになります。

 

void関数

返り値としてvoidが利用できるようになりました。

 

なお、返り値の型をvoidにした場合は、関数内でreturn文を省略するか、空白のreturnを使う必要があります。

 

※void関数からnullを返すことはできません。

 

Symmetric array destructuring

配列の短縮構文 ([]) を使った、 代入用に配列の値を取り出せるようになりました (foreach でも使えます)。

 

 

クラス定数のアクセス範囲指定

クラス定数のアクセス範囲を指定できるようになりました。

 

 

 

iterable 擬似型

新しい擬似型 である iterableが新たに追加されました。

 

 

パラーメータおよび返り値の型指定が利用できるようになりました。

 

 

例外処理における複数の例外のcatch

ひとつのcatchブロックで複数の例外を扱えるようになりました。

 

 

パイプ文字(|)をつかって指定することができます。

 

異なるクラス階層に由来する異なる例外を同様の処理にしたい場合に有用です。

 

 

list()におけるキーのサポート

list()の内部でキーを指定できるようになりました。

 

 

これにより、キーが整数やシーケンシャル出ない場合でも、配列の値を取り出せるようになりました。

 

 

負の文字列オフセットのサポート

文字列操作関数のうちオフセット指定できるものすべてを対象に、負のオフセットを指定できるようになりました。

 

 

なお、負のオフセットは、文字列の末尾からのオフセットと解釈されるようです。

 

 

ext/opensslにおけるAEADのサポート

oplenssl_encrypt()およびopenssl_decrypt()における追加のパラメータで、AEAD(GCMモードおよびCCMモード)をサポートするようになりました。

 

 

Closure::fromCallable()によるcallablesからClosureへの変換

Closureクラスに新しい静的メソッドが追加されました。

 

callableを簡単にClosureオブジェクトに変換するために用いられます。

 

 

非同期シングルハンドリング

新しい関数pcntl_async_signals()が追加されました。

 

tickを使用しない非同期シグナルハンドリングを有効にすることができます。

 

 

ext/curlにおけるHTTP/2サーバープシュのサポート

CURL拡張モジュールがサーバープシュに対応するようになりました。

 

 

 

curl_multi_setopt() 関数に新しい定数 CURLMOPT_PUSHFUNCTION を指定すれば、この機能を利用することができます。

 

 

 

 

PHP 5.6は見放された?

今回のリリースノートにはPHP 5.6系列は含まれていない。

 

 

 

 

「PHP 5.6系列」は、米国時間2017年1月19日にリリースされた「PHP 5.6.30」によるバグ修正を最後にアップデートが行われていない。

 

 

 

それ以降は、2年間の脆弱性の修正等のバージョンアップは保証されておりますが、PHPデベロップメントチームはバグ修正などは行わないとしている。

 

 

 

「PHP 5.6系列」でバグ修正を希望する場合は、「PHP 7.o系列」あるいは「PHP 7.1系列」へアップデートすることを推奨されております。

出典元:PHP.net

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Now Loading...

Now Loading...