TOP

2020年5月5日 | テクノロジー

Apple、Macbook Pro 13インチ 2020年モデルを正式発表!マジックキーボード搭載で価格も値下げへ

2020年5月4日にAppleが、同社の公式サイトにて「Macbook Pro 13インチモデル」を正式発表したことが明らかとなりました。 ...

2020年4月21日 | テクノロジー

Apple、iPhone SE Plusを2021年3月に発表か

2020年4月21日にAppleが、「iPhone SE」の大型版である「iPhone SE Plus」を来年の3月に販売する可能性が明らか...

2020年4月16日 | テクノロジー

Apple、iPhone SE 第2世代を正式発表-iPhone 8によく似ている

2019年4月16日にAppleが、噂されていた「iPhone SE(第2世代)」を正式発表したことが明らかとなりました。  ...

2020年4月8日 | ゲーム

PlayStation 5(PS5)のワイヤレスコントローラーDualSenseが初公開

2020年4月8日にSONYが、今年の末に販売を予定している「PlayStation 5(PS5)」のワイヤレスコントローラー「DualSe...

2020年3月26日 | テクノロジー

Apple、iPadOS 13.4を公開!トラックパッドに対応へ

2020年3月26日にAppleが、「iPadOS 13.4」をリリースしたことが明らかとなりました。   「iPad...

2020年3月19日 | テクノロジー

PlayStasion 5(PS5/プレステ5)のスペックが公開!8コアCPUとSSDを搭載へ

2020年3月19日にSONYが、「PlayStation 5」ことPS5/プレステ5のスペックを公開したことが明らかとなりました。 ...

2017年3月9日

PS Pro 4、バージョン4.50にてブーストモードを追加 -外付けHDDからゲームを起動など新機能多数

2017年3月9日にSONYは、PlayStation Pro 4(PS Pro 4)にて最新システムソフトウェア バージョン「v4.50」のアップデートを配信開始を発表しました。

 

 

 

 

バージョン4.50では、様々な新機能が追加されておりPS4の上位モデルである「PS Pro 4」の高スペックを活かしたアップデートとなっております。

 

 

 

 

中でも外付けハードディスクからゲームを起動できる「ブーストモード」や「外付けハードディスクの拡張ストレージ化」、「PS VRがBlu-ray 3Dへ対応」などが注目されております。

 

 

 

その他のアップデート内容では、スクリーンショットの壁紙化アクティビティーの強化、システムUIの改善など多数の改良が施されております。

 

 

 

YouTubeのPlay Station Japan公式チャンネルでは、システムソフトウェア バージョン4.50(SASUKE)で更新される機能の一部を紹介する動画を公開しております。

外付けハードディスクの拡張ストレージ化

外付けハードディスクの拡張ストレージ化により、ゲームやアプリケーションを外付けハードディスクへ直接保存、起動ができるようになりました

 

 

 

対応している外付けハードディスクは、「USB 3.0による接続」や「容量が250GB以上かつ8TB以下」が条件となっております。

 

 

 

また、同時期マウントできるのは1台のみとなっておりますが、複数台をフォーマットして入れ替えることは可能だそうです。

 

 

 

その為、差し替えて利用できる台数は、実質的に制限はありません。

 

 

 

本体ストレージと拡張ストレージの物理的な違いは、PS4のシステム上での区別はないため、別のハードディスクにあるアプリケーションをホーム画面上の「フォルダ」機能でまとめることも可能です。

 

 

 

 

さらに、接続されていないハードディスクに保存していたゲームやアプリも、ホーム画面上にはアイコンとして表示されておりますが、右下に警告マークつくだけで、扱い的にはディスク版をインストールして抜いた場合と同様だそうです。

 

 

 

 

ブーストモード

ブーストモードは、PS Pro 4のみの機能となっており、高スペックを活かしGPUが約2.3倍の処理性能になり、CPUやメモリも最適化されることによりPS 4 Pro向けにアップデートされていない過去のゲームのパフォーマンスを最大限に引き出せる機能となっております。

 

 

 

 

 

可変フレームレートを採用しているソフトウェアタイトルには、ブーストモードによりフレームレートを向上させることができ、30Hzもしくは60Hzで動作するようプログラミングされているソフトウェアタイトルに対してフレームレートの安定化させることができる。

 

 

 

 

 

なお、PS4 Pro発売以降のゲームは原則すべてPS4 Pro Enhancedとして販売されておりますが、それ以前に販売されたソフトウェアは、PS Pro 4向けのパッチがあとから配信されるようになってきました。

 

 

 

 

 

しかし、一部ソフトウェアでは未だにPS4 Pro Enhancedに対応しておりません。

 

 

 

 

そこでブーストモードを使用することで非EnhancedタイトルでもGPUパワーを最大限に引き出し、フレームレートの向上や安定につなげることができるようです。

 

 

 

PS VRがBlu-ray 3Dへ対応

タイトルからお分かりになるかと思いますが、VRヘッドセットを使ってBlue-rayの3Dコンテンツを利用できるようになりました。

 

 

 
また、PS VRがシネマティックモードの画質も改善され、仮想画面サイズが小または中の場合、リフレッシュレートが向上されたようです。

 

 

 

 

 

その他のアップデート

今回のアップデートは他にも様々な内容の新機能がありますので、以下にまとめます。

 

 

 

 

  • クイックメニューの操作性を改善
  • お知らせのリニューアル
  • アクティビティーに直接テキストまたはスクリーンショットを投稿可能に
  • アクティビティーがGIF投稿に対応
  • アクティビティーでゲームのタグ付けが可能に
  • スクリーンショットの保存先にFacebookとTwitterが追加
  • パーティー作成後に公開、非公開が選択可能に
  • Windows、Mac、Androidからリモートプレイ中に端末のマイクが使用可能に

 

 

 

システムソフトウェア バージョン「v4.50」は、2017年3月9日から随時配信されておりますので、早めにアップデートすることをオススメします。

出典元:engadget

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)