TOP

2020年3月26日 | テクノロジー

Apple、iPadOS 13.4を公開!トラックパッドに対応へ

2020年3月26日にAppleが、「iPadOS 13.4」をリリースしたことが明らかとなりました。   「iPad...

2020年3月19日 | テクノロジー

PlayStasion 5(PS5/プレステ5)のスペックが公開!8コアCPUとSSDを搭載へ

2020年3月19日にSONYが、「PlayStation 5」ことPS5/プレステ5のスペックを公開したことが明らかとなりました。 ...

2020年3月18日 | テクノロジー

Apple、Macbook Air 2020を正式発表!シザー式キーボードを搭載へ!

2020年3月18日にAppleが、WEBサイトにて「Macbook Air 2020」を正式発表したことが明らかとなりました。 &n...

2020年3月18日 | テクノロジー

iPad Pro 2020が正式発表!キーボードにトラックパッドが採用される

2020年3月18日にAppleが、公式WEBサイトにて「iPad Pro 2020」を正式発表したことが明らかとなりました。 &nb...

2020年3月11日 | テクノロジー

Google、Android TVを搭載した新しいChromecastを2020年中に販売か

2020年3月11日にGoogleが、「Android TV」OSを搭載した新型「Chromecast」を2020年中に販売開始する可能性が...

2020年3月9日 | テクノロジー

iPad Air第3世代で画面が真っ黒になる不具合が報告-無償修理プログラムが開始へ

2020年3月9日にAppleから一部の「iPad Air(第3世代)」にて画面が暗くなる不具合が報告されていることが明らかとなりました。 ...

2017年2月8日

FacaBook、F8デベロッパー・カンファレンスのオンライン受付を開始-現地時間4月18-19日開催

米国時間2017年2月8日にFacebookは、デベロッパー・カンファレンスイベントである「F8」のオンライン受付を開始した。

 

 

 

 

今年の「F8」は、2017年4月18日〜2017年4月19日(日本時間 2017年4月19日〜2017年4月20日)の間で開催される。

 

 

 

「F8」の参加は抽選となり、2月21日以前に応募しなければ参加することができない。

 

 

 

なお、当選した場合は、参加チケットを595ドル(約6万7,000円)で購入できる。

 

 

 

 

Facebookは、今年度から「F8」のフォーマットを少しリニューアルしたことを発表している。

 

 

 

2017年のF8は、好例の「サンフランシスコ」ではなく、「サンノゼ」で開催されるようだ。

 

 

 

関係者らの話によると、「F8」に多くのデベロッパーが集まるため、サンフランシスコには「F8」を開催できるような大きな会場がないことが原因らしいです。

 

 

 

F8の内容

これまでも「F8」のキーノートでは、全く新しいプログラムや機能が発表されてきました。

 

 

 

さらにこれらの発表に加えてFacebookは50以上のデベロッパー・セッションプログラムを発表している。

 

 

 

そして参加できたデベロッパーは、Facebookの現役エンジニアと直接会話をすることが可能だ。

 

 

 

イベントの中で興味のある話題や問題を直接フィードバックを受けることができ、細かいAPI、プロダクトに関する質問も「F8」では気軽に質問できるようだ。

 

 

 

「F8]へ参加申し込みをしたが、残念ながら当選されなかった場合は、Facebookがライブのビデオストリーミング配信がされるようなのでそちらから参加することが可能だ。

 

 

 

2016年のF8は?

2016年のF8では以下の機能が発表されました。

 

 

  1. Live API : ライブビデオのAPIが提供されました。
  2. Bots for Messenger : Messengerにbot機能が追加されました。
  3. Facebook Surround : 360度撮影するための3Dカメラの開発が発表されました。
  4. Profile Expression Kit : サードパーティのアプリによるプロフィール動画を作成できるツールです。
  5. Free Basics Simulator / Demographic Insights : 特定のサイトやサービスへのインターネット接続を無料化しました。
  6. Account Kit : ログインする際に電話番号かメールアドレスを入力するだけでエントリーできるツールです。
  7. Facebook Analytics for Apps : Facebook Analytics for Appsの通知機能などのアップデートを行いました。
  8. Quote Sharing : 文章などを共有できるシェアツールが公開されました。
  9. Save Button : 記事や商品の「あとで見る」ボタンが追加されました。
  10. Connectivity Lab : 未だにネットワークが利用できない地域に、ネットワークを提供するプロジェクトです。
  11. AI : AI開発を進めることを発表しました。
  12. Social VR : VR事業を行うことを発表しました。
  13. Open Source : iOやAndroidをターゲットプラケットにした開発を可能にするSDKを公開しました。

 

参加方法

F8の会場は「サンノゼ中心部」にある「MCENERY CONVENTION CENTER」で行われます。

 

申込方法は、FacebookのWEBサイトである「Facebook Developer ConferenceのREGISTER TO ATTEND」を押下することで応募フォームが表示されます。

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)