TOP

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、オリジナル番組作成のため、大物司会者オプラ・ウィンフリー氏と数年契約を結ぶ

2018年6月18日にAppleが、「Apple TV」などのコンテンツ向け自社製番組のために、大物司会者を数年契約で締結したことが明らかと...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、Macシリーズのハードウェアアップデートに大きな問題を抱えている

2018年6月18日にAppleが、Macシリーズにてハードウェアアップデートに大きな課題を生じていることが明らかとなりました。 &n...

2018年6月17日 | テクノロジー

Apple、2019年モデルのiPhoneにも液晶ディスプレイを搭載へ

2018年6月17日にAppleが、2018年モデルに引き続き2019年モデルのiPhoneでもLCDディスプレイ(液晶ディスプレイ)モデル...

2018年6月17日 | テクノロジー

Intel、2018年モデルのiPhone向けにモデムチップの生産を開始へ

2018年6月17日にIntelが、2018年秋ごろに販売予定の2018モデルのiPhone向けにモデムチップの生産を開始したことが明らかと...

2018年6月16日 | テクノロジー

Grayshift、iPhoneのロック解除装置にてiOS 12に対応済みであると発表

2018年6月16日にGrayshiftが、iPhoneのロック解除を行う装置にて、すでに「iOS 12」を対象とした対策を取っていることを...

2018年6月16日 | ゲーム / テクノロジー

Steam Link、アプリ内でゲームの購入はできない!?PCでの購入をうながす仕様へ

2018年4月16日に「Steam Link」が、アプリ内でゲームを購入できる機能を廃止し、代わりにパソコンで購入を促す機能へ変更する可能性...

2017年5月21日

次期Apple Watch!? – ベルトと画面が一体型になるかも

現地時間2017年5月18日にAppleが特許申請した内容を米特許商標庁(USPO)が公開しており、その中に次期Apple Watchの情報も公開されていることが明らかとなりました。

 

 

ウィロー・ガラスを採用

米特許商標庁(USPTO)が公開したAppleの特許申請に、Corming社が新たに開発した技術「ウィロー・ガラス」に関する情報が公開されている。

 

 

 

Corming社は、多くのスマートフォンに採用されている強度のがあるガラス「ゴリラガラス」で有名だ。

 

 

Corming社が開発した「ウィロー・ガラス」は、非常にしなやかなガラスであり、重要も軽いく、厚さも薄い。

 

 

「ウィロー・ガラス」が採用されれば、Apple Watchの素材がガラスになるため、高級感が増すでしょう。

 

 

ベルトにもディスプレイ

公開された特許申請には、次期Apple Watchのディスプレイがベルト部分まで伸びている事がわかる。

 

 

特許申請には、ディスプレイはベルトや止め金具まで含むと書かれているため、デザインの信憑性については間違いないだろう。

 

 

またディスプレイは、ベルトや止め金具を含めて、一体型するようだ。

 

 

公開された情報には、バックライトと制御用マイクロチップの配置図も公開されている。

 

 

 

この図を見る限り、やはりディスプレイは文字盤からベルトまで一体型されたディスプレイとなるようだ。

 

 

次期Apple Watchに関する噂

次期Apple Watchは、BluetoothのほかにもLTE回線を利用することが出来るようになると噂されている。

 

 

これによりApple Watchは、iPhoneに依存せず単体で機能することが可能だ。

 

 

また、Apple Musicと組み合わせれば、iPhoneを介さずに音楽を聞くことも可能になる見込みとなっている。

 

 

ですが、Apple WatchがLTE回線を利用できるようになると、幾つかのデメリットが挙げられる。

 

 

一つ目は、バッテリー駆動時間だ。

 

 

Apple Watchのバッテリー駆動時間は、お世辞にも長いとは言えないだろう。

 

 

LTE回線に対応すると、尚更バッテリー駆動時間が短くなることが懸念されます。

 

 

2つ目は、価格だ。

 

 

Apple Watchは、他のウェアラブルディバイスよりも若干高額だ。

 

 

LTE対応版Apple Watchが登場すれば、間違いなく高額になるだろう。

 

 

さらにネット上では、Apple WatchがLTEに対応しても、結局はBluetoothによりiPhoneと繋げることになり、LTEに回線を利用する場面はほぼ無いだろうと言われている。

 

 

Appleは、LTE対応版Apple WatchにMacBookのTouch Barモデルと非Touch Barモデルのように、スペック面でも差別化しなければ、需要を生み出すことができないと予測されている。

[Patently Apple]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)