TOP

2018年2月17日 | テクノロジー

FacebookがiOS版へリリースした新機能「Protect」はスパイウェアなのか

2018年2月16日にFacebookがiOS版アプリケーションへリリースした新機能「Protect(プロテクト)」がスパイウェアではないか...

2018年2月16日 | テクノロジー

Facebook、15インチのディスプレイを搭載したスマートスピーカーを7月に発表か

2018年2月15日にFacebookが、同社初となるスマートスピーカーを2018年7月に発表する可能性が浮上してきました。 &nbs...

2018年2月16日 | テクノロジー

価格.com、格安SIMの満足度ランキングを発表 – 1位はLine Mobile

2018年2月15日に価格.comが、2018年の格安SIM業者の満足度ランキングを発表したことが明らかとなりました。   ...

2018年2月16日 | テクノロジー

HomePod、滑り止めのシリコンがフローリングにあとを残すことが判明

2018年2月15日にAppleから販売されている「HomePod」のそこに貼られている滑り止めのシリコン素材が、床に跡を残してしまうことを...

2018年2月15日 | テクノロジー

2018年モデルのiPhoneはノッチが小さくなる!? iPad Proはface IDを採用

2018年2月15日にAppleから販売予定の2018年モデルのiPhoneに搭載されれるノッチが、「iPhone X」よりも小さくなること...

2018年2月15日 | テクノロジー

Apple、iOSのバグ件数の増加を理由にアップデート周期の見直しを検討

2018年2月15日にAppleが、iOSやmacOSのバグ報告件数の増加に伴い、これまでのアップデート周期を見直しすることが明らかとなりま...

2018年2月15日 | テクノロジー

Microsoft、折りたたみ式ディバイス「Andromeda(アンドロメダ)」を開発中か – Surface Phone

2018年2月15日にMicrosoftが折りたたみ式ディバイス「Andromeda(アンドロメダ)」を開発中であることが「Windows ...

2018年2月14日 | テクノロジー

Google、ページ表示速度に特化したAMP for Emailを発表 – Gmailにも対応予定

20年2月14日にGoogleがモバイル向けにWEBページを高速に表示できる「AMP」に対応したEmailサービス「AMP for Emal...

2018年2月14日 | テクノロジー

未発表のGalaxy S9のベンチマークがリーク

2018年2月14日にSamsungから未発表であるはずの「Galaxy S9」と思われるベンチマークがリークされていることが明らかとなりま...

2018年2月14日 | テクノロジー

Google Home MaxはHomePodよりも音質が良いことが判明

2018年2月14日にGoogleのスマートスピーカーである「Google Home Max」が、Appleの「HomePod」よりも音質が...

2017年10月17日

顔認証の次の次世代認証は「心臓認証」か!? – Face IDの弱点も

2017年10月17日にニューヨーク入大学バッファロー校が、次世代認証システムとして「心臓スキャン」を発表したことが明らかとなりました。

 

 

次世代認証システムは心臓にフォーカス

近年多くの端末に採用されている生体認証システムには、網膜スキャンや指紋認証が主流とされております。

 

先日Appleが、次世代認証システムとして顔認証システム「Face ID」を発表しました。

 

 

 

 

 

「Face ID」の認証制度は、指紋認証よりも正確であることをアピールしたほか、顔をかざすだけで認証できるなど利便性も注目を集めております。

 

 

そして、本日ニューヨーク入大学バッファロー校が、次世代認証システムとして「心臓スキャン」を発表したことが明らかとなりました。

 

 

発表された「心臓認証」は、まだまだ課題はあるものの、将来実用化される新たな生体認証システムとして注目を集めております。

 

 

心臓認証の誤認証率は、なんと4.42%

「心臓認証」は、ドップラーレーダーを使用して心拍数や心臓の形状を読み取ります。

 

 

そして、得られた心臓の情報を3Dデータ化して、心臓の動きを元に認証を行うようだ。

 

 

また、顔認証システムと同様に初回の登録には約8秒ほどかかってしまう共通点が挙げられている。

 

 

その後も、顔認証システムと同様に再登録の必要なしで連続的に認証を行うことが可能となります。

 

 

バッファロー校によると「心臓認証」の誤認証率は、4.42%であることが発表されております。

 

 

残念ながら、Appleから発表された「Face ID」の誤認証率の0.000001%と比較すると、まだまだ課題があることがわかります。

 

 

顔認証と心臓認証のどちらが理想的か

顔認証システムの欠点には、認証するためには端末を覗かせなければならない点が挙げられます。

 

 

その為、人と話している最中にチラ見したい場合に正しく認証できない可能性があります。

 

 

対する「心臓認証」は、完全にユーザーへ要求する動作が無いため、認証を意識せずに行うことができます。

 

 

また、近年では顔の整形などを行うユーザーも少なくはないため、心臓による認証登録は一度で済むメリットが挙げられます。

 

 

冒頭でも述べましたが心臓認証は、まだまだ認証精度に課題があるため、実用化されるのは数年先だと予想されております。

 

 

しかし、認証精度さえ解決すれば、顔認証を超える生体認証システムとして広く普及することが予想されております。

 

 

これにより、完全にユーザーIDやパスワードによる認証依存から離れられるかもしれません。

[GIZMODO]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)