TOP

2022年3月23日 | テクノロジー

iPhone 14 Pro、ノッチがいよいよ最小サイズへ変更へ-設計図から判明か

2022年3月23日にAppleから2022年中に発表されることが予想されている「iPhone 14 Pro」にて、ディスプレイ上部のノッチ...

2022年2月17日 | テクノロジー

Amazon、ワイヤレスイヤホンEcho Buds(第2世代)を日本でも販売開始へ

2022年2月17日にAmazonが、同社のEchoブランドのワイヤレスイヤホンである「Echo Buds(第2世代)」を日本でも販売開始し...

2022年2月15日 | テクノロジー

インドにてM2チップ搭載のMac ProとMacboook Airをテスト中か

2022年2月15日にAppleが、インドにて「Mac mini」の上位モデルである新型「Mac Pro」と「Macbook Air」をテス...

2022年2月10日 | テクノロジー

Apple、発表イベントを3月8日に開催か-iPhone SE 3の初期在庫は少ないかもしれない

2022年2月10日にAppleが、製品発表イベントを3月8日に開催する可能性が明らかとなりました。   イベントで発...

2022年2月9日 | テクノロジー / 自動車

Tesla、アプリストアとして「Tesla Store」を準備中か

2022年2月9日にTeslaが、同社のアプリストアとして「Tesla Store(Tesla App Store)」を準備中である可能性が...

2022年2月8日 | テクノロジー

Apple、2022年に新型HomePodを発表か

2022年2月8日にAppleが、2022年中に新型HomePodを発表する可能性が明らかとなりました。   これは、...

2017年3月28日

Apple、2018年までにAR機器を発表か

米国時間2017年3月27日に米Financial Timesは、Appleが2018年までにAR(拡張現実)機器を発表することを報じていることが新たにわかりました。

 

 

 

 

AppleのAR

Appleは、VRよりもARに力を入れていることは、多くもメディアからも報じられている。

 

 

 

 

今回、同誌はAppleがARを活用した、まったく新しい製品を開発中である1年以内には、製品化し販売すると報じている。

 

 

 

 

さらにApple内で現在進行中の自動運転システムの開発を行っている「プロジェクト タイタン」やiPhone以外のプロジェクトよりも優先度が高く、最もホットなプロジェクトになっているようです。

 

 

 

 

 

また、Googleから支援を受けているARを得意としているMagic Leapという会社に、Appleの最高経営責任者(CEO)であるティム・クック氏がMagic Leapを訪れたことを報じております。

 

 

 

 

Magic Leapは、Google Glassに似た商品を開発しており、同商品は今年度中に販売されるようだ。

 

 

 

 

なお、Magic Leapは、2016年に同社のMR(Mixed Reality)という技術をYouTubeにて動画を公開している。

 

 

 

 
動画では、現実世界にデジタル情報が映し出されSFのような感覚で情報に触れることがわかります。
 

 

これは、スマートフォンアプリケーションにあった「セカイカメラ」の世界観に似ている印象を受ける。

 

 

 

iPhone 8とAR

Appleから2017年にプレミアムモデルとして登場するiPhone 8にもAR機能が搭載されると噂されている。

 

 

 

 

これは、Appleの最高経営責任者(CEO)であるティム・クックがARに強い関心があり、ARに関連の技術に取り組んでいることが大きな要因だ。

 

 

 

 

 

AppleがiPhoneとARをどのように関連付けるか、現在は不明ですが、次期iPhoneには必ず関わりがあると推測されております。

 

 

 

 

iPhone 8に搭載されるA11プロセッサは、演算能力を大幅に向上させていると噂されております。

 

 

 

 

 

 

これは、A11プロセッサがAR技術に耐えられるために必要な処理能力を保持できるように、設計されているため、演算処理を優先としたアップデートが施されるようだ。

 

 

 

 

Appleが、Google GlassのようなディバイスでARを広めていくのか、iPhoneで広めていくのか、いずれも現在は不明ですが、同社のAR事業に注目が集まっております。

出典元:Financial Times

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Now Loading...

Now Loading...