TOP

2022年3月23日 | テクノロジー

iPhone 14 Pro、ノッチがいよいよ最小サイズへ変更へ-設計図から判明か

2022年3月23日にAppleから2022年中に発表されることが予想されている「iPhone 14 Pro」にて、ディスプレイ上部のノッチ...

2022年2月17日 | テクノロジー

Amazon、ワイヤレスイヤホンEcho Buds(第2世代)を日本でも販売開始へ

2022年2月17日にAmazonが、同社のEchoブランドのワイヤレスイヤホンである「Echo Buds(第2世代)」を日本でも販売開始し...

2022年2月15日 | テクノロジー

インドにてM2チップ搭載のMac ProとMacboook Airをテスト中か

2022年2月15日にAppleが、インドにて「Mac mini」の上位モデルである新型「Mac Pro」と「Macbook Air」をテス...

2022年2月10日 | テクノロジー

Apple、発表イベントを3月8日に開催か-iPhone SE 3の初期在庫は少ないかもしれない

2022年2月10日にAppleが、製品発表イベントを3月8日に開催する可能性が明らかとなりました。   イベントで発...

2022年2月9日 | テクノロジー / 自動車

Tesla、アプリストアとして「Tesla Store」を準備中か

2022年2月9日にTeslaが、同社のアプリストアとして「Tesla Store(Tesla App Store)」を準備中である可能性が...

2022年2月8日 | テクノロジー

Apple、2022年に新型HomePodを発表か

2022年2月8日にAppleが、2022年中に新型HomePodを発表する可能性が明らかとなりました。   これは、...

2017年2月19日

Apple、WWDC2017でApple TVをどうする?

Appleが毎年開催している「WWDC(Worldwide Developers Conference)」の2017年度の開催日時が「2017年6月5日〜2017年6月9日」に開催れることが発表されました。

 

 

 

 

今回のWWDCは、サンフランシスコでの開催ではなく、サンノゼでの開催となります。

 

 

 

 

WWDC2017でのApple TV

WWDCは、開発者向けのカンファレンスとなっており、ハードウェア製品よりもソフトウェア関連を中心に発表されていきます。

 

 

 

 

 

今回注目されているのは、「Apple TV」に搭載されている「tvOS」のアップデートなっており、tvOSバージョン11と第5世代の「Apple TV」を発表するのではないかと噂されております。

 

 

 

 

 

第5世代の「Apple TV」には、待望の4K対応や、Apple独自でドラマを配信するなど、独自コンテンツが「Apple TV」で独占配信されるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

なお、Appleは10年前からテレビ向けSTB(セットトップボックス)を販売しておりますが、好調になったことは無いようです。

 

 

 

 

 

多くのユーザーは「Apple TV」をWWDCの閲覧用やYouTubeでの動画視聴とHulu、Netfllixなどでドラマや映画を見るために利用しております。

 

 

 

 

 

しかし、同じく動画見放題サービスである「Amazonプライムビデオ」は、「Apple TV」で見ることはできませんし、YouTubeを見るだけであれば値段が抑えられている「Chromecast」で十分です。

 

 

 

 

 

テレビやモニター端末を接続して、ネットコンテンツを大画面で見る、「デジタルメディアストリーマー」市場自体があまり好調ではないため、Apple TVは後発の「Chromecast」や「Amazon Fire TV」に少しずつシェアを奪われているようです。

 

 

 

 

 

 

 

さらに、「デジタルメディアストリーマー」市場に関しては、近年の新型テレビのOSレベルでコンテンツを楽しめるため、わざわざ端末を買う必要がなくなってきております。

 

 

 

 

「Apple TV」が不調の原因の一つに、Appleの文化でもある「ハードウェアの利益率確保の方針を譲れない」ところがあり、この文化が良くも悪くも今のAppleを支えており、Apple TVの売り上げが不調である原因でもあります。

 

 

 

 

対するAamazonは、ハードウェアはコンテンツを買ってもらうための道具としているので、Fire TVは大赤字の安売りをしておりますが、Appleの方針や文化では、同じような戦略を行わないと思われます。

 

 

 

 

iPhoneを例にしても、Googleが提供しているAndroidは殆ど利益を出しておらず、2016年の粗利益率は約40%となっておりましたが、Appleが提供しているiPhoneはブランド価値が高いので高額な値段を提示してもユーザは購入します。

 

 

 

 

しかし、「Apple TV」については、コンテンツや認知度共に低く、高性能だが高額であるため余計売れ行きが悪い状態です。

 

 

 

 

 

iPhoneは、ブランドとして認知されておりますが、「Apple TV」を同じように売り込むのは難しいでしょう。

 

 

 

 

 

しかし、Appleは1月にAmazonのFire TV部門ディレクターである「ティモシー・ツウェイダル氏」をApple TV担当副社長に迎え入れております。ツウェイダル氏はLinkedInによると、NetflixとRokuでも幹部を歴任しており、デジタルメディアストリーマー」業界のベテランです。

 

 

 

 

FacebookもApple TV向けのアプリを公開していたり、大画面でYouTube部の視聴が当たり前になった今、Appleが10年続けたApple TVをどのように提供していくかWWDCでの同社の発表に注目が高まっております。

 

 

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Now Loading...

Now Loading...