TOP

2018年2月21日 | テクノロジー

Xperiaがフルモデルチェンジ!?SONYがMWC向けティーザーを公開

2018年2月19日にSONYが、モバイルディバイス向けカンファレンス「Mobile WOrld Congress(MWC)」向けに新しいテ...

2018年2月21日 | テクノロジー

ポケモンGO、あと一週間でiPhone 5c以降のサポートを終了へ

Nianticが提供している「ポケモンGO」が、来週にあたる2018年3月1日をもって「iPhone 5c」以降のiOSディバイスのサポート...

2018年2月21日 | テクノロジー

新幹線、2018年5月より無料Wi-Fiの提供を開始へ – JR東日本

2018年2月21日にJR東日本が、新幹線の車内で無料のWi-Fiサービスを提供することを発表致しました。   &nb...

2018年2月20日 | テクノロジー

Apple、iOS 11.2.6をリリース! – 1文字送信でクラッシュする問題を修正

2018年2月20日にAppleが、バグ修正版として「iOS 11.2.6」を公開したことが明らかとなりました。   ...

2018年2月20日 | テクノロジー

SamsungのGalaxy S9/S9+のスペックがリーク – カラーバリエーションも

2018年2月20日にSamsungから販売予定の「Galaxy S9(ギャラクシーS9)」と「Galaxy S9+(ギャラクシーS9+)」...

2018年2月20日 | テクノロジー

Google、検索結果の画像一覧から「画像を表示」を削除

2018年2月20日にGoogleが、検索結果の画像一覧から画像を拡大表示できる「画像を表示」ボタンを削除していたことが明らかとなりました。...

2018年2月19日 | テクノロジー

はやくもGalaxy S10の情報がリーク! – 2Gbit秒のLTEモデルを採用か

2018年2月19日にSamsungの次期フラグシップスマートフォン「Galaxy S10」の情報が早くもリークされたことが明らかとなりまし...

2018年2月19日 | テクノロジー

Galaxy S9をハンズオンした人物が現る – 質問で詳細が明らかに

2018年2月19日にSamsungから販売予定の「Galaxy S9(ギャラクシーS9)」を20分間触ってきたユーザーが掲示版サイトに現れ...

2018年2月19日 | テクノロジー

ASUS、ZenFone 5へiPhone Xのようなノッチを採用か

2018年2月19日にASUSが、次期フラグシップスマートフォン「ZenFone 5(ゼンフォン5)」にて、Appleの「iPhone X」...

2018年2月18日 | テクノロジー

イオンモバイル、2018年3月からau回線のMVNOサービスを実施へ

2018年2月17日にイオンモバイルが、2018年3月より格安SIMサービスことMVNOとして、au回線の取扱を開始することが明らかとなりま...

2017年10月1日

Apple、次期MacbookにはInte製CPUを採用せず!? – プロセッサを独自開発か

2017年10月1日にAppleが次期MacbookシリーズへIntel製のCPUを採用しない可能性が明らかとなりました。

 

 

これにより、次期MacbookではApple独自のプロセッサが採用されることが予想されております。

 

 

Apple、次期MacbookではIntelのCPUを採用しない!?

2017年10月1日にAppleが、次期MacbookシリーズへIntel製のプロセッサ(CPU)を採用しない可能性が明らかとなりました。

 

 

 

 

メディアサイト「Nikkei Asian Review]によると、Appleは自社の半導体事業の拡大を行っていると報じている。

 

 

現在Appleは、フラグシップスマートフォンである「iPhone 8」に搭載されている「A11 Bionic」プロセッサなどを自社で開発・テストを行っております。

 

 

そして、Appleは自社の半導体事業をさらに拡大、次期Macbook向けにも開発するのではないかと噂されております。

 

 

Macbookのプロセッサを自社開発へ

同誌によるとAppleは、iPhoneやiPadのプロセッサと同様にMacbookシリーズのプロセッサも将来的には自社で開発・テストを行うのではないかと予想しております。

 

 

この情報が正しければ、AppleはARMベースのCPUを独自開発し、次期Macbookシリーズへ搭載するのではないかと言われております。

 

 

近年のARMアーキテクチャーが消費電力性能に優れていることや、ノートPC市場が薄型化へ進んでいることもあり、独自開発のプロセッサを開発することで大きなメリットを得ることが出来ます。

 

 

さらに「A11 Bionic」のベンチマークがMacbook Proを上回るスコアを記録していることから、すでにIntel製のプロセッサを使用していなくても高性能・省電力を実現できていることがわかります。

 

 

自社プロセッサを採用するデメリット

現在、Intel製のCPUを採用しているMacbookは、ブートキャンプや仮想ソフトを使用することでMicrosoftの「Windows」を起動することができます。

 

 

しかし、Appleが独自のプロセッサをMacbookへ採用すると、これまで利用できていた「Windows」が起動できなくなる恐れがあります。

 

 

Macbookを利用している一定数は、ブートキャンプや「VMware」、「Pallalels」などと言ったソフトを利用しておりますが、新しいMacbookで対応するためには時間がかかることが予想されます。

 

 

その為、非Intel製Macbookの初めのリリースでは、Apple独自のプロセッサを搭載したモデルと従来同様のIntel製のプロセッサを搭載したモデルの2種類でラインアップされてほしいですね。

[Nikkei Asian Review]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)