TOP

2018年7月19日 | テクノロジー

2012年モデルのMacbook Proはサポートが終了されていないかもしれない

2018年7月19日にAppleが、「Macbook Pro Retina Mid 2012」のサポート終了製品へ登録しましたが、2018年...

2018年7月19日 | テクノロジー

Microsoft、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeへの移行を呼びかけ

2018年7月19日にMicrosoftが、同社のブログにてインターネットブラウザである「Internet Explorer」から最新の「M...

2018年7月18日 | テクノロジー

2018年モデルのiPhone用USB Type-C充電アダプタはしばらくは単体購入が難しいかもしれない

2018年7月18日にAppleが、2018年モデルのiPhone向けUSB Type-C充電アダプタがしばらくの間は単体購入が難しい状況と...

2018年7月18日 | テクノロジー

2018年に販売予定の3モデルのiPhone用フロントパネルが流出

2018年7月18日にAppleが2018年秋ごろに販売予定の3年モデルのiPhone用フロントパネルがリークされていることが明らかとなりま...

2018年7月17日 | テクノロジー

2018年モデルのMacbook Proは2011年以来の大幅なスペックアップであることが判明

2018年7月17日にAppleから発表された「Macbook Pro Touch Bar 2018」モデルのスペックの伸び幅が、2011年...

2018年7月17日 | テクノロジー

Apple、バタフライキーボードの無償修理プログラムで第3世代への交換は行わない!?

2018年7月17日にAppleが、バタフライキーボードの第1世代と第2世代を対象としている無償修理プログラムでは、第3世代のバタフライキー...

2017年8月12日

Microsoft、Windows 10 Pro for Workstationsを発表へ

2017年8月11日にMicrosoftが、「Windows 10 Pro」の新バージョンである「Windows 10 pro for Workstations」を発表したことが明らかとなりました。

 

 

 

Windows 10 Pro for Workstations

2017年8月11日にMicrosoftが、同社のOSである「Windows 10  Pro」を対象とした新しいバージョン「Windows 10 Pro for Workstations」を発表したことがわかりました。

 

 

 

「Windows 10 Pro for Workstation」は、Mirosoftのサーバーグレードのファイルシステムである「Resilient File System」を採用している。

 

 

さらに永続メモリ「SVDIMM-N」の採用や「SMB Direct」による高速ファイル共有にも対応していおり、最大4CPUかつメモリ6TBのパソコンを構築することができる。

 

 

Windows 10 Pro for Workstationsはハイエンド向け

「Windows 10 pro for Workstations」は名前の通りハイエンドハードウェア向けの「Windows 10 Pro」となっております。

 

 

その為、対応しているプロセッサはIntelの「Xeon」やAMDの「 Opteron」などの最高ランクのCPUを想定して設計されている。

 

 

元々「Windows 10」は最大2CPUでメモリ2TBまでしかサポートされておりませんので、これ以上のスペックを要求する場合は必然的に「Windows 10 Pro for Workstations」を適応する必要があります。

 

 

Windows 10 Pro for Workstationの特徴

「Windows 10 Pro for Workstations」は、「ReFS」と呼ばれるファイルシステムを採用している。

 

 

RsFSは、障害対策を強化されたファイルシステムで、データ復旧や耐障害性などが強化されている。

 

 

さらに扱う容量を大きくすることで、ドライブ1つが障害になっても自動的に修復してくれるようだ。

 

 

なお、Microsftが現在提供している標準ファイルシステム「NTFS」で扱われる最大容量は256TBであるのに対し、ReSFは理論上4.7ゼタバイトまで利用することが出来る。

 

 

4.7ゼタバイトは、10億テラバイトに相当し、8K動画を800年分記録することが出来る。

 

 

さらに「SMB Direct」には、「Remote Direct Memory Access機能」を活用することで、従来よりも遅延の少ないファイルアクセスが可能なほか、ローカルCPUを使用することが殆ど無い。

 

 

「Windows 10 Pro for Workstations」の配信は、2017年秋に公開される「Fall Creators Update」の一部に組み込まれる予定だそうです。

[TechCrunch]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)