TOP

2020年3月26日 | テクノロジー

Apple、iPadOS 13.4を公開!トラックパッドに対応へ

2020年3月26日にAppleが、「iPadOS 13.4」をリリースしたことが明らかとなりました。   「iPad...

2020年3月19日 | テクノロジー

PlayStasion 5(PS5/プレステ5)のスペックが公開!8コアCPUとSSDを搭載へ

2020年3月19日にSONYが、「PlayStation 5」ことPS5/プレステ5のスペックを公開したことが明らかとなりました。 ...

2020年3月18日 | テクノロジー

Apple、Macbook Air 2020を正式発表!シザー式キーボードを搭載へ!

2020年3月18日にAppleが、WEBサイトにて「Macbook Air 2020」を正式発表したことが明らかとなりました。 &n...

2020年3月18日 | テクノロジー

iPad Pro 2020が正式発表!キーボードにトラックパッドが採用される

2020年3月18日にAppleが、公式WEBサイトにて「iPad Pro 2020」を正式発表したことが明らかとなりました。 &nb...

2020年3月11日 | テクノロジー

Google、Android TVを搭載した新しいChromecastを2020年中に販売か

2020年3月11日にGoogleが、「Android TV」OSを搭載した新型「Chromecast」を2020年中に販売開始する可能性が...

2020年3月9日 | テクノロジー

iPad Air第3世代で画面が真っ黒になる不具合が報告-無償修理プログラムが開始へ

2020年3月9日にAppleから一部の「iPad Air(第3世代)」にて画面が暗くなる不具合が報告されていることが明らかとなりました。 ...

2017年3月18日

Apple Storeアプリのシステム要件が「iOS 10」以降に

2017年3月18日にAppleの公式アプリケーションである「Apple Store」の最新バージョンにて、システム要件が「iOS 10」以降へ変更されていることが新たにわかりました。

 

 

 

 

 

Apple Storeアプリ

「Apple Store」の最新バージョンは、米国時間2017年3月9日公開されております。

 

 

 

 

 

Appleのリリースノートによると「さまざまな改善とパフォーマンスの強化」のみ記載されており、システム要求が「iOS 10」以降へ変更されてことについては、一切触れられていないようです。。

 

 

 

 

 

 

なお「Apple Store」アプリは、Pages、Keynote、Numbers、GarageBand、AirPortユーティリティ、その他のAppleのiOSアプリと同様に、「iOS 10」のプリインストールアプリではないため、ユーザーは「App Store」から直接ダウンロードする必要があります。

 

 

 

 

 

「iOS 9」以降のバージョンで、すでにインストールされている「Apple Store」アプリを起動すると、エラーメッセージが表示されたあとに、端末のアップデートを促す画面に遷移されるようです。

 

エラーメッセージには、「Apple StoreアプリはでiOS 10.0以降である必要があります」と表示され、アップデート画面へ遷移されます。

 

 

 

 

 

これにより、端末のアップデートを行いたくないユーザーは、必然的にWEBブラウザから「App Store」を利用するしかなくなりました。

 

 

 

 

 

また、システムのバージョンが古い状態で、「iPhone」、「iPad」、「iPod Touch」のいずれかで「App Store」から「Apple Store」アプリをダウンロードすると、システム要件である「iOS 10.0以降」を満たしていないため、アプリケーションをインストールできないという内容のメッセージが表示されます。

 

 

 

 

 

エラーメッセージには、「このアプリケーションをダウンロードして使用するには、iOS 10.0にアップデートする必要があります」と記載されており、ユーザーはOKボタンを押すしかありません。

 

 

 

 

App Storeとbit

なお、「iOS 10.3」では、32bitのアプリケーションが将来的に動作保証をしないことを警告しており、レガシーアプリケーションが開かれた場合に、警告メッセージが表示される仕様になっている。

 

 

 

 

 

次期iOSのバージョン「iOS 11」では、完全に64bitのアプリケーションのみをサポートする可能性があり、32bitアプリケーションが完全に排除されるまで、時間の問題だと思われる。

 

 

 

 

 

さらに、Appleは、2015年2月に「App Store」で提供する新しいアプリケーションは64bitであることを要求しました。

 

 

 

 

 

 

また、2016年6月以降は、「App Store」にあるすべての既存アプリのアップデートには64bitへのサポートが含まれている。

 

 

 

 

 

Sensor Tower社によると、10月だけで47,300のレガシーアプリがApp Storeすでに削除されているようだ。

 

 

 

 

 

 

同社は、iOS 10において、アプリケーション側がiOS 10用にサポートされていない限り、今年の後半にはさらに18万7,000件ものアプリケーションが削除されると予想している。

 

 

 
Appleは、2017年6月に開催予定の「Worldwide Developers Conference 」で 、「iOS 11」や「macOS」、「watchOS」、「tvOS」のアップデートを公開する予定です。

 

 

 

 

 

この発表で、既存の32bitアプリケーションがどのような対応を要求されるのか、注目を集めております。

出典元:iDownloadBlog

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)