TOP

2017年10月22日 | テクノロジー

Apple Storeのスタッフは、プレミアムモデルであるiPhone Xをオススメしないことが判明

2017年10月22日にApple Storeのスタッフが、2017年に発表されたiPhone Xをおすすめしないことが明らかとなりました。...

2017年10月22日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Pro LTEの販売時期が2018年頭まで遅れることを発表

2017年10月22日にMicrosoftが、「Surface Pro」のLTEモデルが2018年の頭まで販売時期が遅れてしまうことを発表致...

2017年10月21日 | テクノロジー

Apple、11月分のiPhone Xの初回販売台数として200~300万台を確保か

2017年10月21日にAppleから販売予定の「iPhone X」が、11月分の初回販売台数として200~300万台が販売される可能性が明...

2017年10月21日 | テクノロジー

Apple、10月に新製品関連のイベントの開催予定が無いことを発表へ – iMac ProやMacBookは無し!?

2017年10月21日にAppleの幹部が、2017年10月に新製品関連の発表イベントを開催する予定が無いことを発表いたしました。 &...

2017年10月20日 | ゲーム

ポケモンGO、ハロウィンイベントを発表へ – 魔女の帽子をかぶったピカチュウも登場

2017年10月20日にNianticは、ポケモンGOにて秋のハロウィンイベントを開催することを発表致しました。   ...

2017年10月20日 | テクノロジー

転売屋、iPhone Xの転売価格が34万円であることを予想

2017年10月20日にAppleから販売予定の「iPhone X」の転売価格が、最大で約34万円になる可能性が明らかとなりました。 ...

2017年10月20日 | テクノロジー

ティム・クックCEOが「Mac miniはこれからも重要であり続ける」とコメント – 新型Mac miniの登場に期待高まる

2017年10月20日にAppleのCEOであるティム・クックCEOが、Mac Miniについて「Mac Miniはこれからも重要であり続け...

2017年10月19日 | テクノロジー

【意外!?】アメリカでは新型iPhone 8よりもiPhone 7が人気であることが判明

2017年10月19日にアメリカでは、Appleから新たに発表された「iPhone 8」よりも前モデルである「iPhone 7」のほうが人気...

2017年10月19日 | テクノロジー

iOS 11、バグによりロック画面から写真へアクセスできることが判明

2017年10月19日にAppleから公開されている「iOS 11」のバグにより、ロック画面から簡単に写真へアクセスできてしまうことが明らか...

2017年10月19日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Book 2の発表と同時にキャッシュバックキャンペーンやを発表

2017年10月19日にMicrosoftが、「Surface Book 2」の発表と同時にキャッシュバックキャンペーンを開始したことが明ら...

2017年5月10日

iPhone 8のディスプレイのレイアウトが流出 – Androidのようにソフトウェアキーを採用か

2017年5月10日にAppleから販売されるiPhone 8のディスプレイの表示レイアウトが公開されてことが明らかとなりました。

 

 

表示領域にはメインディスプレイとファンクションエリアと呼ばれる領域があることが判明しました。

 

 

ディスプレイ部分

iPhone 8のディスプレイは、フロントカメラや3Dセンサーが上部に配置されることについては、これまでのリーク情報で挙がっている。

 

 

本日のリーク情報では、ディスプレイ上部の表示領域とモジュール領域についての画像が公開されている。

 

 

 

リーク画像の上部右側をみると、FaceTimeカメラ(フロントカメラ)が2つ用意されていることがわかります。

 

 

ほかのリーク情報でも、iPhone 8のフロントカメラがデュアルカメラになると報じられておりますが、どのような機能を利用できるかまでは現在も判明しておりません。

 

 

真ん中にはスピーカーが配置され、左には近接センサーと3Dセンサーと思われるモジュールが搭載されていることがわかります。

 

 

なお、本日のリーク情報では、従来通りのステータスを表示させるユーザーインターフェースも公開されております。

 

 

こちらのリーク画像では、画面上部に「電波感度」や通信会社名、Bluetooth接続状況、バッテリー残量を確認することができる。

 

 

このユーザーインターフェースでは、従来まで通知が表示されていた領域にモジュールが搭載されているため、どのような形で通知を確認できるのか不明です。

 

 

おそらく、こちらの画像はロック画面状態で電源ボタンを押したときの画面が上の画像になると予測されます。

 

 

 

iPhone 8のディスプレイ領域

iBenjamin Geskin‏氏(@VenyaGeskin1)は、Phone 8のリーク情報をTwitterにて公開している。

 

 

 

 

この画像から、今までのリーク情報通りiPhone 8は「5.8インチのディスプレイ」であることがわかります。

 

 

リークされた画像では「Main Display(メインディスプレイ)」と「Function Area(ファンクションエリア)」を確認することができます。

 

 

おそらく、ファンクションエリアの中心に画面一体型指紋認証システムが搭載されると予測されます。

 

 

しかし、画面一体型指紋認証システムが採用されない場合、「ファンクションエリア」をどのように活用していくか想像がつきません。

 

 

もしかすると、Androidのように「戻るボタン」などのソフトウェアキーが実装される可能性があります。

 

 

 

今までのディスプレイについてのリーク情報

本日まで挙がってきたディスプレイに関するリーク情報と今回のリーク情報を整理してみよう。

 

 

情報が一致しているのは、画面サイズと前面のホームボタンの廃止の2点となる。

 

 

iPhone 8のフロントカメラは、デュアルカメラになると報じているメディアもありますが、5月時点でも情報のばらつきがある。

 

 

フロントカメラに関するもう一つのリーク情報として、ディスプレイの下にフロントカメラを搭載することで、ユーザーからは見えないデザインになるとも報じられている。

 

 

フロントカメラをディスプレイの裏に隠すことで、前面全体がディスプレイの表示領域になると言われている。

 

 

本日のリーク情報では、各モジュールが画面の裏に隠れておりませんが、どちらのリーク情報が正しいのかは定かではありません。

[@VenyaGeskin1]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)