TOP

2017年12月10日 | テクノロジー

Apple、音楽認識アプリShazamを買収 – Siriの強化へ応用か

2017年12月9日にAppleが、音楽認識アプリである「Shazam」を買収したことが明らかとなりました。   &n...

2017年12月10日 | テクノロジー

【販売間近!?】iMac Proがユーラシア経済委員会の認証を通過

2017年12月7日にAppleから販売予定の「iMac Pro(アイマックプロ)」と思われるディバイスが、ユーラシア経済委員会の認証を通過...

2017年12月10日 | テクノロジー

Apple、iTunesにて音楽のダウンロード販売を2018年に終了か

2017年12月10日にAppleが、iTunes Store(アイチューンズストア)による音楽のダウンロード販売を2018年第4四半期に終...

2017年12月9日 | テクノロジー

Apple、2018年モデルのiPhoneのバッテリーを1割り増しへ

2017年12月9日にAppleが、2018年モデルのiPhone(アイフォン)のバッテリーを1割ほど増量する方針であることが明らかとなりま...

2017年12月9日 | テクノロジー

YouTube、音楽聴き放題サービスを2018年3月より提供開始

2017年12月9日にGoogleが、YouTubeにて音楽聴き放題サービスを2018年3月よりリリースすることが明らかとなりました。 ...

2017年12月9日 | ゲーム

ポケモンGO、ルビー・サファイヤに登場する50種類以上のポケモンを追加へ

2017年12月7日にポケモンGOが、「ポケットモンスター ルビー・サファイヤ」に登場する50種類以上のポケモンを追加したことを発表致しまし...

2017年12月8日 | テクノロジー

Amazonプライム会員向け新サービス「Twitch Prime」がリリース

2017年12月6日にAmazonが、Amazonプライム会員を対処とした新サービス「Twitch Prime」をリリースしたことが明らかと...

2017年12月8日 | テクノロジー

2018年モデルのiPhoneの背面はガラス素材を不採用!? – 金属製素材へ戻る

2017年12月8日にAppleが、2018年モデルの次期iPhoneの中でもLCDディスプレイを搭載しているモデルを対象に、背面のガラス素...

2017年12月8日 | テクノロジー

Apple Payをコンビニで使うと200円キャッシュバックされるキャンペーンを開催

2017年12月8日にAppleが、コンビニでApple Payに登録した「QUICPay(クイックペイ)」を利用すると200円キャッシュバ...

2017年12月7日 | テクノロジー

Apple、iPhone X6.1インチモデルへ金属製素材を採用か

2017年12月7日にAppleが、次期iPhoneこと「iPhone X 6.1インチモデル」が金属製素材を採用したボディである可能性が浮...

2017年8月12日

Microsoft、Windows 10 Pro for Workstationsを発表へ

2017年8月11日にMicrosoftが、「Windows 10 Pro」の新バージョンである「Windows 10 pro for Workstations」を発表したことが明らかとなりました。

 

 

 

Windows 10 Pro for Workstations

2017年8月11日にMicrosoftが、同社のOSである「Windows 10  Pro」を対象とした新しいバージョン「Windows 10 Pro for Workstations」を発表したことがわかりました。

 

 

 

「Windows 10 Pro for Workstation」は、Mirosoftのサーバーグレードのファイルシステムである「Resilient File System」を採用している。

 

 

さらに永続メモリ「SVDIMM-N」の採用や「SMB Direct」による高速ファイル共有にも対応していおり、最大4CPUかつメモリ6TBのパソコンを構築することができる。

 

 

Windows 10 Pro for Workstationsはハイエンド向け

「Windows 10 pro for Workstations」は名前の通りハイエンドハードウェア向けの「Windows 10 Pro」となっております。

 

 

その為、対応しているプロセッサはIntelの「Xeon」やAMDの「 Opteron」などの最高ランクのCPUを想定して設計されている。

 

 

元々「Windows 10」は最大2CPUでメモリ2TBまでしかサポートされておりませんので、これ以上のスペックを要求する場合は必然的に「Windows 10 Pro for Workstations」を適応する必要があります。

 

 

Windows 10 Pro for Workstationの特徴

「Windows 10 Pro for Workstations」は、「ReFS」と呼ばれるファイルシステムを採用している。

 

 

RsFSは、障害対策を強化されたファイルシステムで、データ復旧や耐障害性などが強化されている。

 

 

さらに扱う容量を大きくすることで、ドライブ1つが障害になっても自動的に修復してくれるようだ。

 

 

なお、Microsftが現在提供している標準ファイルシステム「NTFS」で扱われる最大容量は256TBであるのに対し、ReSFは理論上4.7ゼタバイトまで利用することが出来る。

 

 

4.7ゼタバイトは、10億テラバイトに相当し、8K動画を800年分記録することが出来る。

 

 

さらに「SMB Direct」には、「Remote Direct Memory Access機能」を活用することで、従来よりも遅延の少ないファイルアクセスが可能なほか、ローカルCPUを使用することが殆ど無い。

 

 

「Windows 10 Pro for Workstations」の配信は、2017年秋に公開される「Fall Creators Update」の一部に組み込まれる予定だそうです。

[TechCrunch]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)