TOP

2018年6月23日 | テクノロジー

公正取引委員会、iPhoneの4年縛りは独占禁止法違反の可能性があると指摘

2018年6月23日に公正取引委員会が、auやDocomo、Softbankが行っているiPhoneが大幅値引きされる「4年縛り」について、...

2018年6月23日 | テクノロジー

Apple、バタフライキーボードの問題に対して無償修理プログラムを発表

2018年6月23日にAppleが、「Macbook 12Inch」や「Macbook Pro」に採用されているバタフライキーボードの不具合...

2018年6月22日 | テクノロジー

Apple、9月頃にワイヤレス充電パット「AirPower」を販売開始か

2018年6月22日にAppleが、「iPhone」や「Apple Watch」を無線充電することができるワイヤレス充電パット「AirPow...

2018年6月22日 | テクノロジー / 自動車

将来的にiPhoneで車のロックを解除できるようになるかもしれない話

2018年6月22日にAppleが、将来的にiPhoneを使って車のロックを解除できるようになる可能性が浮上してきました。  ...

2018年6月21日 | テクノロジー

Amazon、ディスプレを搭載した「Amazon Echo Spot」を7月26日に国内販売へ

2018年6月21日にAmazonが、ディスプレイが搭載されている「Amazon Echo Spot」を2018年7月26日より国内販売を開...

2018年6月21日 | テクノロジー

大手3キャリアが新SMSサービス「+メッセージ」のiOS版をリリース!

2018年6月21日にauとDocomo、SoftBankが、新SMS(ショートメッセージサービス)である「+メッセージ」のiOS版をApp...

2017年10月2日

Microsoft、Microsoft Office 2019を2018年後半にリリースへ

2017年10月2日にMicrosoftが、カンファレンスイベント「Microsoft Ignite 2017」にて「Microsoft Office 2019」を2018年の後半に販売開始することを発表いたしました。

 

 

Microsoft Ignite 2017

現在Microsoftは、同社のカンファレンスである「Microsoft Ignite 2017」を開催しております。

 

 

 

 

「Microsoft Ignite 2017」では、新しいSurfaceシリーズとして「Surface Book 2」や新型「Surface Studio」、そして新型「Surface Hub」が発表されると報じられております。

 

 

その他にも、販売されたばかりの「Surface Pro」のLTEモデルが登場するなど、Microsoft製品が多く登場することが期待されております。

 

 

 

そして、本日「Microsoft Ignite 2017」にて新しいMicrosoft Officeに関する情報が入ってきました。

 

 

Micorosoft Office 2019は2018年後半にリリースへ

2017年10月2日に米Microsoftが、次期Microsoft Officeである「Microsoft Office 2019」を2018年後半にリリースすることを発表いたしました。

 

 

「Microsoft Office 2019」のプレビュー版の提供開始時期は、2018年半ばを予定しているようです。

 

 

「Microsoft Office 2019」には、従来までの「Word」や「Excel」、「PowerPoint」、「Outlook」が同梱されているようです。

 

 

そして、「Microsoft Office 2019」にはこれらの他に「Exchange」や「SharePoint」、「Skype for Business」などといったサーバーアプリケーションなどのサービスが含まれているようです。

 

Office Perpetual

新たに「Office Perpetual」も追加されており、特定のディバイスに対するライセンスが「Perpetual(永続的)」に利用することが出来るようだ。

 

 

その為Microsoftが、更新が必要な「Office 365」を好まないユーザー向けのサービスをリリースしたと言えるでしょう。

 

 

しかし、「Office Perpetual」で利用できるMicrosoft Officeには、サポート期限があります。

 

 

さらに「Office 365」では、サポート期間を気にしなくても良い点や最新のMicrosoft Officeの利用できるほか、「Office 365」には「Outlook」、「OneDrive for Business」、「Skype for Business」が含まれております。

 

 

これらを考慮すると、企業は「Office 365」を契約したほうがメリットがあるように感じられます。

[ITMedia]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)