TOP

2018年2月19日 | テクノロジー

はやくもGalaxy S10の情報がリーク! – 2Gbit秒のLTEモデルを採用か

2018年2月19日にSamsungの次期フラグシップスマートフォン「Galaxy S10」の情報が早くもリークされたことが明らかとなりまし...

2018年2月19日 | テクノロジー

Galaxy S9をハンズオンした人物が現る – 質問で詳細が明らかに

2018年2月19日にSamsungから販売予定の「Galaxy S9(ギャラクシーS9)」を20分間触ってきたユーザーが掲示版サイトに現れ...

2018年2月19日 | テクノロジー

ASUS、ZenFone 5へiPhone Xのようなノッチを採用か

2018年2月19日にASUSが、次期フラグシップスマートフォン「ZenFone 5(ゼンフォン5)」にて、Appleの「iPhone X」...

2018年2月18日 | テクノロジー

イオンモバイル、2018年3月からau回線のMVNOサービスを実施へ

2018年2月17日にイオンモバイルが、2018年3月より格安SIMサービスことMVNOとして、au回線の取扱を開始することが明らかとなりま...

2018年2月18日 | テクノロジー

Apple、WWDC 2018を6月4日に開催か – 新型iPadとMacを発表

2018年2月17日にAppleが、カンファレンスイベント「WWDC 2018」を2018年6月4日に開催する可能性が浮上してきました。 ...

2018年2月17日 | テクノロジー

FacebookがiOS版へリリースした新機能「Protect」はスパイウェアなのか

2018年2月16日にFacebookがiOS版アプリケーションへリリースした新機能「Protect(プロテクト)」がスパイウェアではないか...

2018年2月16日 | テクノロジー

Facebook、15インチのディスプレイを搭載したスマートスピーカーを7月に発表か

2018年2月15日にFacebookが、同社初となるスマートスピーカーを2018年7月に発表する可能性が浮上してきました。 &nbs...

2018年2月16日 | テクノロジー

価格.com、格安SIMの満足度ランキングを発表 – 1位はLine Mobile

2018年2月15日に価格.comが、2018年の格安SIM業者の満足度ランキングを発表したことが明らかとなりました。   ...

2018年2月16日 | テクノロジー

HomePod、滑り止めのシリコンがフローリングにあとを残すことが判明

2018年2月15日にAppleから販売されている「HomePod」のそこに貼られている滑り止めのシリコン素材が、床に跡を残してしまうことを...

2018年2月15日 | テクノロジー

2018年モデルのiPhoneはノッチが小さくなる!? iPad Proはface IDを採用

2018年2月15日にAppleから販売予定の2018年モデルのiPhoneに搭載されれるノッチが、「iPhone X」よりも小さくなること...

2017年9月19日

米トイザラス、Amazonなどの影響により破産申請へ – 日本法人は引続き営業中

2017年9月19日に米トイザラスが、Amazonなどの大手インターネットショッピングサイトの影響により業績が悪化し、破産申請を行っていたことが明らかとなりました。

 

なお、トイザラス日本法人によると日本国内での営業は引き続き行われるようです。

 

 

 

米トイザラスが破産申請へ

おもちゃの販売で有名な米トイザラスが、連邦破産法第11章に則り破産申請を行っていることが明らかとなりました。

 

 

米トイザラスが抱えている債務額は、約49億ドルだと言われております。

 

 

さらに2018年には49億ドルのうち4億ドルを支払い、2019年には17億ドルを支払う期限が設けられている。

 

 

米トイザラスの破産申請の背景には、大手インターネットショッピングサイト「Amazon」が原因だと言われております。

 

 

2016年度の米Amazonのホビー部門だけの売上は、約40億ドルだと言われており、これは米トイザラスの3分の1以上の売上を上回る金額だと報じられている。

 

 

また、トイザラスはAmazonのような低価格販売を戦略としたインターネットショッピングサイトに対応することが出来ず、ここ5年間業績が悪化していたと報告されております。

 

 

トイザラスが無くなるというわけではない。

連邦破産法第11章は、ただの破産申請ではなく企業が再生を行える制度となっております。

 

 

また米トイザラスが、連邦破産法第11章を適応するということは、経営再建を検討に入れ、破綻申請を行っていることを意味しております。

 

 

その為、米トイザラスが破綻申請を行った直後にアメリカにあるすべてのトイザラス店舗が閉店することは無いようです。

 

 

さらに、米トイザラスの会長兼CEOのデイブ・ブランド氏は、トイザラスが財政的な問題を解決し、新しいトイザラスブランドとして再生することを発表しております。

 

 

これらの情報から、米トイザラスは公式オンラインショップサイトと店舗での販売は、引き続き続けていくことで決定しております。

 

 

日本トイザラスは引き続き営業中

日本トイザラスこと日本法人は、日本国内での営業を続けることを発表しております。

 

 

今回の米トイザラスの破産申請は、米国とカナダ以外の店舗は破産の対象となっていないようだ。

 

 

その為、日本トイザラスは今回の米トイザラスの破産申請による影響は無いと言えるでしょう。

 

 

しかし日本トイザラスもここ数年、Amazonによる影響は少なくとも受けております。

 

 

米トイザラスが対Amazon戦略を立てられれば、日本トイザラスにもいい影響が期待されております。

[ITmedia]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)