TOP

2018年2月17日 | テクノロジー

FacebookがiOS版へリリースした新機能「Protect」はスパイウェアなのか

2018年2月16日にFacebookがiOS版アプリケーションへリリースした新機能「Protect(プロテクト)」がスパイウェアではないか...

2018年2月16日 | テクノロジー

Facebook、15インチのディスプレイを搭載したスマートスピーカーを7月に発表か

2018年2月15日にFacebookが、同社初となるスマートスピーカーを2018年7月に発表する可能性が浮上してきました。 &nbs...

2018年2月16日 | テクノロジー

価格.com、格安SIMの満足度ランキングを発表 – 1位はLine Mobile

2018年2月15日に価格.comが、2018年の格安SIM業者の満足度ランキングを発表したことが明らかとなりました。   ...

2018年2月16日 | テクノロジー

HomePod、滑り止めのシリコンがフローリングにあとを残すことが判明

2018年2月15日にAppleから販売されている「HomePod」のそこに貼られている滑り止めのシリコン素材が、床に跡を残してしまうことを...

2018年2月15日 | テクノロジー

2018年モデルのiPhoneはノッチが小さくなる!? iPad Proはface IDを採用

2018年2月15日にAppleから販売予定の2018年モデルのiPhoneに搭載されれるノッチが、「iPhone X」よりも小さくなること...

2018年2月15日 | テクノロジー

Apple、iOSのバグ件数の増加を理由にアップデート周期の見直しを検討

2018年2月15日にAppleが、iOSやmacOSのバグ報告件数の増加に伴い、これまでのアップデート周期を見直しすることが明らかとなりま...

2018年2月15日 | テクノロジー

Microsoft、折りたたみ式ディバイス「Andromeda(アンドロメダ)」を開発中か – Surface Phone

2018年2月15日にMicrosoftが折りたたみ式ディバイス「Andromeda(アンドロメダ)」を開発中であることが「Windows ...

2018年2月14日 | テクノロジー

Google、ページ表示速度に特化したAMP for Emailを発表 – Gmailにも対応予定

20年2月14日にGoogleがモバイル向けにWEBページを高速に表示できる「AMP」に対応したEmailサービス「AMP for Emal...

2018年2月14日 | テクノロジー

未発表のGalaxy S9のベンチマークがリーク

2018年2月14日にSamsungから未発表であるはずの「Galaxy S9」と思われるベンチマークがリークされていることが明らかとなりま...

2018年2月14日 | テクノロジー

Google Home MaxはHomePodよりも音質が良いことが判明

2018年2月14日にGoogleのスマートスピーカーである「Google Home Max」が、Appleの「HomePod」よりも音質が...

2017年10月21日

Apple、11月分のiPhone Xの初回販売台数として200~300万台を確保か

2017年10月21日にAppleから販売予定の「iPhone X」が、11月分の初回販売台数として200~300万台が販売される可能性が明らかとなりました。

 

 

iPhone Xの初回販売台数は200~300万台か

2017年10月21日にAppleが、11月3日までに「iPhone X」の初回販売台数として200~300万を確保していることが明らかとなりました。

 

 

 

プレミアムモデルである「iPhone X」は、例年までのiPhoneの出荷台数よりも大幅に少なくなることが予想されております。

 

 

その為、販売当日である2017年11月3日金曜日に「iPhone X」を入手できる可能性は極めて低いことが懸念されております。

 

 

また、「iPhone X」の出荷台数の減少の要因として、顔認証システムである「Face ID」に必要な3Dセンサーの製造が難航していることが指摘されておりましたが、新たな説が生まれたようです。

 

 

生産台数減少の要因はフレキシブルプリント基板が原因!?

これまで、「iPhone X」の出荷台数の減少の大きな要因として、「TrueDepthカメラ」に使用されるドットプロジェクタが原因であると言われておりました。

 

 

 

 

しかし、2017年10月21日に入ってきた情報によると、どうやらドットプロジェクタではなく、「iPhone X」のフレキシブルプリント基板の製造が問題であることが新たに指摘されております。

 

 

「ドットプロジェクタ」については、製造工程が難しいとされておりますが、フレキシブルプリント基板については、不要製品の割合が極めて高いことが問題となっているようです。

 

 

Appleとしても、「iPhone 8/8Plus」の基盤と異なり、「iPhone X」に搭載するフレキシブルプリント基板は、原料から製造方法、デザインまで初めての試みであるため、うまく進んでいないようです。

 

 

その為、本の村田製作所と中国のCareer Technologyしかフレキシブルプリント基板の製造を担当することが出来ないようだ。

 

 

やっぱり、ドットプロジェクタも問題児

これまで噂されてきた、ドットプロジェクタもやはり大きな問題児として苦戦を強いられているようです。

 

 

Appleは、ドットプロジェクタの試験工程にて、ユーザーの顔をうまく認識できない問題が浮上していたようだ。

 

 

この問題は、モジュールに当てられるヒカリの一を調整するアクティブアラインメントもしくは環境試験によってクリアされたが、結果として出荷台数が予定よりも減少してしまったようです。

 

 

当初の「iPhone X」の出荷台数は、3,000万台~3,500万台を予定していたよですが、2,500万台~3,000万台まで引き下げてスケジュールが組まれているようです。

[AppleInsider]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)