TOP

2017年モデルのSurface Pro(サーフェスプロ)のハンズオン動画が公開

2017年5月23日に米Microsoftは、上海で行われたSurface関連のイベントで新しい「Surface Pro」を発表したことが明らかとなりました。   すでに各メディアから新しい「Surface Pro」のハンズオン動画が公開されているようです。   新しいSurface Pro 2017年5月23日にMicrosoftは、上海で行われたSurface関連のイベントで、新しい「Surface Pro」を発表したことが明らかとなりました。     新しい「Surface Pro」は、Intelの第7世代のプロセッサーを採用しているほか、メモリを最大16GMまで搭載することが可能となっている。     さらに厚さも「8.5mm」まで薄くなり、歴代の「Surface Pro」の中で最も薄くなっている。     さらにLTEモデルも今回はラインアップに加わっており、「Surface Pro」単体でネットワークに接続することが可能になった。     また、Surfaceペンも新しくなり、1,024段階から4,096段階筆圧検知へアップグレードしているようだ。     キックスタンドも再設計され、ヒンジについては、最大165度まで「Surface Pro」を倒すことが可能だ。     新しい「Surface Pro」についての記事は、以下をご参照下さい。     [blogcard url ="http://news-coffee.com/2017/05/23/%e3%80%90%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%e3%80%91microsoft%e3%80%81%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84surface-pro%ef%bc%88%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ad%ef%bc%89%e3%82%92%e7%99%ba/"]     新しいSurface Proのハンズオン動画 Microsoftは、発表と同時にYouTubeに下の動画をすでに公開している。     新しい「Surface Pro」は、公開されてからまだ間もないですが、すでに各メディアから新しい「Surface Pro」のハンズオン動画が公開されているようです。   そこで、いくつか、ハンズオン動画をピックアップしてみました。   Microsoft Surface Pro (2017) hands-on     こちらの動画では、新しい「Surface Pro」の全体的なデザインを見ることが出来ます。   また、動画内には新しいSurfaceペンとタイプカバーも写っているため、色合いを確認することが出来ます。   ヒンジを最大まで折り曲げた状態や、新しいSurfaceペンとSurface Dialの使用感もわかります。   Surface Pro (2017) - Microsofts neues Arbeits-Tablet im Hands-on /
Read More
2017年モデルのSurface Pro(サーフェスプロ)のハンズオン動画が公開

【まとめ】Microsoft、新しいSurface Pro(サーフェスプロ)を発表 – 2017年モデル

2017年5月23日に米Microsoftは、上海で行われたSurface関連のイベントで新しい「Surface Pro」を発表したことが明らかとなりました。   新しいSurface Pro 米Microsoftは、上海で行われたSurface関連のイベントにて、新しい「Surface Pro」を発表したことが明らかとなりました。         Microsoftによると新しい「Surface Pro」は、800個もの新しいカスタムパーツを採用されており、見かけ以上にアップグレードされているようだ。     また、新しい「Surface Pro」は、前のモデルよりも少し丸みを帯びたデザインを採用しているようです。     事前のリーク情報では、新しい「Surface Pro」は「Surface Pro 5」や「Surface Pro 4」など様々な名前が飛び交っておりましたが、「Surfae Pro」という製品名となっている。     なお新しい「Surface Pro」の価格は、開始価格799ドル(約8万9,000円)となっているようだ(Surfaceペンを含まないモデル)。     予約は本日より受付を開始し、2017年6月15日に発表されるようだ。     なお、LTEもモデルについては、2017年の秋に販売予定です。     Microsoftは、YouTubeにて新しい「Surface Pro」の動画を公開しております。       新しい「Surface Pro」には、新しいSurfaceペンと、新しいAlcantaraキーボードが付属するようだ。   新しいSurface Proの特徴 新しい「Surface Pro」は、前のモデルより細かい変化が多く見受けられる。     そのうちの一つに、冷却性能があげられる。     Surface Proシリーズの最大の弱点であった、冷却性能が新しい「Surface Pro」でようやく改善されるようだ。     新しい「Surface Pro」の冷却スロットは、タブレット上部からフレーム全体にかけて機能するように再設計されている。     また、ファンノイズも「Surface Pro 4」よりも小さくなるよう再設計されている。     さらにスタンドのヒンジは、従来よりも面先を広くすることで、冷却性能を向上させている。     新しい「Surface Pro」は、キックスタンドが改良され、テーブルからより浅い位置まで倒すことが可能になったようだ。     ヒンジについては、最大165度まで対応しているようだ。       これにより、従来よりも紙に書く感覚に近くなり、イラスト作業が大幅にしやすくなったようです。     さらに「Surface Dial」にも対応しており、より一層、ペイントに特化したディバイスへ仕上がっている。     [blogcard url="http://news-coffee.com/2017/02/09/microsoft%e8%a3%bd%e3%80%81surface-dial%e3%81%ae%e5%99%82%e3%82%92%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%9f/"]     新しいSurface Proのスペック 新しい「Surface Pro」は、リーク通りIntelの第7世代のプロセッサー「Kaby Lake」が採用されたようだ。     これにより、バッテリー駆動時間が13.5時間まで向上しており、「Surface Pro 4」の9時間から大幅に伸びている。     また、メモリについては、4GB/8GBまたは16GBから選択することが可能だ。     ディスプレイは、12.3インチのPixelSenseを搭載し、アスペクト比が3:2となるようだ。     また、解像度は、2,736×1,824(267
Read More
【まとめ】Microsoft、新しいSurface Pro(サーフェスプロ)を発表 – 2017年モデル

Appleの自動運転車がカリフォルニア州で目撃される

2017年5月22日にAppleの自動運転車システムのテスト車両が、カリフォルニア州で走っている姿が目撃されていることが明らかとなりました。     Appleの自動運転車 米国時間5月22日にMacRumorsは、Appleがカリフォルニア州で自動運転システムのテスト走行を行っている姿が目撃されていることが明らかとなりました。     Appleは4月14日にAutonomous VehicleをテストするためにDMVの許可を受け、カリフォルニア州で自動運転システムのテストを行えるようになりました。     使用されるテスト車両には、Autonomous Vehicleの専門知識を持つ6人のApple従業員によって運転されると報じられている。     またAppleは、自動運転システムのテスト車両にTOYOTAの「Lexus RX」を使用していると報じられており、今回報じられた目撃情報と一致しております。       自動運転システムを搭載した「Lexus RX」には、様々な機器を装備しており、走行しているだけで目立ってしまい、今回のように目撃されてしまったそうです。   Lexus RXの動画 すでに、自動運転システムのテスト中と思われる動画がYouTubeにて公開されております。   テスト車両は、カリフォルニア州パロアルトの101号線を走行していたと報じられている。     また車の上には、Velodyne LiDAR製の複数のレーダーやカメラを装備していることがわかる。     よく見ると、運転席に人が乗っているように見受けられるため、今回の走行は人による手動運転である可能性があります。   Appleと自動車 現在Appleが自動車と関係性を持っているコンテンツは「CarPlay」のみだ。     その為、世間では自動車とAppleの関連性は無いと認知されている。     そこでAppleは、「CarPlay」を超えた遥かに進化したバージョンを提供し、Appleと各自動車メーカーと連携できるようにすることが目的だ。     Appleが自動車の製造に携わることで、自動車メーカーへ自動運転システムのテクノロジーを提供し、利益を上げることが出来る。     カリフォルニア州では、自律車両試験プログラムに参加する企業は、移動したマイルや発生した事故など、テストプロセスに関する多くの情報を共有するために、離脱レポートを提出することを義務付けております。     これに対しAppleは、DMVへ離脱レポートにどのデータを含める必要があるかを明確にするために、規則を変更するよう依頼している。     これについて、現在DMV側の動きはなく、少々問題となっているようだ。 [MacRumors]
Read More
Appleの自動運転車がカリフォルニア州で目撃される

iPhone 8、Touch IDは画面一体型でもなく背面でもない!? – 電源ボタンと一体型か

2017年5月23日にAppleから販売されるiPhone 8の金属型が新たに公開されていることが明らかとなりました。   新しい金属型から、iPhone 8のTouch IDが画面一体型でもなく、背面でもなく、電源ボタンと一体型されると報じられております。     新たな金属型が公開 Benjamin Geskin氏がTwitterにて、Apleから2017年中に発表されるであろう「iPhone 7s/7s Plus」と「iPhone 8」の公開したことが明らかとなりました。     iPhone X (#iPhone8) with iPhone 7s and 7s Plus. Form is 100% confirmed. Touch ID in power button or display. (99% NOT on the back)
Read More
iPhone 8、Touch IDは画面一体型でもなく背面でもない!? – 電源ボタンと一体型か

Microsoft、発表イベントの前に新型「Surface Pro」の新しいタイプカバーを先行公開

2017年5月22日にMicrosoftのパノス・パナイ氏は、2017年5月23日に開催予定のSurface関連のイベントを前に、新しい「Surface Pro」のタイプカバーを公開していることが明らかとなりました。     新しいタイプカバーを先行公開 Microsoftの在籍する「Surface」プロジェクトの創業者であるパノス・パナイ氏は、Twitterにて新しい「Surface Pro」のものと思われるタイプカバーの画像をツイートしていることが明らかとなりました。     Working session. 30 hours to go. #MicrosoftEvent #Surface #Shanghai https://t.co/u12oAeULxF pic.twitter.com/H1jQI1d94x — Panos Panay (@panos_panay) 2017年5月22日   パナイ氏は、イベントまでの時間は残り30時間というツイートとともに、4色の新しいタイプカバーを公開している。     公開された画像から、新しいタイプカバーは「Surface Laptop」と同じアルカンターラ素材が採用されるようだ。     また、タイプカバーのバックライトがキーの下にLEDを搭載しているのではなく、キーの文字が光っていることから、キー自体もアップデートされていると推測されます。     新しいSurface Proは4?5? 以前パイナ氏がTwitterにて、「Surface Pro 5と言われる製品は存在しない」とツイートしていることから、5月23日のイベントで「Surface Pro 5」は発表されないと推測される。     また、同氏によると現在販売されている「Surface Pro 4」は、5年間にわたり競争力を維持することができるとコメントしている。     つまり「Surface Pro 4」が販売されたのは、2015年なので、「Surface Pro 5」が販売されるのは、5年後の2020年となる。     そのため、5月23日に発表される新しい「Surface Pro」は、「Surface
Read More
Microsoft、発表イベントの前に新型「Surface Pro」の新しいタイプカバーを先行公開

Apple、iPhone 8の背面へTouch IDを採用か – 5月3日時点の画像がリーク

2017年5月22日にAppleから販売される「iPhone 8」に関する資料が流出し、背面に「Touch ID」が搭載されていることが明らかとなりました。     資料の日付は、2017年5月3日と書かれていることから最新の資料であることがわかります。     iPhone 8と思われる資料が流出 リーク情報で有名な /LEAKSは、Appleから2017年に発売されると噂されている「iPhone 8」に関する資料を入手したことを発表いたしました。       公開された資料のファイル名に着目すると、「20170503」と記載されていることがわかる。     その為、少なくとも資料が作成されたのは、「2017年5月3日」であり、つい最近であると予測されます。     そこで、今回リークされた画像を紐解いて見ました。   やっぱり背面にTouch ID移動? リークされた画像をみると、Appleのリンゴマークの下に、Touch IDと思われる穴が開けられていることがわかります。     Appleは、画面一体型指紋認証システムの開発を進めておりますが、進捗が良くないと噂されている。     そこで、「画面一体型指紋認証を搭載したモデル」と「Touch IDを背面へ移動させたモデル」の2つのプロトタイプを用意していると言われております。     しかし、2017年5月3日時点では、Appleが「画面一体型指紋認証を搭載したモデル」と「Touch IDを背面へ移動させたモデル」のうち、後者の開発が進んでいることがわかります。     Touch IDが背面へ移動させるデメリットに、机に置いたまま指紋認証を利用できない欠点が挙げられる。     さらに「Apple Pay」を利用するときは、Touch IDに指を置いたまま決算を済ませるのではなく、一度指紋認証を通した後にiPhoneをかざす必要が生じる。     その為、多くのユーザーは画面一体型指紋認証センサーの搭載をAppleに望んでおります。     カメラ周りの仕様は? 「iPhone 8」関連のリーク情報で、最も統一性がないモジュールはカメラ周りだ。     今回のリーク画像をみると、デュアルカメラの下に「マイク」と「LEDフラッシュ」が採用されていることがわかります。     ですが、他のリーク画像をみると、デュアルカメラの間に「マイク」と「LEDフラッシュ」が採用されているようです。     iPhone関連のリーク情報では、カメラ周りで信憑性が極めて高いリーク情報が存在すれば、現在挙がっているリーク情報の中からどれが信用できるか判断することが可能になる。     しかし、今回のリーク情報の正確な出所が不明なため、信憑性はかなり低いと推測されております。     ですが、iPhone 8の各モジュールは、間もなく量産体制に入ると噂されているため、Apple内部で仕様は固まっていると思われます。 [/LEAKS]
Read More
Apple、iPhone 8の背面へTouch IDを採用か – 5月3日時点の画像がリーク

Microsoft、Cortanaを搭載したスピーカー型ディバイス「Invoke」を2017年秋にリリースか

2017年5月20日にHarman Kardonは、Microsoftと共同開発した、音声アシスタント「Cortana」を搭載したスピーカー型ディバイス「Invoke」を発表したことが明らかとなりました。     なお、「Invoke」は、2017年秋にMirosoft Storeにて販売される予定です。     Invokeとは 「Invoke」とは、Harman KardonとMicrosoftが開発したスピーカー型ディバイス(スマートスピーカー)だ。         「Invoke」は、Microsoftの音声アシスタントシステム「Cortana」を採用している。     これにより、Amazonから販売されている「Amazon Echo」と同じように、音声により情報を得ることが可能になる。     なお「Invoke」は、2017年の秋にMicrosoft Storeにて米国のみで販売される予定だ。     Invokeの強み 「Invoke」は、ユーザーの声に応じてスケジュールやカレンダーの管理、スマートホーム対応ディバイス制御、音楽の再生、最新のニュース情報などを得ることができます。     「Invoke」の強みは、Microsoft関連のサービスを音声認識により、利用することが可能な点が挙げられる。     現在公開されている情報では、音声認識により「Skype」を利用することができるようだ。     音声アシスタント「Cortana」を通して、電話をかけたい相手へ通話をすることが加納だそうだ。     MicrosoftのAI製品部門VPを担当するJordi Ribas氏は次のように述べている。     Harman Kardon社と提携して制作したプレミアムオーディオのスタイリッシュなデザインと、Cortanaのインテリジェンスを組み合わせたスピーカーにワクワクしています。 Cortanaをさらに多くのデバイスに導入することで、ユーザーがどこにいても生産性を高めることが次のステップです     開発キットの公開 Microsoftは、シアトルで行ったデベロッパー向けカンファレンスで、CortanaスキルキットとCortanaソフトウェア開発キットを公開する予定であることを発表している。       この開発キットを利用することで、Cortanaを搭載しているすべての「Windows」や「Invoke」を含む「Cortana」を搭載したスピーカ型ディバイスのソフトウェアを開発することが可能になる。       これにより、開発されたソフトウェアはAmazonの「Amazon Echo」の数を大幅に越え、「Invoke」を搭載した多くのディバイスで動作することができる。     またMicrosoftによると、Cortanaは、「Alexa Skills Store」が提供している1万件以上のスキルを追加機能として提供予定であることをアナウンスしている。     Microsoftは、Amazonの「Amazon Alexa」よりも後出しで音声アシスタント事業へ参入しましたが、Amazonを越える日はそう遠くないかもしれません。 [THE BRIDGE]
Read More
Microsoft、Cortanaを搭載したスピーカー型ディバイス「Invoke」を2017年秋にリリースか

Intel、HDDを高速化する「Intel Optane Memory」の32GBモデルを発売

2017年5月20日にIntelは、HDD向けキャッシュ用の「M.2」規格を採用した「Intel Optane Memory」を発表したことが明らかとなりました。     なお、16GBモデルの型番は2017年4月末に、すでに発売されております。     Intel Optane Memory 32GBを発売 2017年5月20日にIntelは、新しいメモリ技術「3D Xprint」を採用したキャッシュ専用SSD「Intel Optane Memory」へ、新たに32GBモデルとラインアップに追加したことを発表致しました。     「Intel Optane Memory」の32GBモデルの型番は、「MEMPEK1W032GAXT」となっております。     なお、16GBモデルの型番は「MEMPEK1W016GAXT」となっており、2017年4月末に、すでに発売されております。     Intel Optane Memoryとは HDDやSSDの多くは、SATA規格によりマザーボードと接続されます。     しかし、これではキャッシュが発生するごとに高速なロードを行えないため、パソコンのパフォーマンスを最大まで向上させることはできません。     この問題を解決するために「Intel Optane Memory」は、キャッシュ専用のSSDとして開発されました。     「Intel Optane Memory」とHDDやSSDを組み合わせることで、パソコンのパフォーマンスを大幅に向上させることが可能になります。     なお、インターフェースは「PCI Express(3.0) x2」を採用し、フォームファクターは「M.2 2280」となります。     SSDとしてのスペックは、以下のとおりとなる。     シーケンシャルリード:最大1350MB/sec シーケンシャルライト:最大290MB/sec ランダムリード4K:最大24万IOPS ランダムライト:最大5万5000IOPS MTBF:160万時間     動作環境 動作環境は、Intelの第7世代のCoreプロセッサーとPCHを利用できる「PCI Express×2」または、「PCI Express×4」規格の「M.2」スロットが必要となる。     さらにマザーボードは、Intel 200シリーズ・チップセット搭載モデルも利用条件に加えられている。     なおドライバーは、Intelが配信しているRST(Rapid Storage Technology)15.5以降を適応する必要があります。     「Intel
Read More
Intel、HDDを高速化する「Intel Optane Memory」の32GBモデルを発売
2017年5月12日

Microsoft、iTunesとApple MusicをWindowsストアで提供開始へ

2017年5月12日にMicrosoftが、Appleの「iTunes」と「Apple Music」を年内にWindows Store(ウィンドウズストア)にて、アプリケーションの提供を開始することを発表しました。

 

 

Windows StoreへiTunesを

MicrosortのWindows and Devices部門担当バイスプレジデントであるTerry Myerson氏が、開発者会議である「Build 2017」にて、Appleの「iTunes」と「Apple Music」をWindows Storeへリリースすることを発表いたしました。

 

 

 

同氏によると、Windows Store版の「iTunes」と「Apple Music」は2017年中にリリースすることを発表しております。

 

 

これにより、Windowsではデスクトップ版の「iTunes」とWindows Store版の「iTunes」の2つが存在することになります。

 

 

デスクトップ版とWindows Store版で別れているアプリケーションは、思いのほか多く、「Skype」や「Line」なども2つのアプリケーションをリリースしております。

 

なぜWindows Storeへリリース?

Microsoftが、デスクトップ版として既に公開している「iTunes」をわざわざWindows Storeへ移植したことには理由があります。

 

 

それは、先日発表された「Windows 10 S」が関係している。

 

 

「Windows 10 S」は、「Windows RT」などと同様に、制限が設けられた「Windows 10」となっている。

 

 

「Windows 10 S」で利用できるアプリケーションは、Windows Storeで公開されているアプリケーションのみ利用できる。

 

 

その為、デスクトップ版の「iTunes」を「Windows 10 S」では利用することができません。

 

 

そこで、MicrosoftはWindows Storeへ別途、iTunesをリリースしたと言われております。

 

 

なお、「Windows 10 S」関する情報は、こちらの記事をご参照ください。

 

 

 

Apple Musicも公開!?

同氏の発表では、Appleの「Apple Music」もWindows Storeへ公開するようだ。

 

 

「Windows 10 S」のターゲット層が学生であるため、若者が利用するであろう「Apple Music」に対応したと推測されます。

 

 

Microsoftとしては、「iTunes」と「Apple Music」の対応は「Windows 10 S」の大きなアピールポイントとなるメリットが挙げられる。

 

 

また、Appleとしても月額サービスである「Apple Music」により収益を得られるメリットがある。

 

 

今回の発表は、MicrosoftとAppleの両方にメリットがあるリリースとなっているようですね。

9To5Mac]

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

あなたにおすすめの記事

         

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Now Loading...

Now Loading...