TOP

2020年2月28日 | テクノロジー

Apple、iPad Pro 2020モデルにてトラックパッドを採用したSmart Keyboardを販売か

2020年2月28日にAppleが、「iPad Pro 2020」向けの「Smart Keyboard」にてトラックパッドを内蔵する計画が明...

2020年2月26日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、予定どおり2020年3月より納車開始!トランクルームの画像もリーク

2020年2月26日にTeslaのコンパクトSUVである「Tesla Model Y(テスラモデルY)」の納車が予定どおり2020年3月より...

2020年2月21日 | テクノロジー

Apple、GaNを採用した小型USB-C充電アダプタを2020年中にリリースか

2020年2月21日にAppleから窒化ガリウムであるGaNを採用することで小型化したUSB-C充電アダプタを早ければ2020年中に販売する...

2020年2月20日 | テクノロジー

Android 11のプレビュー版を開発者へ公開!5G関連を大きく強化

2020年2月20日にGoogleが、次期Android OSである「Android 11」のプレビュー版をデベロッパー向けに公開したことが...

2020年2月19日 | テクノロジー

iPhone SE 2(iPhone 9)、早ければ4月に販売開始か-新型iPad Proも

2019年2月19日にAppleから「iPhone SE 2(iPhone 9)」が早ければ2020年3月より販売開始される可能性が明らかと...

2020年2月14日 | テクノロジー

Appleの公式サイトからノッチの無いiPhoneが確認される

2020年1月14日にAppleの公式サイトにてノッチの無いiPhoneの画像が発見されていることが明らかとなりました。  ...

2017年2月10日

Google、ChromeでWebVR APIを正式サポート

2017年2月10日にGoogleは、「Google Chrome」にWebVR APIの正式サポートを行うことを発表した。

 

 

同社は、2016年12月に、「Google Chrome」のベータ版でWebVR  APIに対応したが、今回から一般に提供される。

 

 

 

Google ChromeのWeb VR

スマートフォンでVRを使う場合、専用のヘッドセットにスマートフォンを装着することで簡単に利用することができる。

 

 

 

多くのVRコンテンツは、アプリを使ったサービスとなっており、体験してみたいVRは、随時ダウンロードを行う必要があった。

 

 

 

 

今回、公開されたWebVR APIにより、「Google Chrome」単体でVR体験が可能となる。

 

 

 

 

Google Chrome モバイル版

これまでの「Google Chrome」はモバイルブラウザーでWebVRに対応しておりませんでした。

 

 

 

 

これは、端末の位置や方向、コントローラーなどに関するデータが取得できなかったことが原因でした。

 

 

 

 

しかし、今回サポートされたWeb APIを使うことで必要なデータが揃い、「Google Chrome」でVR体験が可能となりました。

 

 

 

 

ユーザーはWebVR APIに対応したWebページへ遷移し、そのままVR体験させ、あとはVR対応のコントローラーやマウス、キーボードなどで楽しむことができる。

 

 

 

Web APIを提供した狙い

WebVR APIは、企業やコンテンツ制作者がVRアプリ制作の経験がなくても、VR体験の世界を探求できるようになっている。

 

 

 

 

Web VRをサポートしたWebページは360度ビデオを掲載し、ユーザーに見せるのではなく体感してもらうことが可能になる。

 

 

 

 

さらに、同社が2016年に発表した「Daydream」というヘッドセットを使用することで、VR体験をフルで体感してもらい、「Daydream」の販売台数を増すことが目的だ。

 

 

 

 

しかし、「Daydream」は、同社の「Google Pixcel」のみサポートしており、他の端末でVRをフル体験するまでは、もう少し時間がかかりそうだ。

 

 

 

 

Googleは、以前発売したダンボール製の「Cardboard」プラットフォームをはじめとした、あらゆるヘッドセットにも対応していきたいとコメントしている。

 

 

 

「Daydream」のサポートは同社の「Google Pixcel」に限定したサービスが多く、iPhoneなどの端末は除外されている。

 

 

 

 

いずれ、Googleが「Daydream」にかぎらずCardboardなどに対応すれば、iOSでも使えるようになる日はそう遠い話ではないと思われます。

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)