TOP

2017年12月10日 | テクノロジー

Apple、音楽認識アプリShazamを買収 – Siriの強化へ応用か

2017年12月9日にAppleが、音楽認識アプリである「Shazam」を買収したことが明らかとなりました。   &n...

2017年12月10日 | テクノロジー

【販売間近!?】iMac Proがユーラシア経済委員会の認証を通過

2017年12月7日にAppleから販売予定の「iMac Pro(アイマックプロ)」と思われるディバイスが、ユーラシア経済委員会の認証を通過...

2017年12月10日 | テクノロジー

Apple、iTunesにて音楽のダウンロード販売を2018年に終了か

2017年12月10日にAppleが、iTunes Store(アイチューンズストア)による音楽のダウンロード販売を2018年第4四半期に終...

2017年12月9日 | テクノロジー

Apple、2018年モデルのiPhoneのバッテリーを1割り増しへ

2017年12月9日にAppleが、2018年モデルのiPhone(アイフォン)のバッテリーを1割ほど増量する方針であることが明らかとなりま...

2017年12月9日 | テクノロジー

YouTube、音楽聴き放題サービスを2018年3月より提供開始

2017年12月9日にGoogleが、YouTubeにて音楽聴き放題サービスを2018年3月よりリリースすることが明らかとなりました。 ...

2017年12月9日 | ゲーム

ポケモンGO、ルビー・サファイヤに登場する50種類以上のポケモンを追加へ

2017年12月7日にポケモンGOが、「ポケットモンスター ルビー・サファイヤ」に登場する50種類以上のポケモンを追加したことを発表致しまし...

2017年12月8日 | テクノロジー

Amazonプライム会員向け新サービス「Twitch Prime」がリリース

2017年12月6日にAmazonが、Amazonプライム会員を対処とした新サービス「Twitch Prime」をリリースしたことが明らかと...

2017年12月8日 | テクノロジー

2018年モデルのiPhoneの背面はガラス素材を不採用!? – 金属製素材へ戻る

2017年12月8日にAppleが、2018年モデルの次期iPhoneの中でもLCDディスプレイを搭載しているモデルを対象に、背面のガラス素...

2017年12月8日 | テクノロジー

Apple Payをコンビニで使うと200円キャッシュバックされるキャンペーンを開催

2017年12月8日にAppleが、コンビニでApple Payに登録した「QUICPay(クイックペイ)」を利用すると200円キャッシュバ...

2017年12月7日 | テクノロジー

Apple、iPhone X6.1インチモデルへ金属製素材を採用か

2017年12月7日にAppleが、次期iPhoneこと「iPhone X 6.1インチモデル」が金属製素材を採用したボディである可能性が浮...

2017年9月22日

iPhone 8/8 Plusの背面から「総務省指定」文字が削除される

2017年9月22日にAppleは、新型iPhoneとして「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」の販売開始をしましたが、両機種の背面から「総務省指定」の文字が削除されていることが判明しました。

 

 

 

iPhone 8/8 Plusの背面から「総務省指定」の文字が消える

2017年9月22日にAppleは、新型iPhoneである「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」を正式に販売開始しました。

 

 

販売開始と同時に多くのレビューが登場しておりますが、中でも「iPhone 7/7 Plus」の背面に書かれていた「総務省指定」という文字が「iPhone 8/8 Plus」から削除されていることが明らかとなりました。

 

 

 

 

昨日まで販売されてきた「iPhone 7/7 Plus」の背面には、iPhoneのモデルナンバーの隣に「総務省指定」という文字が記述されておりました。

 

 

 

「iPhone 7/7 Plus」が販売された当初は、iPhoneの背面に突然漢字で「総務省指定」と書かれていたため、不満の声や絶賛する声など様々な口コミが挙がっておりました。

 

 

不満の声が大きかったせいか、どうやら「iPhone 8/8 Plus」から「総務省指定」の文字は、印字ではなく電磁的表示(スマホ画面での表記)へ変更されたようです。

 

 

総務省指定と書かれる意味は?

2016年に販売開始された「iPhone 7/7 Plus」には、Apple初となる非接触ICカードである「FeliCa」に対応しました。

 

 

「FeliCa」は、ガラパゴスケータイや国産Android端末の多くに採用されている「おサイフケータイ」を実現することができるICカード技術となっております。

 

 

これまで一部の電波を利用するためには、電波法施行規則に則り指定された文字(ここでは総務省指定)を印字する必要がありました。

 

 

しかし、4月に電波法施行規則46条の4の2項が改正されたことで総務省指定表記を電磁的表示として印字することが可能になりました。

 

 

これにより、今年のiPhoneは背面がスッキリとしたデザインのままリリースされることになったようです。

 

 

「Designed by Apple in California」の文字も消える

「総務省指定」の文字と当時に、「iPhone 8/8 Plus」の背面からAppleがずっと印字してきたこちらの文字も削除されてしまいました。

 

 

Designed by Apple in California. Assembled in China.

 

 

こちらの文字は、iPhoneがAppleの本拠地であるカリフォルニアでデザインされたことをアピールしている。

 

 

Appleは、今年から本社でデザインされたことよりも、iPhoneの背面をスッキリさせる方針をとったようだ。

 

 

もしかすると、今後販売されるMacやiPad、iPod Touchからも「Designed by Apple in California」という文字が削除されるのかもしれません。

[ITmedia]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)