TOP

2021年5月18日 | テクノロジー

Amazon Music、ハイレゾ対応を無料へ-Apple Musicに対抗か

2021年5月18日にAmazonが、「Amazon Music」のハイレゾオプションを無料化したことが明らかとなりました。 &nbs...

2021年4月26日 | ゲーム

Microsoft、XboxでブラウザにEdgeを搭載か-マウスも利用可能に

2021年4月26日にMicrosoftはXboxにて、ブラウザとして同社の「Edge」を搭載予定であることが明らかとなりました。 &...

2021年4月22日 | テクノロジー

新型Macbook Proの詳細が判明!Touch Barの廃止やポートの詳細も

2021年4月22日にAppleからの販売が噂されている新型「Macbook Pro」の仕様が確認されたことが明らかとなりました。 &...

2021年4月21日 | テクノロジー

【まとめ】2021年4月のApple発表イベントのまとめ-iPad Pro、iPad、AirTags

2021年4月21日にAppleが、イベントにて新型「iPad Pro」や「iMac 24インチ」、「AirTags」を発表したことがわかり...

2021年4月19日 | テクノロジー

iPad 第9世代と思われるケースがリーク!背面に2つのカメラを搭載か

2021年4月19日にAppleからの販売が噂されている「iPad 第9世代」のものと思われるケースがリークされたことが明らかとなりました。...

2021年4月15日 | テクノロジー

iPhone 14シリーズからminiモデルが廃止されるかもしれない

2021年4月15日にAppleが、今後販売予定の「iPhone 14」シリーズより、早くもminiモデルを廃止する可能性が明らかとなりまし...

2017年3月31日

Twitter、リプライ(返信)の本文に返信先を含めない仕様へ変更

2017年3月31日にTwitterは、返信(リプライ)時に表示されていた「@ユーザー名」を文字数としてカウントしない仕様へ変更したことを発表致しました。

 

 

 

アップデート内容

Twotterは、2016年5月から「リプライ時に返信先名である「@ユーザー名」を文字数としてカウントしない仕様」を導入することを発表しておりました。

 

 

 

リプライ機能は複数人に送る場面もあり、本文に複数の送信先名があった場合、ユーザーは頭を悩ませておりました。

 

 

 

しかし、今回のアップデートにより本文外に送信先名が表示される仕様へと変更されたことから、140文字をフルに活用したメッセージを送信することが可能となった。

 

 

 

 

本日発表されたアップデートの前にTwitterは「テキストだけだったサービスへ戻る」と宣言しており、今回のアップデートでようやく実現された形となる。

 

 

 

 

発表では数ヶ月以内に実現すると宣言しておりましたが、実際には発表してから10ヶ月後にリリースされたことになります。

 

 

 

アップデートによるユーザーインターフェイスは、リプライ本文の上に「送信先:@ユーザー名さん」として表示されていることがわかる。

 

 

 

 

さらに、返信先名が本文に記述されていないことから、文字数が140文字のままカウントされていないことがわかります。

 

 

 

これによりユーザーは、140文字をフルに使用した返信をようやく利用することが可能となった。

 

 

 

Twitterによると、今回のアップデートは、デスクトップ版WEBブラウザやiOSアプリケーション、Andridアプリケーションにて利用することが可能だとしている。

 

 

操作方法

Twitterは、今回のアップデートで、幾つかの操作を簡略化していることを発表している。

 

 

発表している内容は、以下のとおりです。

 

 

 

  • あなたが返信している相手は、Tweetテキスト自体ではなく、Tweetテキストの上に表示されるため、より多くの文字を会話させることができます。
  • [返信先]をタップすると、会話の参加者を簡単に表示したり管理したりできます。
  • 会話を読むときは、ツイートの最初に@usernamesをたくさん見るのではなく、実際に人々が何を言っているのか見ることができます。

 

 

 

Twitterは、同社のアップデートに対し、ユーザーからのフィールドバックだけではなく、自社内で行っている研究や実験に基いて行っており、人々がTwitterでの会話を大切にしていることがわかったと報告しております。

 

 

 

同社は、blogにて今後もTwitterを利用した会話を改善し、Twitterをより使いやすくしていきたいとコメントしている。

出典元:blog-Twitter

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)