TOP

2017年10月22日 | テクノロジー

Apple Storeのスタッフは、プレミアムモデルであるiPhone Xをオススメしないことが判明

2017年10月22日にApple Storeのスタッフが、2017年に発表されたiPhone Xをおすすめしないことが明らかとなりました。...

2017年10月22日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Pro LTEの販売時期が2018年頭まで遅れることを発表

2017年10月22日にMicrosoftが、「Surface Pro」のLTEモデルが2018年の頭まで販売時期が遅れてしまうことを発表致...

2017年10月21日 | テクノロジー

Apple、11月分のiPhone Xの初回販売台数として200~300万台を確保か

2017年10月21日にAppleから販売予定の「iPhone X」が、11月分の初回販売台数として200~300万台が販売される可能性が明...

2017年10月21日 | テクノロジー

Apple、10月に新製品関連のイベントの開催予定が無いことを発表へ – iMac ProやMacBookは無し!?

2017年10月21日にAppleの幹部が、2017年10月に新製品関連の発表イベントを開催する予定が無いことを発表いたしました。 &...

2017年10月20日 | ゲーム

ポケモンGO、ハロウィンイベントを発表へ – 魔女の帽子をかぶったピカチュウも登場

2017年10月20日にNianticは、ポケモンGOにて秋のハロウィンイベントを開催することを発表致しました。   ...

2017年10月20日 | テクノロジー

転売屋、iPhone Xの転売価格が34万円であることを予想

2017年10月20日にAppleから販売予定の「iPhone X」の転売価格が、最大で約34万円になる可能性が明らかとなりました。 ...

2017年10月20日 | テクノロジー

ティム・クックCEOが「Mac miniはこれからも重要であり続ける」とコメント – 新型Mac miniの登場に期待高まる

2017年10月20日にAppleのCEOであるティム・クックCEOが、Mac Miniについて「Mac Miniはこれからも重要であり続け...

2017年10月19日 | テクノロジー

【意外!?】アメリカでは新型iPhone 8よりもiPhone 7が人気であることが判明

2017年10月19日にアメリカでは、Appleから新たに発表された「iPhone 8」よりも前モデルである「iPhone 7」のほうが人気...

2017年10月19日 | テクノロジー

iOS 11、バグによりロック画面から写真へアクセスできることが判明

2017年10月19日にAppleから公開されている「iOS 11」のバグにより、ロック画面から簡単に写真へアクセスできてしまうことが明らか...

2017年10月19日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Book 2の発表と同時にキャッシュバックキャンペーンやを発表

2017年10月19日にMicrosoftが、「Surface Book 2」の発表と同時にキャッシュバックキャンペーンを開始したことが明ら...

2017年6月2日

Google、次期Google Chromeで低品質な広告をブロックする機能を追加か

米国時間2017年6月1日に米Googleは、同社のインターネットブラウザである「Google Chrome」の次期バージョンで、低品質な広告をブロックする機能を追加することを発表致しました。

 

 

低品質な広告をブロック

米Googleは、「Google Chrome」の次期バージョンで、低品質な広告をブロックする機能を追加予定であることが明らかとなりました。

 

 

 

 

次期「Google Chrome」では、ブラウザに表示されるオンライン広告に対し、「Better Ads Standards」を基準として低品質な広告をブロックすることを公式ブログで発表している。

 

 

なおGoogle公式ブログからは、具体的にどのバージョンで次期「Google Chrome」に本機能が採用されるか、発表されませんでした。

 

 

Googleの方針

Googleは公式ブログにて、多くのWEBクリエーターはオンライン広告を使用して稼いでいることを認識していることを明らかにしている。

 

 

しかし、出回っているオンライン広告の多くは、ユーザーの視点から考えると、迷惑であることが多いことを発表した。

 

 

具体的な問題として、ページへアクセスした途端に音楽が流れ出すWEBページや、WEBページの内容を知るために10秒以上待たされることを挙げている。

 

 

他にも、誤クリックを招くような動的な広告なども問題視されている。

 

 

近年のGoogleの行動

Google や Facebookなどの大企業やインタラクティブ広告業界団体のIAB(The Interactive Advertising Bureau)が立ち上げた団体、「Coalition for Better Ads」が近年、活発に活動しているとの報告が挙がってきている。

 

 

Googleは、「Better Ads Standards」の基準として、2018年の初めにオンライン広告のブロック機能を搭載した「Google Chrome」を公開する予定であることを発表した。

 

 

対象となるオンライン広告は、他社製のオンライン広告のみならず、同社の「Google Adsense」による広告も対象となるようだ。

 

 

「Google Adsense」については、Googleの判断によっては、広告の停止を実施することもあるようだ。

 

 

なお、「Better Ads Standards」における低品質な広告の例は、下記をご参照ください。

 

Google Blog

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)