TOP

2020年7月8日 | テクノロジー

iOS/Android版Alexaアプリ、開いた状態でハンズフリー操作が可能に

2020年7月8日にAmazonの音声アシスタントである「Alexa」が、iOS/Androudアプリにてハンズフリー操作に対応したことが明...

2020年7月8日 | テクノロジー

AirPods 3(第3世代)はAirPods Proと同じ機能であるSiPを導入か-2021年に登場と噂

2020年7月8日にAppleが、AirPods 3こと第3世代にて「AirPods Pro」と同じ「システムインパッケージ」ことSiPを導...

2020年7月7日 | テクノロジー

Apple Silicon、デスクトップ版とモバイル版の2種類を準備中か

2020年7月7日にAppleが、ARMプロセッサである「Applie Silicon」をデスクトップ版とモバイル版の2種類を準備中である可...

2020年7月6日 | テクノロジー

Facebook、またもや個人情報が流出へ-長期ログインとソーシャルログインが要因

2020年7月6日にFacebookが、長期間利用しておらず、ソーシャルログインを使用していたユーザーを対象として開発者に個人情報が流出して...

2020年7月3日 | テクノロジー / 自動車

BMW、iOS 13.6の新機能Car Keyへ対応へ-BMW Connected

2020年7月3日にBMWが、先日Appleが発表した「iOS 13.6」の新機能「Car Key」に対応したことが明らかとなりました。 ...

2020年7月2日 | テクノロジー

iPhone 12 Pro/Pro Maxには120Hzには対応しない可能性が明らかに

2020年7月2日にAppleからの販売が噂されている「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」には最大120H...

2017年3月18日

Apple Storeアプリのシステム要件が「iOS 10」以降に

2017年3月18日にAppleの公式アプリケーションである「Apple Store」の最新バージョンにて、システム要件が「iOS 10」以降へ変更されていることが新たにわかりました。

 

 

 

 

 

Apple Storeアプリ

「Apple Store」の最新バージョンは、米国時間2017年3月9日公開されております。

 

 

 

 

 

Appleのリリースノートによると「さまざまな改善とパフォーマンスの強化」のみ記載されており、システム要求が「iOS 10」以降へ変更されてことについては、一切触れられていないようです。。

 

 

 

 

 

 

なお「Apple Store」アプリは、Pages、Keynote、Numbers、GarageBand、AirPortユーティリティ、その他のAppleのiOSアプリと同様に、「iOS 10」のプリインストールアプリではないため、ユーザーは「App Store」から直接ダウンロードする必要があります。

 

 

 

 

 

「iOS 9」以降のバージョンで、すでにインストールされている「Apple Store」アプリを起動すると、エラーメッセージが表示されたあとに、端末のアップデートを促す画面に遷移されるようです。

 

エラーメッセージには、「Apple StoreアプリはでiOS 10.0以降である必要があります」と表示され、アップデート画面へ遷移されます。

 

 

 

 

 

これにより、端末のアップデートを行いたくないユーザーは、必然的にWEBブラウザから「App Store」を利用するしかなくなりました。

 

 

 

 

 

また、システムのバージョンが古い状態で、「iPhone」、「iPad」、「iPod Touch」のいずれかで「App Store」から「Apple Store」アプリをダウンロードすると、システム要件である「iOS 10.0以降」を満たしていないため、アプリケーションをインストールできないという内容のメッセージが表示されます。

 

 

 

 

 

エラーメッセージには、「このアプリケーションをダウンロードして使用するには、iOS 10.0にアップデートする必要があります」と記載されており、ユーザーはOKボタンを押すしかありません。

 

 

 

 

App Storeとbit

なお、「iOS 10.3」では、32bitのアプリケーションが将来的に動作保証をしないことを警告しており、レガシーアプリケーションが開かれた場合に、警告メッセージが表示される仕様になっている。

 

 

 

 

 

次期iOSのバージョン「iOS 11」では、完全に64bitのアプリケーションのみをサポートする可能性があり、32bitアプリケーションが完全に排除されるまで、時間の問題だと思われる。

 

 

 

 

 

さらに、Appleは、2015年2月に「App Store」で提供する新しいアプリケーションは64bitであることを要求しました。

 

 

 

 

 

 

また、2016年6月以降は、「App Store」にあるすべての既存アプリのアップデートには64bitへのサポートが含まれている。

 

 

 

 

 

Sensor Tower社によると、10月だけで47,300のレガシーアプリがApp Storeすでに削除されているようだ。

 

 

 

 

 

 

同社は、iOS 10において、アプリケーション側がiOS 10用にサポートされていない限り、今年の後半にはさらに18万7,000件ものアプリケーションが削除されると予想している。

 

 

 
Appleは、2017年6月に開催予定の「Worldwide Developers Conference 」で 、「iOS 11」や「macOS」、「watchOS」、「tvOS」のアップデートを公開する予定です。

 

 

 

 

 

この発表で、既存の32bitアプリケーションがどのような対応を要求されるのか、注目を集めております。

出典元:iDownloadBlog

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)