TOP

2020年11月24日 | テクノロジー

iPhone 12 mini、iOS 14.2.1にてロック画面が反応しない不具合を修正へ

2020年11月24日にAppleが、「iOS 14.2.1」を公開したことが明らかとなりました。   「iOS 14...

2020年11月17日 | テクノロジー

iPhone 12 mini、ロッグ画面でタッチパネルに不具合か-対象法など

2020年11月17日にAppleから販売されたばかりの「iPhone 12 mini」のロッグ画面にてタッチ操作が不安定になる不具合が報告...

2020年11月12日 | テクノロジー

Googleフォト、無料で使用できる容量無制限プランを2021年6月1日

2021年11月12日にGoogleが、5年間提供してきたGoogleフォトの無料の容量無制限のクラウドストレージプランが2021年6月1日...

2020年11月11日 | テクノロジー

Apple Silicon「M1」を搭載したMacbook AirとPro、Mac miniが正式発表へ

2020年11月11日にAppleが、スペシャルイベントにてARMプロセッサであるApple Silicon「M1」を搭載した「Macboo...

2020年11月10日 | テクノロジー

iOS用YouTubeアプリ、iPhone 12シリーズでHDRをサポートへ

2020年11月10日にGoogleが、iOS向け「YouTube」アプリにてiPhone 12シリーズを対象としたHDRをサポートしたこと...

2020年11月6日 | テクノロジー

Amazon Holiday 2020、11月5日より開催へ!クリスマスギフト2020やブラックフライデーなども

2020年11月6日にAmazonが、「Amazon Holiday 2020」を開催していることが明らかとなりました。  ...

2017年4月11日

Google、Duoにて音声通話機能を解禁

2017年4月11日にGoogleは、ビデオ通話アプリケーションである「Duo」の音声通話機能を公開したことを発表いたしました。

 

 

 

Duoとは?

Googleが提供している「Duo」は、ビデオチャットアプリケーションであり、Appleが提供している「FaceTime」やWhatsappのライバルである。

 

 

 

 

 

従来まで「Duo」では、ビデオ通話のみをサポートしておりましたが、Googleの発表により、音声通話機能が解禁されました。

 

 

 

今回の解禁は、日曜日の夜に全世界で一斉に利用可能なったと報じられております。

 

 

 

元々Googleは「Duo」を「ビデオチャットツール」として位置づけしておりました。

 

 

 

2016年5月に開催された「Google I/O」カンファレンスでは「Duo」をビデオ会話アプリであることを発表しておりましたが、今回のアップデートでFaceTimeと変わらない位置づけになりました。

 

 

 

音声通話機能を利用するメリットは、「バッテリー消費量の軽減」と「熱暴走」、「データ通信量が少ない」など様々なメリットがある。

 

 

 

 

さらに、日常生活では、殆どビデオ通話を利用しないユーザーにとっては、「Duo」はいらないアプリケーションであった。

 

 

 

Duoで音声通話を利用する方法

「Duo」で音声通話を利用する方法は、最上部にある「スイッチ」を「ビデオ」から「音声」に切り替えることで簡単に利用することができる。
 

 
動画では、他のビデオ電話・音声通話と変わらないインターフェイスになっていることがわかります。

 

 

 

特徴的なのはAndroid OSとの相性の良さで、違和感なく通話に応答することができるようだ。

 

 

 

 

これにより、直感的に音声通話を利用することが可能になったが、一つの問題が指摘されている

 

 

Duoの問題点

「Duo」の最大の問題点は、Googleが提供している「ハングアウト」や「Gmail」、」メッセージ」、「Inbox」など類似したサービスが多々あることだ。

 

 

 

さらにこれらのサービスは、現在もサービスを提供中である。

 

 

 

これらアプリケーションの目的は、コミュニケーションツールである点や、Googleがコミュニティを唄う新サービスのコンセプトは類似される傾向にある。

 

 

 

中でも「Duo」と「ハングアウト」は、インターネット回線で音声通話やビデオ会話ができるため、全く同じアプリケーションとなっている。

 

 

 

仮にどちらか一方がIP電話であれば、住み分けする必要はあるが、全く同じことができるアプリケーションが2つもあることは望ましくないだろう。

 

 

 

Googleのサービスの断片化は、定期的に統合されることで減らして入るが、「Duo」などの新サービスを提供し続けているため、断片化が止まることはない。

 

 

 

過去にGoogleは、「Google Talk」や「Spaces」というサービスを統合、サービスの終了を行っていることから、将来的に「Duo」と「ハングアウト」もどちらか一方に統合されると推測されます。

出典元:TC

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)