TOP

2017年10月21日 | テクノロジー

Apple、11月分のiPhone Xの初回販売台数として200~300万台を確保か

2017年10月21日にAppleから販売予定の「iPhone X」が、11月分の初回販売台数として200~300万台が販売される可能性が明...

2017年10月21日 | テクノロジー

Apple、10月に新製品関連のイベントの開催予定が無いことを発表へ – iMac ProやMacBookは無し!?

2017年10月21日にAppleの幹部が、2017年10月に新製品関連の発表イベントを開催する予定が無いことを発表いたしました。 &...

2017年10月20日 | ゲーム

ポケモンGO、ハロウィンイベントを発表へ – 魔女の帽子をかぶったピカチュウも登場

2017年10月20日にNianticは、ポケモンGOにて秋のハロウィンイベントを開催することを発表致しました。   ...

2017年10月20日 | テクノロジー

転売屋、iPhone Xの転売価格が34万円であることを予想

2017年10月20日にAppleから販売予定の「iPhone X」の転売価格が、最大で約34万円になる可能性が明らかとなりました。 ...

2017年10月20日 | テクノロジー

ティム・クックCEOが「Mac miniはこれからも重要であり続ける」とコメント – 新型Mac miniの登場に期待高まる

2017年10月20日にAppleのCEOであるティム・クックCEOが、Mac Miniについて「Mac Miniはこれからも重要であり続け...

2017年10月19日 | テクノロジー

【意外!?】アメリカでは新型iPhone 8よりもiPhone 7が人気であることが判明

2017年10月19日にアメリカでは、Appleから新たに発表された「iPhone 8」よりも前モデルである「iPhone 7」のほうが人気...

2017年10月19日 | テクノロジー

iOS 11、バグによりロック画面から写真へアクセスできることが判明

2017年10月19日にAppleから公開されている「iOS 11」のバグにより、ロック画面から簡単に写真へアクセスできてしまうことが明らか...

2017年10月19日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Book 2の発表と同時にキャッシュバックキャンペーンやを発表

2017年10月19日にMicrosoftが、「Surface Book 2」の発表と同時にキャッシュバックキャンペーンを開始したことが明ら...

2017年10月18日 | テクノロジー

未発売のiMac ProのベンチマークがGeekbenchに突如登場

2017年10月18日にAppleから未発売のiMac Proのベンチマークが、ベンチマークサイト「Geekbench」に登場していたことが...

2017年10月18日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Book 2(サーフェスブック2)を正式発表 – 15インチモデルを追加

2017年10月18日に米Microsoftが、Surface Bookの後継機モデルとして新型Surface Book 2(サーフェスブッ...

2017年10月1日

Apple、次期MacbookにはInte製CPUを採用せず!? – プロセッサを独自開発か

2017年10月1日にAppleが次期MacbookシリーズへIntel製のCPUを採用しない可能性が明らかとなりました。

 

 

これにより、次期MacbookではApple独自のプロセッサが採用されることが予想されております。

 

 

Apple、次期MacbookではIntelのCPUを採用しない!?

2017年10月1日にAppleが、次期MacbookシリーズへIntel製のプロセッサ(CPU)を採用しない可能性が明らかとなりました。

 

 

 

 

メディアサイト「Nikkei Asian Review]によると、Appleは自社の半導体事業の拡大を行っていると報じている。

 

 

現在Appleは、フラグシップスマートフォンである「iPhone 8」に搭載されている「A11 Bionic」プロセッサなどを自社で開発・テストを行っております。

 

 

そして、Appleは自社の半導体事業をさらに拡大、次期Macbook向けにも開発するのではないかと噂されております。

 

 

Macbookのプロセッサを自社開発へ

同誌によるとAppleは、iPhoneやiPadのプロセッサと同様にMacbookシリーズのプロセッサも将来的には自社で開発・テストを行うのではないかと予想しております。

 

 

この情報が正しければ、AppleはARMベースのCPUを独自開発し、次期Macbookシリーズへ搭載するのではないかと言われております。

 

 

近年のARMアーキテクチャーが消費電力性能に優れていることや、ノートPC市場が薄型化へ進んでいることもあり、独自開発のプロセッサを開発することで大きなメリットを得ることが出来ます。

 

 

さらに「A11 Bionic」のベンチマークがMacbook Proを上回るスコアを記録していることから、すでにIntel製のプロセッサを使用していなくても高性能・省電力を実現できていることがわかります。

 

 

自社プロセッサを採用するデメリット

現在、Intel製のCPUを採用しているMacbookは、ブートキャンプや仮想ソフトを使用することでMicrosoftの「Windows」を起動することができます。

 

 

しかし、Appleが独自のプロセッサをMacbookへ採用すると、これまで利用できていた「Windows」が起動できなくなる恐れがあります。

 

 

Macbookを利用している一定数は、ブートキャンプや「VMware」、「Pallalels」などと言ったソフトを利用しておりますが、新しいMacbookで対応するためには時間がかかることが予想されます。

 

 

その為、非Intel製Macbookの初めのリリースでは、Apple独自のプロセッサを搭載したモデルと従来同様のIntel製のプロセッサを搭載したモデルの2種類でラインアップされてほしいですね。

[Nikkei Asian Review]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)