TOP

2021年2月17日 | テクノロジー / 自動車

Tesla、日本でもモデル3の値下げを実施!最大で156万円も!

2021年2月17日にテスラジャパンが、日本でも「Tesla Model 3」の大幅な値下げを実施したことが明らかとなりました。 &n...

2021年2月15日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Pro 8を2021年10月に発表か-デザイン変更も

2021年2月15日にMicrosoftが、タブレットPCである「Surface Pro 8」を早ければ2021年10月頃に発表する可能性が...

2021年1月14日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、3列目シートの画像を公開!注文も再開へ

2021年1月14日にTeslaがミドルクラスSUVである「Tesla Model Y」の3列目オプションをアメリカ市場にて再開したことが明...

2020年12月23日 | テクノロジー / 自動車

Teslaのイーロン・マスク氏、過去にAppleから買収の会議を断られていたことを明かす

2020年12月23日にTeslaのCEOであるイーロン・マスク氏が、過去にAppleのCEOであるティム・クック氏に対してAppleがTe...

2020年12月14日 | テクノロジー

iPhone 13にはディスプレイ埋込み型Touch IDの試作機が2台存在する

2020年12月14日にApple内部にてディスプレイ埋込み型Touch IDを搭載している試作機が、少なくとも2台存在している可能性が明ら...

2020年12月11日 | テクノロジー

iPad 第9世代、A13 Bionicチップを搭載し2021年春に登場か

2020年12月11日にAppleが、「iPad 第9世代」を早ければ2021年春頃に登場する可能性が明らかとなりました。  ...

2017年3月2日

Facebook、ライブ動画配信に自殺防止ツールを搭載

米国時間2017年3月1日にFacebookは、人工知能(AI)を活用した自殺防止ツールをライブ配信機能に統合し、自殺防止対策を強化したことを発表致しました。

 

 

 

 

 

同社は、これまでも自殺防止ツールを積極的に採用しており、「全米自殺防止ライン」と協定して自殺防止に取り組んでいる。

 

 

 

 

専門家によるSNSと自殺について

IUの健康博士Alexander Niculescu博士は、この最新の機能が人命を救うのに役立つとコメントしております。

 

 

 

 

さらに同氏は、「ソーシャルメディアが社会の一部であり、それに適応する必要がある、勇敢な新しい世界にいると思う」と語っており、大手SNS企業はこれらの取り組みを行わなければならないとしている。

 

 

 

 

 

Niculescu博士は現在、IU Health Neuroscience CenterとVAで働いているIU School of Medicineの精神医学教授として働いており、ソーシャルメディアは日々の生活の一部になっているため、多くの人々が利用しているプラットフォームでの自殺など、日々の課題に取り組むことが重要だとしている。

 

 

 

 

 

「医師として、私は少なくとも人々を助けようとし、彼らに情報を与えるために介入する能力を持っていたいと思っています。 そして、うまくいけば、この介入はディレクトリを変えるだろう 」とコメントしております。

 

 

 

 

インディアナ青少年研究所は、過去3年間に10代の自殺が増えたと報告しています。

 

 

 

 

 

Niculescu博士は、ソーシャルメディアが自殺率が高いインディアナ州の十代の自殺の活発化に役割を果たすと考えています。

 

 

 

 

 

現在、Niculescu博士は、ソーシャルメディアが成長する問題に潜在的な解決策を提供し始めているようだと述べています。

 

 

Facebookとしての自殺防止キャンペーン

Facebookの自殺防止キャンペーンは、長期的に継続しており、自殺をほのめかすコンテンツを報告するシステムや、自殺願望を抱いてしまたユーザーへ専門家や仲の良い友人へ相談を促す工夫を2015年から取り入れている。

 

 

 

 

 

この取組を2016年6月ごろから、全世界を対象として、自殺防止ツールを使用した自殺防止対策を行っている。

 

 

 

 

 

 

同社の新たな取り組みとして、自殺願望をほのめかしている可能性が高いライブ配信を視聴したユーザーが、ライブ配信者とコンタクトを取れるような場を設けたり、Facebookへ報告するシステムを提供するようです。

 

 

 

 

 

なおFacebookは、自殺願望を抱いたライブ配信者対して、報告したユーザーを行った場合、自殺防止を食い止められるよう一連の情報を提供する取り組みも用意しているようです。

 

 

 

 

 

ライブ配信者の画面には、「友だちと話す」、「ヘルプラインへ連絡する」、「アドバイスを見る」などといった他人へ相談できるようにポップアップを表示するようだ。

 

 

 

 

 

またFacebookは、緊急時メールホットラインである「米Crisis Text Line」や「全米摂食障害協会(NEDA)」、 「全米自殺防止ライフライン」といったカウンセリングを受けられるサービスとリアリタイムで直接やりとりできる機能を「Messenger」に追加する予定となっており、今後数カ月のテストを行った後にサービスインされる。

 

 

 

 

さらに、自殺防止に携わっている専門家からのフィードバックを強化した報告プロセスを米国でテストするようだ。

 

 

 

 

人工知能(AI)を活用した自殺願望のパターン認識技術を使い、自殺願望の可能性が高い投稿を検出すること目標として活動を続けていくようだ。

 

 

出典元:newsroom

 

 

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)