TOP

2020年8月6日 | テクノロジー

Google、リアルタイム翻訳が可能なワイヤレスイヤホンGoogle Pixel Budsを日本でも販売開始へ

2020年8月6日にGoogleが、リアルタイム翻訳が可能なワイヤレスイヤホン「Google Pixel Buds」を日本国内でも販売開始す...

2020年8月5日 | テクノロジー

Microsoft、米国内でTikTokを買収か-トランプ大統領が先人を切る

2020年8月5日にアメリカのドナルド・トランプ大統領が9月15日までに米国企業により買収されなければ、米国内でサービスを停止するとコメント...

2020年8月4日 | テクノロジー

Google、Google Pixel 4aを正式発表!4万2,900円で8月20日より日本でも販売開始へ

2020年8月4日にGoogleが、「Google Pixel 4a」を正式発表し、日本国内でも販売することがわかりました。 &nbs...

2020年8月3日 | テクノロジー

iPad Pro 11インチ 2021年モデルは登場しないかもしれない

2020年8月3日にAppleから、次期「iPad Pro 11インチ」である2021年モデルが登場しない可能性が明らかとなりました。 ...

2020年7月31日 | テクノロジー

Google、Google Pixel 4aを8月3日に発表することを正式発表!問題形式で発表へ

2020年7月31日にGoogleが、同社の新型スマートフォン「Google Pixel 4a」を2020年8月3日に販売会することを正式発...

2020年7月30日 | テクノロジー

第8世代iPod Touch、Touch IDまたはFace IDをいよいよ搭載か!iOS 14から見つかる

2020年7月30日にAppleからの販売が噂されている第8世代「iPod Touch」にてTouch IDが搭載される可能性が明らかとなり...

2017年2月22日

Google、有料カスタム検索サービス「Google Site Search」を終了へ

米国時間2017年2月21日に米FortuneによるとGoogleは、2008年からサービス提供してきた企業向け有料カスタム検索サービス「Google Site Search(GSS)」を終了することを明らかにしました。

 

 

 

 

 

なおGoogleは、「Google Site Search」の、新規受付を「2017年3月30日」で終了するようだ。

 

 

 

 

 

Google Site Searchとは

「Google Site Search」とは、同社の企業向け有料検索サービスであり、無料のカスタム検索エンジン(CSE)とはことなり、広告やGoogleのロゴが表示されないことが特徴だ。

 

 

 

 

 

「Google Site Search」を導入するメリットとして「優れた検索性能」や「初期開発費が不要」、「技術的なシステム管理が不要」、「小規模サイトや共有レンタルサーバでも導入可能」など、簡単に高性能な検索性能を引き出すことができました。

 

 

 

 

 

さらに通常のgoogle検索インデックスではなく、専用のインデックスを作成でき、検索結果をXMLなどで受け取ることが可能でした。

 

 

 

 

 

XML APIのより、受け取ったXMLを加工することで検索結果を容易にカスタマイズすることが可能となっておりました。

 

 

 

 

 

サポート面でも充実しておりGoogleへメールにてサポート受けられることから多くの企業で導入されていたようです。

 

 

 

 

 

さらに、Google検索技術が、小規模なサーバでも運用でき、比較的短時間で導入が可能である点から、導入していた企業は、今回の発表で大きなダメージを受けると推測されます。

 

 

 

 

なお、有料版の Google Site Search は一年間の検索回数が 20,000 回までの場合は $100/年で提供されておりました。

 

 

 

 

Google Site Searchの終了

Googleは、Fortuneを含んだこちらのサービス利用者に対して、すでに契約しているユーザーに対しては、期間中は契約を続行し、新規ユーザーについては、2017年3月30日を持って終了することをメールで発表した。

 

 

 

 

 

GoogleはFortuneに対し、「来年にかけて、Google Site Searchを段階的に縮小していくが、契約期間中はサポートを続ける」と説明したそうだ。

 

 

 

 

なお、検索クエリの割当が切れたユーザーアカウントは、自動的にCSEに移行される。

 

 

 

 

GSSとCSEの違いについてはこちらの「ヘルプページ」にて確認することが可能だ。

 

 

 

 

Googleからは、今後GSSに代わるサービスが提供されるなどといった情報はなく、利用していた企業は、代わりのソフトを検証または開発する必要があります。

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)