TOP

2020年1月18日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Yの3列目の広さは思ったよりも狭くないかもしれない

2020年1月18日にTeslaが今年デリバリーを開始する「Tesla Moel Y」の3列目の広さがわかる画像が公開されていることがわかり...

2020年1月18日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、CARB認定を取得!前倒して早ければ2月にデリバリー開始か

2020年1月18日にTeslaが、アメリカ・カリフォルニア州大気資源局ことCARBから「Tesla model Y パフォーマンスAWD」...

2020年1月9日 | ゲーム / テクノロジー

SONY、自動運転レベル2を実現した電気自動車(EV)「Vision-S」を発表

2019年1月9日にSONYが、CES 2020にて自社初となる電気自動車「Vision-S」を発表した事がわかりました。  ...

2020年1月8日 | ゲーム

SONY、PlayStasion(PS5)のロゴを正式発表!コントローラーなどもリーク

2020年1月8日にSONYが、CES 2020にて次世代ゲーム機「PlayStation 5」ことPS5のロゴを正式発表した事がわかりまし...

2020年1月7日 | テクノロジー

2020年モデルである iPhone 12も分けて販売!?ミリ波5Gモデルは12月に登場か

2020年1月7日にAppleが、2020年モデルである「iPhone 12」を9月と12月で分けて販売開始する可能性がある事が明らかとなり...

2020年1月6日 | テクノロジー

iPhone 12、ディスプレイとタッチパネルが一体化し薄型化を実現か

2020年1月6日にAppleが、2020年に販売すると予想されている「iPhone 12」にて、ディスプレイとタッチパネルを一体化させる計...

2017年4月12日

Microsoft、Windows 10 Creators Updateを配信開始

2017年4月12日にMicrosoftは、Mindows 10の大型アップデートである「Windows 10 Creatoru Update」をWindows Update経由で配信開始されたことが明らかとなりました。

 

 

 

 

Windows 10 Creators Updateの配信日時

2017年4月4日にWindows10の大型アップデートである「Windows 10 Creators Update」へのアップデートが初めて可能になったのは、Windows Update経由ではなく、ツールやISOファイルをダウンロードすることで利用することが可能でした。

 

 

 

 

しかし、2017年3月29日以降は、ツールやISOの配信がストップされ、Microsoftから正式にWindows Update経由から配信されるまで待つ必要がありました。

 

 

 

 

 

その後、Windows10の大型アップデートである「Windows 10 Creators Update」が初めて正式に配信されたのは、2017年4月5日となります。

 

 

 

 

 

「Windows 10 Creators Update」が配信された当初は、テストに参加したOEMハードウェアパートナーが提供していた最新ディバイスが対象となっているようです。

 

 

 

 

 

そして本日(2017年4月12日)から、段階的にWindows Update経由で「Windows 10 Creators Update」が配信されていくようです。

 

 

 

Windows 10 Creators Updateの内容

Windows 10 Creators Updateは、主にグラフィック関連のアップグレードとなります。

 

 

 

 

 

グラフィッククリエーターに限らず、ゲーム実況に必要な要素も取り入れていることが特徴的です。

 

 

 

 

 

以下にアップデート内容をまとめてみました。

 

  • 3Dアプリ:3Dオブジェクトをペイントできるアプリケーション
  • コンパクトオーバーレイウィンドウ:アプリを小窓にできる機能
  • ゲーム配信:ゲーム画面をストリーミング配信できる機能(Beamを通じて)
  • ゲームモード:ゲームに特化したパフォーマンスを向上させる機能
  • 夜間モード:夜間にブルーライトをカットする機能
  • Microsoft Edge:タブのストック、プレビュー、EPUB形式の読み上げ機能
  • スタートメニュー:タイルをフォルダ管理、アプリの表示/非表示機能
  • Cortana:PCのシャットダウンやミュート、ボリューム管理などのコマンドを追加
  • Defender セキュリティセンター:パフォーマンスの向上と統合されたップション管理
  • ストレージセンサー:一時ファイルなどを自動で削除する機能の追加
  • 動的ロック:ペアリングされたディバイスが離れると自動でロックする機能
  • IME:予測変換候補の削除などを追加
  • WIndows Ink:消しゴム機能の強化、分度器の追加
  • Windows Update:アクティブ時間が最大18時間へ変更

 

 

これらから「Windows 10 Creators Update」はWindows 11とも言えるような大型アップデートであることがわかります。

 

 

 

 

「Windows 10 Creators Update」のより詳しい内容は、Microsoftがこちらで公開しております。

 

 

 

 

なお、NewsCoffeeでは、過去に「Windows 10 Creators Update」の機能について解説した記事がありますので、興味のある方は是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、Windows Update経由で配信されていない方は、Microsoftが段階的に行っているためもう少し待つ必要があります。

出典元:Microsoft | コミュニティ

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

Comments

  1. Microsoft、「Windows 10 Creators Update」の配信を一時中断 - 不具合が原因か | News Coffee より:

    […]  News Coffee Microsoft、Windows 10 Creators Updateを配信開始http://news-coffee.com/2… […]

    0

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)