TOP

2018年7月23日 | テクノロジー

Apple、従業員向けにHomePodのベータ版を配信-新機能を複数確認

2018年7月23日にAppleが、従業員向けにスマートスピーカー「HomePod」用のベータ版OSを配信していることが明らかとなりました。...

2018年7月23日 | テクノロジー

Google、2018年10月のイベントで第2世代の「Pixelbook」を発表か

2018年7月23日にGoogleが、10月に開催予定のハードウェア発表イベント「Made by Google」にて、第2世代の「Pixel...

2018年7月22日 | テクノロジー

Apple、iOS 12で通知機能を変更-通知のグループ化など

2018年7月22日にAppleが、2018年末にリリース予定の「iOS 12」にて通知機能を一新することが報じられております。 &n...

2018年7月22日 | テクノロジー

Macbook Pro 13インチ Touch Bar 2018は4ポート全てで最大40Gbpsによる通信が可能に

2018年7月22日にAppleが発表した「Macbook Pro 13インチ Touch Bar 2018」が、4ポートすべて最大40Gb...

2018年7月21日 | テクノロジー

Amazon、アプリへARモードを追加へ-ボルトやネジなど

2018年7月21日にAmazonが、ショッピングアプリにて拡張現実機能である「ARモード」を追加したことが明らかとなりました。 &n...

2018年7月21日 | テクノロジー

iFixit、第3世代のバタフラキーボードがホコリの侵入を防ぐことができるのか実験

2018年7月21日にiFixitが、Appleから発表された第3世代のバタフラキーボードに搭載されたシリコンカバーを対象として実験を行った...

2017年5月18日

LINE、スマホだけでスタンプが作成できるアプリを2017年夏に公開 – 販売も可能!

2017年5月18日にLINEは、クリエイターズ制度3周年を記念して、スマートフォン単体でスタンプの作成や販売を行えるアプリケーションを2017年の夏に公開することを発表致しました。

 

 

クリエイターズ制度3周年!

LINEのスタンプは、芸能人や映画、番組のみならず、多種多様な企業がLINEスタンプを公開しております。

 

 

LINEには、企業以外の一般人がLINEスタンプを作成・販売できる制度「LINE Creators Market」があります。

 

 

LINEが「LINE Creators Market」をサービスインしたのが2014年5月15日なので、今年で3周年となります。

 

 

これを記念して、LINEは誰でもスマートフォン単体でスタンプを作成販売できるアプリケーションを2017年の夏に公開することを発表致しました。

 

 

LINEスタンプを公開するためには

LINEへスタンプを公開するためには、いくつかの手順を踏む必要になります。

 

 

基本的な収益については、販売価格の半分がLINEに行き、残りの半分の金額がクリエイターへ支払われます。

 

 

ただし、支払われる際の手数料は、クリエイターに支払われる金額から差し引かれますので、ご注意ください。

 

 

LINEは、動くスタンプの提供や画面全体に表示されるスタンプなどをクリエイターに公開している。

 

 

さらに近年では、1セット40個の制限から1セット8セットまで制限を緩和している。

 

 

こうした取り組みにより、「LINE Creators Market」を利用するクリエイターは、世界230ヶ国で約72万人まで増えたようだ。

 

 

 

 

また、クリエイターの増加により、スタンプときせかえテーマが40万セットに到達したことも発表している。

 

 

 

これらの実績によりサービス公開から3年間の販売総額は479億円、売上上位10名のクリエイターの平均総額は5億3,000万円に到達したことを発表した。

 

 

 

 

スマホでアプリ開発

従来まで、LINEスタンプを作成するためには、LINEスタンプ専用のイラスト作成ソフトウェアとパソコンが必要でした。

 

 

クリエイターは作成した画像を、LINEが定めたサイズへ調整し、余白などの調整し公開する。

 

 

公開後は、LINEがスタンプを審査し、合格することで始めて販売することが可能になる。

 

 

LINEによると、これらの工程やステップをスマートフォン単体で行えるようにするようだ。

 

 

スマートフォン内で画像のリサイズや余白の調整、審査申請まで行うことができるため、場所を選ばずアイディアが浮かべばすぐに作業することができるメリットがある。

 

 

しかし、余白の調整はペンタブレットなどパソコンで調整することがベストとされておりましたが、スマートフォンアプリケーションでは、どのようなインタフェースで提供されるのかは不明です。

[LINE]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)