TOP

2017年10月21日 | テクノロジー

Apple、11月分のiPhone Xの初回販売台数として200~300万台を確保か

2017年10月21日にAppleから販売予定の「iPhone X」が、11月分の初回販売台数として200~300万台が販売される可能性が明...

2017年10月21日 | テクノロジー

Apple、10月に新製品関連のイベントの開催予定が無いことを発表へ – iMac ProやMacBookは無し!?

2017年10月21日にAppleの幹部が、2017年10月に新製品関連の発表イベントを開催する予定が無いことを発表いたしました。 &...

2017年10月20日 | ゲーム

ポケモンGO、ハロウィンイベントを発表へ – 魔女の帽子をかぶったピカチュウも登場

2017年10月20日にNianticは、ポケモンGOにて秋のハロウィンイベントを開催することを発表致しました。   ...

2017年10月20日 | テクノロジー

転売屋、iPhone Xの転売価格が34万円であることを予想

2017年10月20日にAppleから販売予定の「iPhone X」の転売価格が、最大で約34万円になる可能性が明らかとなりました。 ...

2017年10月20日 | テクノロジー

ティム・クックCEOが「Mac miniはこれからも重要であり続ける」とコメント – 新型Mac miniの登場に期待高まる

2017年10月20日にAppleのCEOであるティム・クックCEOが、Mac Miniについて「Mac Miniはこれからも重要であり続け...

2017年10月19日 | テクノロジー

【意外!?】アメリカでは新型iPhone 8よりもiPhone 7が人気であることが判明

2017年10月19日にアメリカでは、Appleから新たに発表された「iPhone 8」よりも前モデルである「iPhone 7」のほうが人気...

2017年10月19日 | テクノロジー

iOS 11、バグによりロック画面から写真へアクセスできることが判明

2017年10月19日にAppleから公開されている「iOS 11」のバグにより、ロック画面から簡単に写真へアクセスできてしまうことが明らか...

2017年10月19日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Book 2の発表と同時にキャッシュバックキャンペーンやを発表

2017年10月19日にMicrosoftが、「Surface Book 2」の発表と同時にキャッシュバックキャンペーンを開始したことが明ら...

2017年10月18日 | テクノロジー

未発売のiMac ProのベンチマークがGeekbenchに突如登場

2017年10月18日にAppleから未発売のiMac Proのベンチマークが、ベンチマークサイト「Geekbench」に登場していたことが...

2017年10月18日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Book 2(サーフェスブック2)を正式発表 – 15インチモデルを追加

2017年10月18日に米Microsoftが、Surface Bookの後継機モデルとして新型Surface Book 2(サーフェスブッ...

2017年7月16日

Google、新しいプログラミング言語「Go 2」を発表

米国時間2017年7月13日にGoogleは、「Toward Go 2 – The Go Blog」にて新しいプログラミング言語「Go 2」の基本計画を発表したことが明らかとなりました。

 

 

新しいプログラミング言語「Go 2」を発表

米国時間2017年7月13日にAlphabet傘下のGoogleの「Goプロジェクトチーム」は、「Toward Go 2 – The Go Blog」にて新しいプログラミング言語「Go 2」の基本計画を発表したことが明らかとなりました。

 

 

 

「Go 2」は、Googleのプログラミング言語である「Go」の次期メジャーアップデートバージョンに位置している。

 

 

Toward Go 2 – The Go Blog」では、発表された「Go 2」がどのような問題を解決したのか、どのような工程で開発を進めているか説明しております。

 

 

前バージョンの「Go」

Googleが、新たなプログラミング言語として「Go」を発表した当初は、多くのデベロッパーやITメディアから注目を集めました。

 

 

ですが、話題にはなったものの「Go」を採用した新たなサービスが登場する話は、あまり浮上しませんでした。

 

 

しかし、2016年の後半から、企業システムの開発において重要なプログラミング言語として、再度注目を集めてから「Go」の利用率が上がりました。

 

 

今回、発表された「Go 2」も今後の利用率の増加が見込まれるプログラミング言語として注目を集めている。

 

 

GoとGo 2

Googleは、「Go」で挙がった問題点を「Go 2」でいくつか解決したことを発表している。

 

 

「Goプロジェクトチーム」は、「Go」の開発でつちかった経験から問題点を洗い出し、「Go 2」で項目として挙げて修正を行っていることを発表している。

 

 

今回「Go 2」を「Go」から切り離した理由の一つとして、これまでつちかってきた「Go」のエコシステムを崩すことは避けるべきだと判断したようだ。

 

 

Googleが公開している「Go 2」の開発方法によると、現行バージョンである「Go」へ「Go 2」の機能をマージしながら進めているようだ。

 

 

これにより「Go」との互換性を担保しつつ、「Go 2」の機能を確実に取り込むことが可能になる。

 

 

なお、「Go」のバージョンである「1.20」のリリースを「Go 2」に置き換えてリリースする予定であることを発表しております。

[The Go Prgramming Language]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)