TOP

2018年1月19日 | テクノロジー

Apple、2018年1月の第3週にiOSディバイスが固まる不具合を修正 – iOS 11.2.5

2018年1月19日にAppleが、2018年1月の第3週にiOSディバイスが固まる(フリーズ)してしまう不具合を修正した最新バージョンをリ...

2018年1月19日 | テクノロジー

Apple、38兆円でTeslaとNetflixを買収か

2018年1月19日にAppleが、海外で蓄積していた38兆円を使い、動画見放題サービスでおなじみの「Netflix(ネットフリックス)」と...

2018年1月18日 | テクノロジー

2019年モデルのiPhoneはFace IDモジュールが統一化されノッチが縮小

2018年1月17日にAppleが、2019年モデルのiPhoneにて顔認証システム「Face ID」に使われる「TrueDepth」カメラ...

2018年1月18日 | テクノロジー

ティム・クックCEO、次期iOSでバッテリー劣化による性能抑制機能をオフにする機能を発表

2018年1月17日にAppleのCEOであるティム・クック氏が次期iOSにて、バッテリーの劣化によるパフォーマンス抑制機能をオフにできる機...

2018年1月18日 | テクノロジー

Apple、いよいよスマートスピーカー「HomePod」を出荷開始へ – 発売日は2月?

2018年1月17日にAppleが、スマートスピーカー「HomePod」の出荷をいよいよ開始したことが明らかとなりました。  ...

2018年1月17日 | テクノロジー

iPhone 6のバッテリー交換で動作が2倍早くなったことが判明

2018年1月17日にAppleから販売されている「iPhone 6(アイフォン6)」のバッテリーを交換したところ、パフォーマンスが2倍にな...

2018年1月17日 | テクノロジー

スマートスピーカーの依存度は高く、元の生活には戻れないことが判明

2018年1月17日にスマートスピーカーの所持者を対象としたアンケートによると、スマートスピーカー無しの生活には戻れない回答が多いことがわか...

2018年1月16日 | テクノロジー

2018年モデルのMacbook Proはマイナーチェンジにとどまることが判明

2018年1月16日にAppleから販売予定の2018年モデルの「Macbook Pro」が大幅なモデルチャンジが予定されていないことが判明...

2018年1月16日 | テクノロジー

Apple、Macbook Airの販売から10週年を迎える

2018年1月15日にAppleは、同社のノートPC「Macbook Air」を販売してから10週年を迎えたことが明らかとなりました。 ...

2018年1月16日 | テクノロジー

Samsungから販売予定の「Galaxy S9」のスペックがリーク – 虹彩認証

2018年1月16日にSamsungから販売予定のスマートフォン「Galaxy S9」のスペックがリークされていることが明らかとなりました。...

2017年6月14日

Google、自動運転車事業を撤退!? – 事業凍結か

2017年6月14日にGoogleは、同社の自動運転車の開発事業を凍結することを発表いたしました。

 

 

なお、開発はAlphabet傘下の「Waymo」という子会社で引き続き進められるようです。

 

 

Googleの自動運転車

Alphabet傘下のGoolgeは、7年続けてきた自動運転車の開発プロジェクトを凍結することを発表いたしました。

 

 

ですが、自動運転の開発は同じくAlphabet傘下の「Waymo」と呼ばれる子会社で引き続き開発するようです。

 

 

 

 

さらに詳細な話しによるとGoogleは、ハンドルやブレーキなどを一切搭載しない自動運転車両の開発を勧めていましたが、これを一旦諦めるという意味らしいです。

 

 

今後「Waymo」で開発される自動運転車両は、ハンドルやブレーキを搭載し、あくまでも自動運転機能はユーザーのサポートとして開発していくようだ。

 

 

その為、今回の発表はあくまでも自動運転事業を凍結するというよりは、完全な自動運転を諦め、ユーザーのサポートを前提とした自動運転の開発に切り替えたことを意味している。

 

 

なぜ目標を買えたのか?

Google傘下のAlphabetのラリー・ペイジCEOとルース・ポラットCFOは、元々ハンドルやブレーキを搭載していない自動運転車両に否定的な意見を持っていたそうです。

現在の法律でも、ハンドルやブレーキは必ず必要であると定められており、たとえ技術的に実現できても走行させることは違法となる。

 

 

もともと自動運転事業は、ペイジ氏が2007年に発表したことで開拓されていきました。

 

 

ペイジ氏の発表後は、AppleやUber、Appleなどと行った大手IT企業も事業参入し、Alphabetにとっては競合他社が多くなったと言えるでしょう。

 

 

そこでAplhabetは、自動運転事業の進捗状況と業界の進捗状況を考慮した上で、今回の発表を行ったと予測される。

 

 

IT企業が目指す自動運転とは

AppleやAlphabetは、当初は自社で車両本体と自動運転システムの開発を行う方針でした。

 

 

その中でもAppleは、車両も含めた開発は想像以上に難しいと判断し、早期に自動運転システムのみの開発へシフトした。

 

 

そして、本日Alphabetも車両も含めた自動運転車両の開発は難しいという判断に至ったようだ。

 

 

あくまでも自動運転システムは、先延ばしにしただけなので、今後も自動運転車両の開発が進められると予測される。

 

 

さらに「Waymo」のWEBページには、完全な自動運転を実現すると公開しており、いつかは完全な自動運転の実現を達成させる意気込みがあるようです。

[The Verge]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)