TOP

2017年10月19日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Book 2の発表と同時にキャッシュバックキャンペーンやを発表

2017年10月19日にMicrosoftが、「Surface Book 2」の発表と同時にキャッシュバックキャンペーンを開始したことが明ら...

2017年10月18日 | テクノロジー

未発売のiMac ProのベンチマークがGeekbenchに突如登場

2017年10月18日にAppleから未発売のiMac Proのベンチマークが、ベンチマークサイト「Geekbench」に登場していたことが...

2017年10月18日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Book 2(サーフェスブック2)を正式発表 – 15インチモデルを追加

2017年10月18日に米Microsoftが、Surface Bookの後継機モデルとして新型Surface Book 2(サーフェスブッ...

2017年10月17日 | ゲーム

ポケモンGO、ハロウィンイベントでルビー・サファイヤのポケモンをリリースへ

2017年10月17日にポケモンGOのハロウィンイベントにて、「ポケットモンスター ルビー・サファイヤ」に登場した第3世代の一部のポケモンが...

2017年10月17日 | テクノロジー

顔認証の次の次世代認証は「心臓認証」か!? – Face IDの弱点も

2017年10月17日にニューヨーク入大学バッファロー校が、次世代認証システムとして「心臓スキャン」を発表したことが明らかとなりました。 ...

2017年10月17日 | テクノロジー

Apple、iPhone Xの初回出荷位台数が46,500台と少ないことが判明

2017年10月17日にAppleから販売予定の「iPhone X」の初回出荷位台数が、わずか46,500台であることが明らかとなりました。...

2017年10月16日 | テクノロジー

IKEA、Appleと共同開発したARアプリ「IKEA Place」を公開へ

2071年10月16日にIKEAが、Appleと共同開発したARアプリケーション「IKEA Place」を日本で公開したことが明らかとなりま...

2017年10月16日 | テクノロジー

Apple、iPhone Xの生産台数を週40万台まで増加 – 供給不足を少し解消

2017年10月16日にAppleは、「iPhone X」の生産台数を週40万台まで増加したことが明らかとなりました。  ...

2017年10月15日 | テクノロジー

AppleのCEOであるティム・クック氏は、iPhone Xシルバーモデルを利用

2017年10月15日にAppleのCEOであるティム・クック氏のポケットから、「iPhone X」のシルバーモデルが落下したことが明らかと...

2017年10月14日 | ゲーム / テクノロジー

ポケモンGOをiPhone Xで動作している画像がリーク – 動作確認はOKだが最適化はされず

2017年10月13日にAppleから販売予定の「iPhone X」で「ポケモンGO」をプレイしている画像がリークしていることが明らかとなり...

2017年9月25日

Apple、iPhone Xの製造数が当初の予定の40%しか製造できていない!?

2017年9月25日にAppleから販売予定の「iPhone X」の製造数が、当初の予定の約40%しか製造されていない可能性が明らかとなりました。

 

 

iPhone Xの製造数は当初の予定の40%

2017年9月25日にAppleから販売予定のプレミアムモデルである「iPhone X」が、当初の製造数と比較し約40%しか製造てきていない可能性が明らかとなりました。

 

 

 

メディアサイト「DigiTimes」が、サプライヤーから得た情報としてAppleが「iPhone X」の部品の出荷台数を減少させるよう支持があったと報じております。

 

 

また、上流に位置しているサプライヤーから得た情報によるとAppleは、当初の予定の40%しか製造できていないことが判明しました。

 

 

製造数が少なくなった原因は?

Appleがサプライヤーへ指示した「iPhone X」の出荷台数の削減の背景には、他のパーツの歩留まりが悪さが原因だと言われております。

 

 

「iPhone X」で初めて採用された有機EL(OLED)パネルが採用用されております。

 

 

Appleは、有機ELパネルの製造をSamusungのみに依頼しており、供給不足が目立っていると報告されております。

 

 

また、有機ELパネルの製造は当初予定した製造数の約60%に歩留まりが見受けられているようです。

 

 

その為、有機ELパネルの製造不足により、他のパーツを供給しているサプライヤーへ供給量を減少させるよう指示があったことが予想されております。

 

 

やはり2018年も入手が困難な状況が続く

「iPhone X」の製造は予定していた段階でも従来より製造数が少なかったにも関わらず、現在は想定よりも出荷台数が少ないことが判明しております。

 

 

この供給不足により、2018年になってもしばらく「iPhone X」の入手難易度は変わらないだろうと予想されております。

 

 

先日のリーク情報でも、「iPhone X」の安定した供給は2018年まで続くことが報じられておりました。

 

 

 

 

しかし、世界的に「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」よりも「iPhone X」を購入したいと考えているユーザーは多いことが判明しております。

 

 

「iPhone X」は10月27日に予約開始し、11月3日の販売を予定しておりますが、当日の出荷台数は現在の予想を大きく下回る可能性があります。

 

 

その為、11月3日に「iPhone X」を入手できるユーザーは、ごく僅かであると言えるでしょう。

[DigiTimes]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)