TOP

2018年7月20日 | テクノロジー

Apple、第3世代のバタフライキーボードへホコリの侵入を防ぐためにシリコンカバーを採用したことを認める

2018年7月20日にAppleが、「Macbook Pro Touch Bar 2018」へ採用した第3世代のバタフライキーボードへ、ホコ...

2018年7月20日 | テクノロジー

Corning、「Gorilla Glass 6(ゴリラガラス6)」を正式発表

2018年7月20日にCorningが、強化ガラスで有名なゴリラガラスシリーズの最新版として「Gorilla Glass 6(ゴリラガラス6...

2018年7月19日 | テクノロジー

2012年モデルのMacbook Proはサポートが終了されていないかもしれない

2018年7月19日にAppleが、「Macbook Pro Retina Mid 2012」のサポート終了製品へ登録しましたが、2018年...

2018年7月19日 | テクノロジー

Microsoft、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeへの移行を呼びかけ

2018年7月19日にMicrosoftが、同社のブログにてインターネットブラウザである「Internet Explorer」から最新の「M...

2018年7月18日 | テクノロジー

2018年モデルのiPhone用USB Type-C充電アダプタはしばらくは単体購入が難しいかもしれない

2018年7月18日にAppleが、2018年モデルのiPhone向けUSB Type-C充電アダプタがしばらくの間は単体購入が難しい状況と...

2018年7月18日 | テクノロジー

2018年に販売予定の3モデルのiPhone用フロントパネルが流出

2018年7月18日にAppleが2018年秋ごろに販売予定の3年モデルのiPhone用フロントパネルがリークされていることが明らかとなりま...

2017年5月15日

Google、規約違反したサイトの広告を停止する新技術を発表

現地時間2017年5月15日にAlphabet傘下のGoogleは、「Google Adsense」の規約を犯しているサイトに対し、ページ単位で広告を停止する新技術を開発したことが明らかとなりました。

 

Googleの新しい技術

Googleが2017年5月15日発表した新技術は、特定のページの広告を停止することが出来るようだ。

 

 

さらに従来よりも素早く、規約を犯しているサイトに対し、広告の停止を行うことができるようになったことを発表している。

 

 

従来までのGoogleの動きは、「Google Adsense」の規約違反を行ったサイト上、すべての広告を削除する処置を下しておりました。

 

 

しかし、今回Googleが発表した新技術により「Google Adsense」の規約違反を犯した場合は、ページ単位で削除されるようだ。

 

Google Adsenseの印象

従来まで「Google Adsense」の規約違反は、広告主目線で記載されており、規約を犯した管理者に対して厳しい処置が下されておりました。

 

 

しかし、近年の「Google4 Andense」は広告数の上限を取りやめるなど、管理者側の立場に沿った規約の変更が目立っている。

 

 

「Google Andense」の審査は厳しくなっておりますが、利用しやすい広告に仕上がってきております。

 

 

その為、「Google Adsense」の印象は初心者向けから中堅向けの広告サービスに変わりつつある印象を受けます。

 

 

Google狙い

Googleの狙いは、インターネットに公開されているWEBサイトの品質の向上にある。

 

 

公開されている多くのWEBページは、Googleの「Google Adsense」による広告を貼り付けることで収益を得られております。

 

 

Googleは、「Google Andense」の規約を通してWEBサイト全体の品質の向上を呼びかけている。

 

 

その為、「Google Adsense」の規約違反は、WEBサイトの品質の悪さに直結していると言ってもいいでしょう。

 

 

Googleの今後の動き

Googleは、「Google Adsense」を利用するサイト運営者を対象として、新しいポリシーセンターを公開するようだ。

 

 

これによりサイト運営者は、広告が停止された理由や、サイト内にある違反をページ単位で確認することが出来るようになる。

 

 

また2017年後半には、「Google Adsense」のみならず、他のサイト運営者向けプラットフォームと対象とした「ポリシーセンター」を追加する予定であることを発表している。

 

 

「ポリシーセンター」を設置することで、従来よりも管理者とGoogleの細かいコミュニケーションが可能となる。

 

 

なお、「ポリシーセンター」設置において一番期待されるのは、動画配信サイト「YouTube」の「ポリシーセンター」だ。

 

 

「YouTube」は、動画配信者が規約を犯していない場合でも、突然チャンネルが停止される話をしばしば耳にする。

 

 

チャンネルが停止された場合、Googleに問い合わせることで殆どの場合、チャンネルを復活させることが出来ますが、復活まで数日かかる。

 

 

「YouTube」の「ポリシーセンター」が設置されれば、チャンネルの復活までの期間が短縮されると推測される。

[Google]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)