TOP

2020年7月8日 | テクノロジー

iOS/Android版Alexaアプリ、開いた状態でハンズフリー操作が可能に

2020年7月8日にAmazonの音声アシスタントである「Alexa」が、iOS/Androudアプリにてハンズフリー操作に対応したことが明...

2020年7月8日 | テクノロジー

AirPods 3(第3世代)はAirPods Proと同じ機能であるSiPを導入か-2021年に登場と噂

2020年7月8日にAppleが、AirPods 3こと第3世代にて「AirPods Pro」と同じ「システムインパッケージ」ことSiPを導...

2020年7月7日 | テクノロジー

Apple Silicon、デスクトップ版とモバイル版の2種類を準備中か

2020年7月7日にAppleが、ARMプロセッサである「Applie Silicon」をデスクトップ版とモバイル版の2種類を準備中である可...

2020年7月6日 | テクノロジー

Facebook、またもや個人情報が流出へ-長期ログインとソーシャルログインが要因

2020年7月6日にFacebookが、長期間利用しておらず、ソーシャルログインを使用していたユーザーを対象として開発者に個人情報が流出して...

2020年7月3日 | テクノロジー / 自動車

BMW、iOS 13.6の新機能Car Keyへ対応へ-BMW Connected

2020年7月3日にBMWが、先日Appleが発表した「iOS 13.6」の新機能「Car Key」に対応したことが明らかとなりました。 ...

2020年7月2日 | テクノロジー

iPhone 12 Pro/Pro Maxには120Hzには対応しない可能性が明らかに

2020年7月2日にAppleからの販売が噂されている「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」には最大120H...

2017年3月18日

Google、JPEGを35%縮小させる新エンコーダ「Guetzli」を発表へ

現地時間2017年3月18日にGoogleは、通常の圧縮処理に比べ、画質が劣化すること無く35%縮小させたJPEG画像が生成できる、新しい圧縮アルゴリズムを採用した新画像エンコーダー「Guetzli」を発表しました。

 

 

 

 

 

 

Googleがこれまでに開発した圧縮技術

Googleの画像圧縮技術は、2010年に発表したWebPフォーマットが有名ですが、WebPフォーマットは、ビデオコーデックのVP8を静止画として活用しており、JPEGファイルよりも最大35%も圧縮ができるというものでした。

 

 

 

 

 

 

このWebPは、最新の画像圧縮技術として公開に踏み切りましたが、結果的に利用者は殆ど現れませんでした。

 

 

 

 

 

 

WebPの弱点は、新しいファイル形式として登場してしまったため、ウェブブラウザなどのソフトウェアにも変更が必要になりました。

 

 

 

 

 

結局、Google Chrome系列以外のウェブブラウザが対応することがなかったため、一般的にWebPが利用されることはありませんでした。

 

 

 

Guetzliの登場

今回発表された「Guetzli」は、WebPの教訓からエンコード後もJPEG形式として出力されます

 

 

 

 

 

これは、あくまでも「Guetzli」はファイル形式ではなく、エンコーダーであるため、既存のファイル形式で出力することができます。

 

 

 

 

 

これによりWebPの弱点であったソフトウェア側への要件が無くなり、既存のウェブブラウザや画像処理ソフトで読み書きすることが可能となった。

 

 

 

 

 

 

JPEG形式の品質は、離散コサイン変換、色空間変換、量子化などの多段圧縮プロセスに関わっており、「Guetzli」は量子化の段階で、従来までとは比べ物にならないほど小さなファイルサイズをターゲットとしている。

 

 

 

 

 

以下の画像は24ピクセルの画像となっており、左から「非圧縮」「libjpeg」「Guetzli」となっております。

 

 

 

目の上の白色の箇所に注目してください。

 

 

 

「libjpeg」ファイルでは、ノイズ(四角いツブツブ)がかかっているのに対し、「Guetzli」は、「非圧縮」形式と同様に、殆どノイズが入っておりません

 

 

 

 

Googleは、従来までの心理視覚モデルと、新しい「Guetzli」独自の心理視覚モデルの差異を検索アルゴリズムを搭載しており、画質とファイル容量の最適化を行っているようだ。

 

 

 

 

 

「Gurtzli」のデメエリットは、「Guetzli」独自の検索アルゴリズムを使用しているため、従来より圧縮に時間がかかるようだ

 

 

 

 

 

これに対しGoogleは、テスターに「Guetzli」を使用させた所、エンコードに時間はかかったが、品質的には好印象であったことを発表している。

 

 

 

 

 

さらに「これだけの画質であれば、エンコードする際の圧縮時間を待つだけの価値がある」とコメントしている。

 

 

 

 

 

JPEG形式のエンコーダーは、現在普及しており、同じウェブブラウザ業界では、Mozillaが開発している「mozjpeg」などが挙げられる。

 

 

 

 

 

モバイル端末が普及している近年では、画像や動画などを圧縮することが重要視されているので、ウェブブラウザ業界を中心に注目を集めております。

 

 

 

 

なお、「Guetzli」はGitHubでソースコードが無償で公開されています。

出典元:engadget

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)