TOP

2020年2月28日 | テクノロジー

Apple、iPad Pro 2020モデルにてトラックパッドを採用したSmart Keyboardを販売か

2020年2月28日にAppleが、「iPad Pro 2020」向けの「Smart Keyboard」にてトラックパッドを内蔵する計画が明...

2020年2月26日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、予定どおり2020年3月より納車開始!トランクルームの画像もリーク

2020年2月26日にTeslaのコンパクトSUVである「Tesla Model Y(テスラモデルY)」の納車が予定どおり2020年3月より...

2020年2月21日 | テクノロジー

Apple、GaNを採用した小型USB-C充電アダプタを2020年中にリリースか

2020年2月21日にAppleから窒化ガリウムであるGaNを採用することで小型化したUSB-C充電アダプタを早ければ2020年中に販売する...

2020年2月20日 | テクノロジー

Android 11のプレビュー版を開発者へ公開!5G関連を大きく強化

2020年2月20日にGoogleが、次期Android OSである「Android 11」のプレビュー版をデベロッパー向けに公開したことが...

2020年2月19日 | テクノロジー

iPhone SE 2(iPhone 9)、早ければ4月に販売開始か-新型iPad Proも

2019年2月19日にAppleから「iPhone SE 2(iPhone 9)」が早ければ2020年3月より販売開始される可能性が明らかと...

2020年2月14日 | テクノロジー

Appleの公式サイトからノッチの無いiPhoneが確認される

2020年1月14日にAppleの公式サイトにてノッチの無いiPhoneの画像が発見されていることが明らかとなりました。  ...

2017年1月29日

2020年末までに、日本のIT人材は30万人以上の人手不足に

ガートナーは2017年1月24日、日本のIT人材に関する調査を発表した。

 

対象となるIT人材を「ITサービス・プロバイダーの技術者」と「ユーザー企業の情報システム担当者 (IT組織または事業部門に所属)」と定義しております。

 

2017~2020年末までに、日本のIT人材は30万人以上の人手不足

ガートナーが日本国内で2016年12月から実施した調査では、「IT人材が不足している」と回答した企業は全体の83.0%に及んだ。

さらに全体の20.4%が現状の1.5倍の人数が必要であると解答しております。

 

またガートナーは、ITリーダーは人員の確保に取組むと同時に、「能力 (ケイパビリティとキャパシティ) の確保」を行わなければないらないと見解している。

 

2017~2020年までに、日本のIT部門の10%が、IT組織の「一員」としてロボットやスマート・マシンを採用

深刻な人材不足の解決のために、ロボットやスマート・マシンをIT組織の「一員」として採用する企業は増加すると予測される。

 

ロボットやスマート・マシンが採用される分野としては、特にコグニティブ技術を活用できる分野やプログラム可能なプロセスなどが有望です。

 

  • コグニティブ技術とは?

コグニティブを直訳すると「認知、認識の(できる)」という意味になります。

 

人工知能に該当され、経験を通じてシステムが学習し、相関関係を見つけては仮説を立て、記憶し、成果からまた学習していくこと

 

しかし、多くの組織はコストを重視しており、パイロット的なロボットやスマート・マシンの採用をするには、少なくとも3年を要すると考えられる。

 

ロボットやスマート・マシンの採用は、IT業界においては、既存システムとの連携やソリューションの調整など、新しいスキルの増加が期待できる。

 

2017~2020年までに、オフショアリングを実施する日本のIT部門の50%が、コスト削減ではなく人材確保を目的とする

日本でのIT人材調達が難しくなり、オフショアリングよる人材調達に取り組み始める企業も珍しくない。

 

特に認知度が低い企業は、グローバルにIT拠点を保有し、人材獲得を目的としたオフショアリングの活用が目立つようになってきた。

 

一方、コスト削減を主目的としたオフショアリングは、現地におけるコストの急増、日本と比較した場合の品質と生産性の低さや改善スピードの遅さ、IT部門側の管理負担の大きさといった原因により、伸び悩んでいると推察されます。

 

2017~2020年までに、非IT部門が単独で進めるITプロジェクト (開発・運用・保守) の80%以上が、結局はIT部門の支援・助力を求めざるを得なくなる

よく見かける光景になりましたが、

マーケティング/営業・商品企画・製造などの非IT部門が、IT部門を関与させずに社外のITベンダーとプロジェクトを進めることがあります。

 

IT部門を介さずにデジタル・ビジネスを推進している企業は3割を超えている。

 

非IT部門が単独でITプロジェクトを進めるが、結局は社外のITベンダーと手を組み、コストがかかってしまう事が多い。

 

 

 

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)