TOP

2018年2月18日 | テクノロジー

イオンモバイル、2018年3月からau回線のMVNOサービスを実施へ

2018年2月17日にイオンモバイルが、2018年3月より格安SIMサービスことMVNOとして、au回線の取扱を開始することが明らかとなりま...

2018年2月18日 | テクノロジー

Apple、WWDC 2018を6月4日に開催か – 新型iPadとMacを発表

2018年2月17日にAppleが、カンファレンスイベント「WWDC 2018」を2018年6月4日に開催する可能性が浮上してきました。 ...

2018年2月17日 | テクノロジー

FacebookがiOS版へリリースした新機能「Protect」はスパイウェアなのか

2018年2月16日にFacebookがiOS版アプリケーションへリリースした新機能「Protect(プロテクト)」がスパイウェアではないか...

2018年2月16日 | テクノロジー

Facebook、15インチのディスプレイを搭載したスマートスピーカーを7月に発表か

2018年2月15日にFacebookが、同社初となるスマートスピーカーを2018年7月に発表する可能性が浮上してきました。 &nbs...

2018年2月16日 | テクノロジー

価格.com、格安SIMの満足度ランキングを発表 – 1位はLine Mobile

2018年2月15日に価格.comが、2018年の格安SIM業者の満足度ランキングを発表したことが明らかとなりました。   ...

2018年2月16日 | テクノロジー

HomePod、滑り止めのシリコンがフローリングにあとを残すことが判明

2018年2月15日にAppleから販売されている「HomePod」のそこに貼られている滑り止めのシリコン素材が、床に跡を残してしまうことを...

2018年2月15日 | テクノロジー

2018年モデルのiPhoneはノッチが小さくなる!? iPad Proはface IDを採用

2018年2月15日にAppleから販売予定の2018年モデルのiPhoneに搭載されれるノッチが、「iPhone X」よりも小さくなること...

2018年2月15日 | テクノロジー

Apple、iOSのバグ件数の増加を理由にアップデート周期の見直しを検討

2018年2月15日にAppleが、iOSやmacOSのバグ報告件数の増加に伴い、これまでのアップデート周期を見直しすることが明らかとなりま...

2018年2月15日 | テクノロジー

Microsoft、折りたたみ式ディバイス「Andromeda(アンドロメダ)」を開発中か – Surface Phone

2018年2月15日にMicrosoftが折りたたみ式ディバイス「Andromeda(アンドロメダ)」を開発中であることが「Windows ...

2018年2月14日 | テクノロジー

Google、ページ表示速度に特化したAMP for Emailを発表 – Gmailにも対応予定

20年2月14日にGoogleがモバイル向けにWEBページを高速に表示できる「AMP」に対応したEmailサービス「AMP for Emal...

2017年5月12日

Microsoft、iTunesとApple MusicをWindowsストアで提供開始へ

2017年5月12日にMicrosoftが、Appleの「iTunes」と「Apple Music」を年内にWindows Store(ウィンドウズストア)にて、アプリケーションの提供を開始することを発表しました。

 

 

Windows StoreへiTunesを

MicrosortのWindows and Devices部門担当バイスプレジデントであるTerry Myerson氏が、開発者会議である「Build 2017」にて、Appleの「iTunes」と「Apple Music」をWindows Storeへリリースすることを発表いたしました。

 

 

 

同氏によると、Windows Store版の「iTunes」と「Apple Music」は2017年中にリリースすることを発表しております。

 

 

これにより、Windowsではデスクトップ版の「iTunes」とWindows Store版の「iTunes」の2つが存在することになります。

 

 

デスクトップ版とWindows Store版で別れているアプリケーションは、思いのほか多く、「Skype」や「Line」なども2つのアプリケーションをリリースしております。

 

なぜWindows Storeへリリース?

Microsoftが、デスクトップ版として既に公開している「iTunes」をわざわざWindows Storeへ移植したことには理由があります。

 

 

それは、先日発表された「Windows 10 S」が関係している。

 

 

「Windows 10 S」は、「Windows RT」などと同様に、制限が設けられた「Windows 10」となっている。

 

 

「Windows 10 S」で利用できるアプリケーションは、Windows Storeで公開されているアプリケーションのみ利用できる。

 

 

その為、デスクトップ版の「iTunes」を「Windows 10 S」では利用することができません。

 

 

そこで、MicrosoftはWindows Storeへ別途、iTunesをリリースしたと言われております。

 

 

なお、「Windows 10 S」関する情報は、こちらの記事をご参照ください。

 

 

 

Apple Musicも公開!?

同氏の発表では、Appleの「Apple Music」もWindows Storeへ公開するようだ。

 

 

「Windows 10 S」のターゲット層が学生であるため、若者が利用するであろう「Apple Music」に対応したと推測されます。

 

 

Microsoftとしては、「iTunes」と「Apple Music」の対応は「Windows 10 S」の大きなアピールポイントとなるメリットが挙げられる。

 

 

また、Appleとしても月額サービスである「Apple Music」により収益を得られるメリットがある。

 

 

今回の発表は、MicrosoftとAppleの両方にメリットがあるリリースとなっているようですね。

9To5Mac]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)