TOP

2017年12月11日 | テクノロジー

Google Home Mini、アップデートにより隠し機能を解禁か

2012年12月11日にGoogleが、スマートスピーカー「Google Home Mini」のアップデートにより、上部を長押しする操作を側...

2017年12月11日 | テクノロジー

Windows 10、アップデートによりLTE通信機能と電源周りを強化か

2017年12月11日にMicrosoftが、「Windows 10」の次期アップデートによりLTEなどのセルラー機能や電源管理機能を強化す...

2017年12月10日 | テクノロジー

Apple、音楽認識アプリShazamを買収 – Siriの強化へ応用か

2017年12月9日にAppleが、音楽認識アプリである「Shazam」を買収したことが明らかとなりました。   &n...

2017年12月10日 | テクノロジー

【販売間近!?】iMac Proがユーラシア経済委員会の認証を通過

2017年12月7日にAppleから販売予定の「iMac Pro(アイマックプロ)」と思われるディバイスが、ユーラシア経済委員会の認証を通過...

2017年12月10日 | テクノロジー

Apple、iTunesにて音楽のダウンロード販売を2018年に終了か

2017年12月10日にAppleが、iTunes Store(アイチューンズストア)による音楽のダウンロード販売を2018年第4四半期に終...

2017年12月9日 | テクノロジー

Apple、2018年モデルのiPhoneのバッテリーを1割り増しへ

2017年12月9日にAppleが、2018年モデルのiPhone(アイフォン)のバッテリーを1割ほど増量する方針であることが明らかとなりま...

2017年12月9日 | テクノロジー

YouTube、音楽聴き放題サービスを2018年3月より提供開始

2017年12月9日にGoogleが、YouTubeにて音楽聴き放題サービスを2018年3月よりリリースすることが明らかとなりました。 ...

2017年12月9日 | ゲーム

ポケモンGO、ルビー・サファイヤに登場する50種類以上のポケモンを追加へ

2017年12月7日にポケモンGOが、「ポケットモンスター ルビー・サファイヤ」に登場する50種類以上のポケモンを追加したことを発表致しまし...

2017年12月8日 | テクノロジー

Amazonプライム会員向け新サービス「Twitch Prime」がリリース

2017年12月6日にAmazonが、Amazonプライム会員を対処とした新サービス「Twitch Prime」をリリースしたことが明らかと...

2017年12月8日 | テクノロジー

2018年モデルのiPhoneの背面はガラス素材を不採用!? – 金属製素材へ戻る

2017年12月8日にAppleが、2018年モデルの次期iPhoneの中でもLCDディスプレイを搭載しているモデルを対象に、背面のガラス素...

2017年6月9日

【注意!!】新たなマルウェア「Fireball」が世界中で感染が確認される

現地時間2017年6月7日にMalwarebytesによると、マルウェア中でもアドウェアに分類される「Fireball」が世界中で感染されていることが明らかとなりました。

 

現在わかっているだけでも、2億5,000万台のパソコンへ感染しているようです。

 

 

新たなマルウェアFireball

Malwarebytesは、6月7日に公開した「Fireball Chinese malware and you – Malwarebytes Labs|Malwarebytes Labs」にて、新たなマルウェア「Fireball」への注意を呼びかけている。

 

 

「Fireball」は、世界中で感染が確認され、6月7日時点では約2億5,000万台のパソコンへの感染が確認される。

 

 

Malwarebytesは、「Fireball」が感染しているかどうかを確かめる方法や、感染した場合の対処方法などを公開しております。

 

 

「Fireball」に感染した場合の深刻度は非常に高いため、早期的な対策が求められる。

 

 

Fireballとは

「Fireball」は、マルウェアの中でもアドウェアと呼ばれる種類に該当する。

 

 

一般的には、深刻度が低いように見られるが、「Fireball」に限っては、他のマルウェアをダウンロードする機能が備わっている。

 

 

その為、「Fireball」に感染してしまうと、他のマルウェアを呼び寄せてしまい、深刻度が一気に高くなります。

 

 

また、現在「Fireball」は大規模なアドウェアとして機能しているが、将来的に大規模な分散サービス妨害攻撃が可能なマルウェアへ進化する可能性がある。

 

 

その為、2017年に注意を呼びかけられた「WannaCry」のような被害が発生する可能性がある。

 

 

 

 

もう一つの「Fireball」の機能にブラウザの動作に変更を加える機能が搭載されている。

 

 

これにより、「Fireball」の開発者は、不正に広告で収入を得ているのではないかと思われる。

 

 

仮に「Fireball」が不正に広告収入を得る目的で作られたとしても、大規模な攻撃が可能なバックドアが存在するため、早めの対策が必要だ。

 

Fireballによる被害

「Fireball」の感染は、インドだけでも2,500万台が確認されている。

 

 

さらに、ブラジルでは2,400万台、メキシコでは1,600万台、インドネシアでは1,300万台も確認されている。

 

 

米国でも被害が確認されており、550万台のパソコンへ感染し、米国の企業の社内ネットワークの10.7%が被害を受けている。

 

 

 

 

しかし、「Fireball」はWindowsの「コントロールパネル」にある「Programs and Features(プログラムと機能)」により簡単に削除することができる。

 

 

Macの場合は、「Applications(アプリケーション)」からゴミ箱へ移動し、ゴミ箱を空にすることで削除することが可能だ。

 

 

このように「Fireball」の削除は簡単ですが、ウィルス対策ソフトのアップデートを早急に行うことが推奨されております。

[Fireball Chinese malware and you – Malwarebytes Labs]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)