TOP

2019年8月25日 | テクノロジー

PlayStation 5(PS5)の本体デザインが判明!?V時の堀があるかもしれない

2019年8月25日にSONYが現在開発中と噂されている「PlayStation 5(PS5)」の本体デザインと思われる画像がリークされてい...

2019年8月24日 | テクノロジー

Android Qの正式名称は「Android 10」へ!お菓子の名前は付かず

2019年8月24日にGoogleが、「Android Q」の正式名称が「Android 10」であることを正式発表したことが明らかとなりま...

2019年8月22日 | テクノロジー

2019年モデルiPhoneからいよいよUSB-C充電アダプタが同梱されるかもしれない

2019年8月22日にAppleが、2019年モデルiPhoneにて「USB-C」に対応した充電アダプタを標準で同梱する可能性が浮上してきま...

2019年8月20日 | テクノロジー

Apple Arcadeで有料ゲームが月額530円でプレイし放題になるかもしれない

2019年8月20日にAppleの「Apple Arcade」にて、有料ゲームが月額530年ほどでプレイし放題となる可能性が浮上してきました...

2019年8月19日 | 自動車

Tesla Model3注文者に突然ウォールコネクターが届き始める

2019年8月19日にTeslaが、日本で「Tesla model 3」を注文したユーザーに対して突然ウォールコネクターを発送していることが...

2019年8月18日 | テクノロジー

Apple Watch、チタンモデルとセラミックモデルが追加か

2019年8月18日にAppleが、次期Apple Watchにてチタン製モデルとセラミック製モデルを追加する可能性が浮上してきました。 ...

2017年2月10日

Microsoft、Visual Studio 2017を3月7日に正式リリース

2017年2月10日に米国Microsoftは、同社の統合開発環境「Visual Studio 2017」を米国時間の3月7日に正式リリースすることとを発表しました。

 

 

 

今回のアップデートでは、同ソフトによる「モバイル開発」や「クラウドアプリケーション開発」まで網羅した大型アップデートとなっております。

 

 

 

さらに同社は、Macintosh環境で動作が可能な「Visual Studio for Mac」の開発も進めており、統合開発環境としてより大きなものを目指しているようです。

 

 

 

なお、提供開始日に「同社によるライブ講演」が予定されているようです。

 

 

 

Visual Studio 2017の特徴

「Visual Studio 2017」では、コストパフォーマンスと生産性の向上、さらに言語機能とモバイル開発機能の強化などが施されております。

 

 

 

 

さらにコーディング時のナビゲーションや「IntelliSense」、リファクタリング、デバッグといった機能も考慮されたアップデートとなっている。

 

 

 

同社のクラウドサービスである「Micorosoft Azure」向けのアプリケーションを開発するためのツールも組み込まれている。

 

 

 

 

今回のアップデートで「Xamarin」が統合されており、「.NET」ベースの「Androidアプリ」や「iOSアプリ」、「Windowsアプリ」の開発が可能になりました。

 

 

 

 

また、従来までVisual Studioのインストールに時間を多く費やしておりましたが、インストールする際のエクスペリエンスを刷新し、セットアップ時間を大幅に短縮することができました。

 

 

 

また、同社は3月7日のリリースには「Visual C++」に対する修正を多数よういすると発表している。

 

 

 

 

「Visual Studio 2017」のRC(リリース候補版)が現在もダウンロード可能となっております。

 

 

 

 

 

 

Visual Studio がリリースして20周年

 

Microsoftが「Visual Stusio」のファーストバージョンをリリースしたのが「1997年2月」となっており、今月で20周年となります。

 

 

 

「Visual Studio」はMicrosoftにとって、思い入れのあるソフトウェアとなっております。

 

 

 

ちなみに日本語対応の「Visual Studio」のファーストバージョンがリリースされたのは、1997年5月30日となっているようです。

 

 

 

 

「Visual Studio 2017」を検証しているデベロッパーは、まずは、RC版をダンロードして使用してみてはいかがでしょうか。

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)