TOP

2020年11月26日 | テクノロジー

Amazon、日本でもiPhoneの整備品の取り扱いを開始へ

2020年11月26日にAmazonが、日本でもAppleのiPhoneの整備品の取り扱いを開始したことが明らかとなりました。 &nb...

2020年11月24日 | テクノロジー

iPhone 12 mini、iOS 14.2.1にてロック画面が反応しない不具合を修正へ

2020年11月24日にAppleが、「iOS 14.2.1」を公開したことが明らかとなりました。   「iOS 14...

2020年11月17日 | テクノロジー

iPhone 12 mini、ロッグ画面でタッチパネルに不具合か-対象法など

2020年11月17日にAppleから販売されたばかりの「iPhone 12 mini」のロッグ画面にてタッチ操作が不安定になる不具合が報告...

2020年11月12日 | テクノロジー

Googleフォト、無料で使用できる容量無制限プランを2021年6月1日

2021年11月12日にGoogleが、5年間提供してきたGoogleフォトの無料の容量無制限のクラウドストレージプランが2021年6月1日...

2020年11月11日 | テクノロジー

Apple Silicon「M1」を搭載したMacbook AirとPro、Mac miniが正式発表へ

2020年11月11日にAppleが、スペシャルイベントにてARMプロセッサであるApple Silicon「M1」を搭載した「Macboo...

2020年11月10日 | テクノロジー

iOS用YouTubeアプリ、iPhone 12シリーズでHDRをサポートへ

2020年11月10日にGoogleが、iOS向け「YouTube」アプリにてiPhone 12シリーズを対象としたHDRをサポートしたこと...

2017年3月18日

Apple Storeアプリのシステム要件が「iOS 10」以降に

2017年3月18日にAppleの公式アプリケーションである「Apple Store」の最新バージョンにて、システム要件が「iOS 10」以降へ変更されていることが新たにわかりました。

 

 

 

 

 

Apple Storeアプリ

「Apple Store」の最新バージョンは、米国時間2017年3月9日公開されております。

 

 

 

 

 

Appleのリリースノートによると「さまざまな改善とパフォーマンスの強化」のみ記載されており、システム要求が「iOS 10」以降へ変更されてことについては、一切触れられていないようです。。

 

 

 

 

 

 

なお「Apple Store」アプリは、Pages、Keynote、Numbers、GarageBand、AirPortユーティリティ、その他のAppleのiOSアプリと同様に、「iOS 10」のプリインストールアプリではないため、ユーザーは「App Store」から直接ダウンロードする必要があります。

 

 

 

 

 

「iOS 9」以降のバージョンで、すでにインストールされている「Apple Store」アプリを起動すると、エラーメッセージが表示されたあとに、端末のアップデートを促す画面に遷移されるようです。

 

エラーメッセージには、「Apple StoreアプリはでiOS 10.0以降である必要があります」と表示され、アップデート画面へ遷移されます。

 

 

 

 

 

これにより、端末のアップデートを行いたくないユーザーは、必然的にWEBブラウザから「App Store」を利用するしかなくなりました。

 

 

 

 

 

また、システムのバージョンが古い状態で、「iPhone」、「iPad」、「iPod Touch」のいずれかで「App Store」から「Apple Store」アプリをダウンロードすると、システム要件である「iOS 10.0以降」を満たしていないため、アプリケーションをインストールできないという内容のメッセージが表示されます。

 

 

 

 

 

エラーメッセージには、「このアプリケーションをダウンロードして使用するには、iOS 10.0にアップデートする必要があります」と記載されており、ユーザーはOKボタンを押すしかありません。

 

 

 

 

App Storeとbit

なお、「iOS 10.3」では、32bitのアプリケーションが将来的に動作保証をしないことを警告しており、レガシーアプリケーションが開かれた場合に、警告メッセージが表示される仕様になっている。

 

 

 

 

 

次期iOSのバージョン「iOS 11」では、完全に64bitのアプリケーションのみをサポートする可能性があり、32bitアプリケーションが完全に排除されるまで、時間の問題だと思われる。

 

 

 

 

 

さらに、Appleは、2015年2月に「App Store」で提供する新しいアプリケーションは64bitであることを要求しました。

 

 

 

 

 

 

また、2016年6月以降は、「App Store」にあるすべての既存アプリのアップデートには64bitへのサポートが含まれている。

 

 

 

 

 

Sensor Tower社によると、10月だけで47,300のレガシーアプリがApp Storeすでに削除されているようだ。

 

 

 

 

 

 

同社は、iOS 10において、アプリケーション側がiOS 10用にサポートされていない限り、今年の後半にはさらに18万7,000件ものアプリケーションが削除されると予想している。

 

 

 
Appleは、2017年6月に開催予定の「Worldwide Developers Conference 」で 、「iOS 11」や「macOS」、「watchOS」、「tvOS」のアップデートを公開する予定です。

 

 

 

 

 

この発表で、既存の32bitアプリケーションがどのような対応を要求されるのか、注目を集めております。

出典元:iDownloadBlog

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)