TOP

2021年6月11日 | テクノロジー

日本でもAmazon Music HDがAmazon Music Unlimitedで追加料金無しで利用可能に

2021年6月10日にAmazonが、日本でもAmazon Music Unlimited加入者向けにAmazon Music HDを追加料...

2021年5月27日 | テクノロジー

M1チップに修正不可能な脆弱性が指摘される

2021年5月27日にAppleが新製品に採用している「M1」チップにて、Linux移植作業を実施している研究者から修正不可能な脆弱性がある...

2021年5月26日 | テクノロジー / 自動車

Tesla、モデル3とモデルYからミリ波レーダーを削除か

2021年5月26日にTeslaが、エントリーモデルである「Tesla Model 3」と「Tesla Model Y」からミリ波レーダーを...

2021年5月25日 | テクノロジー

新型iMac 24インチの分解レポートをiFixitが公開!ロジックボードはどうなっている?

2021年5月25日に解体レポートで有名なiFixitが、Appleから販売されたばかりの新型「iMac 24インチ」の分解レポートを公開し...

2021年5月20日 | テクノロジー

Apple Watch Series 7のデザインの予想が公開へ

2021年5月20日に「Apple Watch Series 7」のデザイン予想が公開されたことが明らかとなりました。   ...

2021年5月18日 | テクノロジー

Amazon Music、ハイレゾ対応を無料へ-Apple Musicに対抗か

2021年5月18日にAmazonが、「Amazon Music」のハイレゾオプションを無料化したことが明らかとなりました。 &nbs...

2017年4月11日

Google、Google PixelのOLEDパネル向けにLG Displayに対し約975億円を投資か

現地時間2017年4月10日にGoogleは、同社のハイエンドスマートフォンである「Google Pixel」向けに、韓国のLG Displayに対し最低でも1兆ウォン(約975億円)もの巨額の投資金を持ちかけていることが新たにわかりました。

 

 

 

投資の目的

今回の投資は、同社のGoogle Pixelシリーズ向けのOLEDパネルを安定して供給することが目的だそうだ。

 

 

 

有機ELをスマートフォンに搭載されることにより、黒の強さ省電力などの様々なメリットが挙げられる。

 

 

 

 

ほかにも有機ELディスプレイは、湾曲したディスプレイを作り出すことが可能であり2.5Dディスプレイをスマートフォンへ採用することができる。

 

 

 

 

これらのメリットからGoogleのライバルであるAppleが、2017年に発売されるであろうiPhone 8へ有機ELパネルを採用する噂も出ている。

 

 

 

 

またAppleは、Googleと同じく、LG DisplayからOLEDパネルを供給すると噂されており、ライバル同士が同じメーカーからOLEDパネルを発注することになる。

 

 

 

 

さらに最近のリーク情報では、AppleがすでにLG Displayに対してOLEDパネルの供給を依頼していると報じられております。

 

 

 

Googleと有機EL

Googleの過去のNexusシリーズで有機ELが採用された端末に「Nexus 6」が挙げられる。

 

 

 

Nexus6は、Googleから初めて発売されたファブレットであり、6インチもの大画面と有機ELディスプレイの採用から多くのユーザーから高評価を受けておりました。

 

 

 

しかし、その後Googleから販売されたスマートフォンには有機ELは採用されず、液晶パネルを搭載したNexus5XやNexus 6P、Google Pixel、Google Pixel XLが登場した。

 

 

 

今回のGoogleの投資により、2017年に発売される「Google Pixel 2」にOLEDパネルが採用される可能性は低いと推測されます。

 

 

 

Googleの投資の時期や、LG Displayの設備投資の期間を考慮すると、少なくとも2018年に販売される次期Google PixelにはOLEDディスプレイが採用される可能性があります。

 

 

 

有機ELパネルの問題

これはAppleにも共通される問題ですが、OLEDパネルは液晶パネルよりも価格が高いことから、次期Google Pixelの価格も値上がりすると予測される。

 

 

 

その場合、乗り出し価格でも10万円を超える恐れがあり、同社が以前に登場させたNexus5やNexus 5xなどの手が届きやすい価格から大きく変わることになる。

 

 

 

いずれにせよ、Google Pixel 2に関する情報も現在は少ないので、しばらく様子を見る必要がある。

出典元:Clnet Japan

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)