TOP

2018年6月20日 | テクノロジー

米スターバックス、従業員の再教育のために23,000万台のiPadを導入へ

2018年6月20日に米スターバックスが、従業員の再教育ためにAppleの「iPad」を23,000万台も購入していたことが明らかとなりまし...

2018年6月20日 | テクノロジー

Apple、2018年モデルiPhone向けにディスプレイを発注開始!-売れ筋はiPhone X Plusか

2018年6月20日にAppleが、2018年モデルのiPhone向けにディスプレイの発注を開始したことが明らかとなりました。 &nb...

2018年6月19日 | テクノロジー

Twitter、Apple Watch向けに公式アプリ「Chirp for Twitter」をリリース!

2018年6月19日にTwitterが、Appleのウェアラブルデバイス「Apple Watch」向けに公式アプリ「Chirp for Tw...

2018年6月19日 | テクノロジー

iPhone SE 2の販売日は2019年になるかもしれない-3モデルの保護フィルムがリーク

2018年6月19日にAppleから販売が噂されている「iPhone SE」の後継機「iPhone SE 2(アイフォンエスイー2)」の販売...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、オリジナル番組作成のため、大物司会者オプラ・ウィンフリー氏と数年契約を結ぶ

2018年6月18日にAppleが、「Apple TV」などのコンテンツ向け自社製番組のために、大物司会者を数年契約で締結したことが明らかと...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、Macシリーズのハードウェアアップデートに大きな問題を抱えている

2018年6月18日にAppleが、Macシリーズにてハードウェアアップデートに大きな課題を生じていることが明らかとなりました。 &n...

2017年5月20日

Apple、すでに10.5インチ版iPad Proを量産中か

2017年5月19日にAppleが新たに開発している「10.5インチ版iPad Pro」が2017年3月~4月に量産を開始されていることが新たに分かりました。

 

 

また、やはりiPad miniの新しいモデルは登場しないようです。

 

 

10.5インチ型iPad Proの量産開始

DigiTimesによるとAppleは、すでに新しい「10.5インチ型iPad Pro」の量産を始めているようだ。

 

 

 

同誌の得たサプライチェーンからの情報によると、「10.5インチ型iPad Pro」のサプライチェーンの出荷台数が増加していることが確認されております。

 

 

「10.5インチ型iPad Pro」の出荷量は、7月には60万台まで増加し、年間出荷台数は500万台に到達すると報じられている。

 

 

また同誌によると、市場ウォッチャーから以下の情報を得ることができたようです。

 

 

 

Appleが最近になって安価な9.7インチのiPadを発売したことで、タブレットの需要は第2四半期末から強く回復し、第3四半期にピークに達しました。

6月のiPadの出荷台数は、7月には400万台を超えるみこみだ。

 

 

このことから、廉価版iPadが好調であり、Appleのタブレットのブランド力は健在であることがわかります。

 

12.9インチのiPad Proは?

Appleは、「10.5インチ型iPad Pro」のほかにも「12.9インチ型iPad Pro」もアップグレードする予定であると噂されております。

 

 

しかし、同誌によるとAppleは「10.5インチ型のiPad Pro」の量産をまだ実施していないようだ。

 

 

Appleの量産スケジュールは、今だ入手されておりませんが、おそらく6月には安定した出荷量で生産されてくと予測されております。

 

 

そのため、今年の第3四半期には何かしらの情報が入ってくると推測される。

 

 

iPad miniの廃止

Appleのサプライチェーンからの情報によると、安価な「9.7インチ型のiPad」はiPad mini 4の代わりになると予測されている。

 

 

そのため今後、新しいiPad miniが発表される可能性は低いと推測されております。

 

 

悲しいことにAppleが新しい製品戦略を繰り広げているにもかかわらず、2017年のiPadの出荷量は2016年よりも減少している。

 

 

このことから、タブレット市場自体が衰退していることがわかります。

 

 

今後Appleは、消費者受けが良い廉価版モデルと従来どおりのモデルで市場に対応していくと予測されます。

[DitiTime]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)