TOP

2020年1月18日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Yの3列目の広さは思ったよりも狭くないかもしれない

2020年1月18日にTeslaが今年デリバリーを開始する「Tesla Moel Y」の3列目の広さがわかる画像が公開されていることがわかり...

2020年1月18日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、CARB認定を取得!前倒して早ければ2月にデリバリー開始か

2020年1月18日にTeslaが、アメリカ・カリフォルニア州大気資源局ことCARBから「Tesla model Y パフォーマンスAWD」...

2020年1月9日 | ゲーム / テクノロジー

SONY、自動運転レベル2を実現した電気自動車(EV)「Vision-S」を発表

2019年1月9日にSONYが、CES 2020にて自社初となる電気自動車「Vision-S」を発表した事がわかりました。  ...

2020年1月8日 | ゲーム

SONY、PlayStasion(PS5)のロゴを正式発表!コントローラーなどもリーク

2020年1月8日にSONYが、CES 2020にて次世代ゲーム機「PlayStation 5」ことPS5のロゴを正式発表した事がわかりまし...

2020年1月7日 | テクノロジー

2020年モデルである iPhone 12も分けて販売!?ミリ波5Gモデルは12月に登場か

2020年1月7日にAppleが、2020年モデルである「iPhone 12」を9月と12月で分けて販売開始する可能性がある事が明らかとなり...

2020年1月6日 | テクノロジー

iPhone 12、ディスプレイとタッチパネルが一体化し薄型化を実現か

2020年1月6日にAppleが、2020年に販売すると予想されている「iPhone 12」にて、ディスプレイとタッチパネルを一体化させる計...

2017年4月13日

Apple、2017年モデルの全てのiPhoneへ3GBのメモリや急速充電を採用か

現地時間2017年4月13日にCowen and CompanyのアナリストであるTimothy Arcuri氏が、Appleから2017年に登場するiPhoneシリーズは、すべてのモデルで3GBのRAMと急速充電が採用される可能性が高いと報じていることが明らかとなりました。

 

 

 

 

2017年モデルのiPhoneシリーズのRAM

Cowen and CompanyのアナリストであるTimothy Arcuri氏は、Appleのサプライチェーンを調査した結果、2017年モデルの全てのiPhoneで3GBのRAMが採用される可能性が高いと報じている。

 

 

 

 

 

 

一部のリーク情報では、3モデルのうち3GMのメモリが搭載されるのは、プレミアムモデルである「iPhone8」のみだと報じられておりました。

 

 

 

 

しかし、今回のリーク情報で、全てのモデルで3GBものメモリが搭載されることになるようです。

 

 

 

 

気になるのは、同時に発表されるであろう「iOS 11」を快適に操作ができるスペックについては不明です。

 

 

 

 

ここ数年では、新しいiOSにアップデートすることによるモッサリ感が無くなってきておりますが、「iOS 11」が従来よりも多くのメモリ容量が必要である可能性も捨てきれない。

 

 

 

iPhoneの動作が重いとユーザーは必然的に新しい端末へ乗り換えるかアップデートを見送る必要性が生まれます。

 

 

 

現在は、「iOS 11」詳細な情報はありませんが、スペックアップの背景にはこうしたデメリットも生じる可能性があります。

 

 

2017年モデルのiPhoneのストレージ

今回のリーク情報では、2017年モデルのiPhoneのストレージについての情報もリークされております。

 

 

 

 

「Sシリーズ」である「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」については現行モデルと同じ、「32GB/128GB/256GB」の構成でラインアップされるようだ。

 

 

 

 

一方、プレミアムモデルである「iPhone 8」については、「64GB/256GB」でラインアップされると報じられており、「32GB」は登場しないようだ。

 

 

 

 

しかし、Appleは過去に後出しで「32GBモデル」をラインアップに追加した実績もあるため、「iPhone 8」の需要次第では「iPhone 8 32GBモデル」が登場するかもしれません

 

 

 

 

ですが、「iPhone 8 32GBモデル」が登場する場合は、過去のAppleの動きから半年からそれ以上の期間が必要になると予測されるため、早く手に入れたユーザーは、64GBか256GBを購入することをおすすめする。

 

 

 

バッテリーと急速充電

iPhone 8のバッテリー容量

プレミアムモデルである「iPhone 8」には、2つのバッテリーパックが搭載され、駆動時間が大幅にアップするようだ。

 

 

 

 

 

これにより「iPhone 7s」や「iPhone 7s Plus」の2倍の駆動時間が可能になると推測されます。

 

 

 

 

さらに「iPhone 8」には、消費電力性能が優れているOLEDディスプレイが採用されるなどのリーク情報が挙がってきており、どれほどのバッテリー駆動時間になるのか想像がつかない。

 

 

 

 

プレミアムモデルである「iPhone 8」には、他にも「ワイヤレス充電機能」や「Smart Conectorによる充電」など様々なリーク情報が挙がってきている。

 

 

 

Lightningケーブル for USB Type-C

2017年モデルのiPhoneシリーズ全てに待望の「急速充電機能」が採用されるようだ。

 

 

 

 

Appleは、全てのiPhoneへ「USB Type-C Power Delivery」を備えたLightningコネクタに対応することで急速充電を実現させるようだ。

 

 

 

 

2017年モデルとiPhoneとUSB Type-Cに関するリーク情報では、「USB Type-Cコネクタが本体へ採用される」パターンと「LightningケーブルがUSB Type-Cに対応する」2パターンが存在している、

 

 

 

 

最も信憑性が高いとされているのは、後者の「LightningケーブルがUSB Type-Cに対応する」パターンになり、今回のリーク情報と内容が一致している。

 

 

 

 

しかし、後者の「USB Type-Cコネクタが本体へ採用される」パターンについては、2016年AppleがLightning規格のイヤフォンを登場させただけに採用される可能性は低いと予測されている。

 

 

 

 

仮にプレミアムモデルである「iPhone 8」がUSB Type-Cコネクタを採用した場合、2016年に販売されたLightning規格のイヤフォンを購入した全てのユーザーを早々に切り離すことになる。

 

 

 

 

その為、2017年モデルのiPhoneシリーズは、Lightningケーブル for USB Type-Cの電圧やアンペアに対応するマイナーアップデートが行われると推測されます。

 

 

 

 

また、すでに販売されている新しいMacBookProもUSB Type-Cポートを採用していることから、現在は「LightningケーブルがUSB Type-Cに対応する」パターンが最も有力な情報である。

出典元:MacRumors

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)