TOP

2019年12月10日 | テクノロジー

iPhone 12、ロジックボードが小型化しバッテリー容量をさらに増加か

2019年12月10日にAppleからの販売が噂されている「iPhone 12」のロジックボードがさらに小型化する可能性が浮上してきました。...

2019年12月9日 | テクノロジー

Surface Book(サーフェスブック)のバッテリーが膨張する不具合が多数報告される

2019年12月9日にMicrosoftから販売されているノートPC「Surface Book(サーフェスブック)」にて、バッテリーが膨張し...

2019年12月3日 | テクノロジー

iPhone SE 2、2019年12月より部品の生産を開始か-来年の2月には登場するかも

2019年12月3日にAppleが、「iPhone SE」の後継機である「iPhone SE 2」の部品の生産を2019年12月より開始予定...

2019年11月28日 | テクノロジー

Google、新Wi-Fiルーター「Nest Wifi」を11月29日より日本でも販売開始へ

2019年11月28日にGoogleが、NestブランドのWi-Fiルータである「Nest Wi-Fi」の国内販売を2019年11月29日よ...

2019年11月24日 | テクノロジー / 自動車

Tesla、電動ピックアップトラック「CyberTruck(サーバーラック)」を正式発表

2019年11月24日にTeslaが、ピックアップトラックのEVモデルとして「CyberTruck」を正式発表したことが明らかとなりました。...

2019年11月19日 | テクノロジー

SIMフリーiPhone、ヨドバシカメラとビックカメラで購入可能に-11月22日から

2019年11月19日にSIMフリーiPhoneが、ヨドバシカメラとビックカメラにて販売開始されることが明らかとなりました。 &nbs...

2017年3月7日

Google、Androidの脆弱性を107件修正へ

2017年3月6日にGoogleは、Androidの月例セキュリティ情報を公開した。

 

 

アップデートは、Google Pixel /Pixel C/Pixel XLとNexusシリーズを含む「Googleディバイス」を対象としており、セキュリティアップデートを含むファクトリーイメージがOTAにて配信されます。

 

 

 

なお、販売から18ヶ月以内のAndroid OneやGoogle Play Editionには、2週間以内にセキュリティアップデートが配信される予定です。

 

 

 

 

セキュリティアップデートの内容

今回のセキュリティアップデートの内容は、最も危険性の高い「Critical」を11件含んだ系36件の脆弱性を修復した「2017-03-01」と、「Critical」を24件含んだ71件の脆弱性を修正した「2017-03-05」の2つに分かれている。

 

 

 

2017-03-01

「2017-03-01」で修復された「Critical」とされている脆弱性「CVE-2016-21-2182」は、OpenSSLとBoringSSLに関する内容となっており、「CVE-2017-0466〜0474」の9件についてはMediaServerに関するもので、いずれも予め細工されていたファイルを使ってデータ処理中にメモリ破損を引き起こしリモートからコードを実行できる可能性があるとされております。

 

 

 

 

リモートでコードが実行できることから「Critical」に分類されましたが、他にもローカル環境で任意にコードが実行される可能性がある脆弱性「CVE-2017-0475」も「Critical」に分類されております。

 

 

 

 

「2017-03-01」で最新のAndroid 7/7.1.1を対象とした脆弱性は「Critical」11件を含む36件と、Android 6.0/6.0.1が脆弱性「CVE-2017-0474」を除いた「Critical」10件を含む31件となっている。

 

 

 

 

なお、Android 5.0.2/5.1.1が13件とAndroid 4.4.4が8件、「Critical」である「CVE-2016-2182」と「CVE-2017-0475」も含まれております。

 

 

 

2017-03-05

「2017-03-05」で「Critical」とされている脆弱性は24件とされており、MediaTekコンポーネントにおける脆弱性「CVE-2017-0500~0506」の7件と、Broadcom Wi-Fiドライバーの脆弱性「CVE-2017-0509」、Qualcommコンポーネントの脆弱性「CVE-2016-8484~8488」の5件の計13件が報告されている。

 

 

なお、利用可能なすべてのアップデートをインストールしたAndroid 7.0以降の端末では影響を受けないため、パッチ単独での配信はないようです。

 

 

 

 

 

NVIDIA GPUドライバーの脆弱性「CVE-2017-0306」と、カーネルFIQデバッガー脆弱性「CVE-2017-0510」はNexus 9のみが対象となっているようだ。

 

 

 

 

NVIDIA GPUドライバーの脆弱性「CVE-2017-0337」「CVE-2017-0338」「CVE-2017-0333」「CVE-2017-0335」の4件はPixel Cのみが対象となる。

 

 

 

 

カーネルIONサブシステムの脆弱性「CVE-2017-0507」はAndroid One、Nexus 5X/6/6P/9、Nexus Player、Pixel/Pixel C/Pixel XLが、「CVE-2017-0508」はPixel Cのみが対象となります。

 

 

 

 

Qualcomm GPUドライバーの脆弱性「CVE-2016-8479」はAndroid One、Nexus 5X/6/6P、Pixel/Pixel XLが対象となる。

 

 

 

 

カーネルネットワーキングサブシステムの脆弱性「CVE-2016-9806」は、Pixel/Pixel C/Pixel XLが、「CVE-2016-10200」はNexus 5X/6P、Pixel/Pixel XLが対象となるようです。

 

 

 

出典元:INTERNET Watch

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)