TOP

2017年8月20日 | テクノロジー

iPhone 8に搭載予定のA11プロセッサがリークされる

2017年8月20日にAppleから販売予定の2017年モデルのiPhoneに搭載されるプロセッサ「A11」がリークされたことが明らかとなり...

2017年8月20日 | ゲーム

【ポケモンGO】色違いのピカチュウを全世界へリリース – 色違いのピチューも

2017年8月19日にNianticがポケモンGOのイベントを横浜みなとみらいで開催し、色違いのピカチュウを配信しておりましたが、8月19日...

2017年8月20日 | テクノロジー

Motorora、スマートフォンの画面割れを自動修復する特許を取得

2017年8月20日にMotorolaが、スマートフォンのディスプレイが割れても自動的に修復する特許を取得したことが明らかとなりました。 ...

2017年8月19日 | テクノロジー

Google、皆既日食に合わせてAndroid Oの正式版を8月21日に公開へ

2017年8月19日にGoogleが、米国で皆既日食が見られてる8月21日に合わせて、次期Android OSである「Android O」の...

2017年8月19日 | ゲーム

バンダイナムコが格闘ゲーム「鉄拳(TEKKEN)」のスマーフォンアプリを発表 – まずはカナダから

2017年8月19日にバンダイナムコが、大人気格闘ゲーム「鉄拳(TEKKEN)」のスマーフォンアプリをリリース予定であることを発表しました。...

2017年8月19日 | テクノロジー

iPhone 8(アイフォン8)は、9月6日または13日発表か – 他には何が発表!?

2017年8月19日にAppleから販売予定の「iPhone 8」と「iPhone 7s/7s Plus」が2017年9月13日に発表される...

2017年8月18日 | テクノロジー

Apple Watch Seriesは10月~12月の間で販売か – 2017年モデル

2017年8月17日にAppleから2017年中に販売予定の次期Apple Watch「Apple Watch Series 3」が10月~...

2017年8月18日 | テクノロジー

LINE、スマートスピーカー「WAVE」の発送を8月23日へ延期

2017年8月17日にLINEが、同社のスマートスピーカーである「WAVE」の発送時期を2017年8月23日へ延期したことが明らかとなりまし...

2017年8月17日 | テクノロジー

LINE、友達とだけライブ配信できる「チャットライブ」機能を発表

2017年8月17日にLINEは、家族や友達とだけライブ中継が可能な「チャットライブ」機能を発表したことが明らかとなりました。 &nb...

2017年8月17日 | テクノロジー

2017年モデルiPhone用と思われるワイヤレス充電器の部品がリーク

2017年8月17日にAppleから2017年に販売予定のiPhone用と思われるワイヤレス充電器の部品がリークされていることが明らかとなり...

2017年8月17日 | テクノロジー

iPhone 8(アイフォン8)用のバッテリー接着シートがリーク – ワイヤレス充電に対応

2017年8月17日にAppleから販売予定の「iPhone 8」用と思われるバッテリー接着シートがリークされたことがわかりました。 ...

2017年8月17日 | ゲーム

【ポケモンGO】Pokémon GO PARKで配信した色違いのピカチュウを一般公開へ

2017年8月16日にNianticが、横浜みなとみらいで開催したイベント「Pokémon GO PARK」で登場した色違いのピカチュウを一...

2017年8月16日 | テクノロジー

Apple、独自有機ELテレビを開発中か – Apple製スマートテレビ

2017年8月16日にApple独自の有機ELテレビと思われるテスト用のモニター型ディバイスがリークされてことが明らかとなりました。 ...

2017年8月16日 | ゲーム

ポケモンGO、ミュウツーをゲットできるEXレイドを一般公開することを発表 – 伝説レイドも延長へ

2017年8月14日にNianticが、横浜スタジアムで行われたポケモンGOのイベントで登場させた伝説のポケモン「ミュウツー」をEXレイドに...

2017年8月16日 | テクノロジー

iPhone 7sの寸法がリーク – iPhone 7よりも少し大きく

2017年8月16日にAppleから販売予定のiPhone 7sの詳細な寸法がリークされたことが明らかとなりました。   ...

2017年8月15日 | テクノロジー

Apple、Apple Watch Series 3の販売日は2017年10月~12月の間か

2017年8月15日にAppleから2017年に販売予定の「Apple Watch Series 3」が2017年10月~12月に出荷される...

2017年8月15日 | テクノロジー

Apple、2017年モデルのApple WatchはLTEモデルと非LTEモデルのデザインの差は無し

2017年8月15日にAppleから2017年に販売予定の次期Apple Watchが、LTEモデルと非LTEモデルでデザインの変更が無いこ...

2017年8月15日 | テクノロジー

64Bit版FireFoxが64Bit版Windowsへ標準インストール

2017年8月15日にMozillaが、MicrosoftのOSである「Windows」の64bit版を対象として、64bit版「Firef...

2017年8月14日 | ゲーム

【ポケモンGO】ミュウツーが一般配信される前に知っておきたい3つのこと – 捕獲率やボールを投げるタイミング

2017年8月14日に横浜スタジアムで開催されたポケモンGOのイベントにて伝説のポケモン「ミュウツー」が配信されました。  ...

2017年8月14日 | ゲーム

【ポケモンGO】ミュウツーの一般配信はいつ!? – 現在噂されている情報を整理

2017年8月14日にNianticが横浜スタジアムで開催中のポケモンGOのイベントして伝説のポケモン「ミュウツー」がリリースされたことが明...

2017年4月5日

【まとめ】Galaxy S8のスペックや縦長ディスプレイ、Bixbyに迫る

Samsungは、2016年にリコール問題を起こしたため、実質的に約1年ぶりにハイエンドスマートフォンである「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」を発表している。

 

 

 

Galaxy S8の特徴は何と言っても縦長ディスプレイの採用やSnapdragon 835などが挙げられ、様々なバージョンアップが施されている。

 

 

 

そこでGalaxy S8のスペックなどについてまとめてみることにした。

 

 

 

Galaxy S8

Samsungから新たに発売されたGalaxy S8は、Galaxy S7の後継機であり、ハイエンドスマートフォンである。

 

 

 

Samsungは、Galaxy S8に強い思い入れをしており「Unbox your phone」というキャッチフレーズを掲げている。

 

 

 

 

これは今までのようなただのスマートフォンではなく、新しい世代のスマートフォンであると主張している。

 

 

 

 

見た目に関しても、従来までのディスプレイ比率ではなく、「18.5:9」という縦長のアスペクト比を採用していることも特徴的だ。

 

 

 

Galaxy S8のディスプレイ

SamsungがGalaxy S8に搭載しているアスペクト比「18.5:9」のディスプレイを搭載している。

 

 

 

 

この対比は、Galaxy S8とGalaxy S8+の両機種に搭載されており、Galaxy S8では5.8インチディスプレイGalaxy S8+では6.2インチディスプレイを搭載しているようです。

 

 

 

 

 

 

Samsungは、この縦長ディスプレイを採用するにあたり2つの要素を取り入れております。

 

 

 

 

1つ目は、大型ディスプレイの搭載を実現することです。

 

 

 

 

スマートフォンのディスプレイサイズは、4インチから始まり、現在では5インチ〜6インチが主流となっております。

 

 

 

 

スマートフォンの大画面化は、ディスプレイに表示されている情報量が多く見えるため、需要が多いことからGalaxyシリーズに搭載されております。

 

 

 

 

 

2つめは、大画面かつ端末の持ちやすさの実現です。

 

 

 

 

スマートフォンのディスプレイを大画面にすると、必然的に持つづらくなります。

 

 

 

 

この持ちづらさを嫌って、5インチ以下のスマートフォンを好んで購入するユーザーも多く、大画面ディスプレイの大きなデメリットでありました。

 

 

 

 

このデメリットを解消したのが、Galaxy S8に採用された縦長ディスプレイとなります。

 

 

 

 

縦長にすることで、握るようにスマートフォンをホールドでき、大画面のメリットを損なわずにすむことができます。

 

 

 

Galaxy S8のスペック

プロセッサ

Galaxy S8は、Snapdragon835を採用されているようだ。

 

 

 

 

 

Snapdragon835は、現在販売されている全てのスマーフォンのプロセッサより大幅にパワーアップされているプロセッサとなっている。

 

 
動画サイト「Vimeo」に浮上したGalaxy S8のベンチマークでは、過去最高の20万という驚愕な数値を叩き出している。

 

 

 

動画では、「SM-G950」という型番で表示されていることと、製品名が「Galaxy S8」と表記されていることがわかります。

 

 

 

 

現在販売されているスマートフォンは、少なくともAnTuTuのベンチマークで20万を超えたスコアを出した端末は存在しないため、「Galaxy S8」はスマートフォン史上最高スペックを搭載していることになります。

 

 

 

 

またプロセッサは、14nmプロセスから10nmプロセスへと微細化し、小型化など詳細なアップグレードも施されている。

 

 

 

カメラ性能

Galaxy S8のアウトカメラは、Galaxy S7 edgeと同じ「デュアルピクセルセンサーを搭載した1200万画素」を採用しているようだ。

 

 

 

しかし、インカメラに関してはGalaxy S7 edgeの500万画素から800万画素にアップグレードされている。

 

 

 

 

さらにGalaxy S8のインカメラには「オートフォーカス」機能が採用され、より自撮りがしやすい設計になった。

 

 

その他のスペック

Galaxy S8では4GBのメモリや最大64GBの内部ストレージを搭載している。

 

 

 

しかし、このスペックに関しては前のモデルであるGalaxy S7 edgeと変更はない。

 

 

 

ソフトウェア・セキュリティ面では「虹彩認証」と「顔認証」に対応しました。

 

 

 

さらに前面にあった指紋認証センサーは、背面へ移動しNexus 6Pのように手に持ったまま指紋認証を行うことができる。

 

 

 

なおバッテリー容量については、Galaxy S7 edgeの3,600mAhに対し、Galaxy S8では3,000mAhに下がってしまっている。

 

 

 

そのほか、外部接続端子がUSB Type-Cへ変更されるなど細かい変更が見受けられます。

 

 

スペック表

  • OS : Android 7.0
  • プロセッサ : Snapdragon 835 or Samung Exynos(販売地域による)
  • メモリ : 4GB
  • ストレージ : 64GB
  • 外部ストレージ : microSDXC(最大256GB)
  • ディスプレイ(S8) : 5.8インチ Super AMOLED
  • ディスプレイ(S8+) : 6.2インチ Super AMOLED
  • 解像度 : 1440×2960 ppi
  • バッテリー(S8) : 3,000mAh
  • バッテリー(S8+) : 3,500mAh
  • アウトカメラ : 1,200万画素(デュアルピクセルセンサー)
  • インカメラ : 800万画素(オートフォーカス対応)
  • 寸法(S8) : 68.1×148.9×8 mm
  • 寸法(S8+) : 73.4×159.5×8.1 mm
  • 重量(S8) : 155g
  • 重量(S8+) : 173g
  • セキュリティ : 指紋認証、虹彩認証、顔認証
  • 防塵・防水 : IP68
  • 外部端子 USB Type-C, Bixbyボタン

 

Bixby

今回Samsungは新しい機能である「Bixby(ビクシビー)」を発表している。

 

 

 

 

Samsungにとって、この「Bixby」こそが本命のアップデートだと言える内容となっております。

 

 

 

「Bixby」は、簡単に言うとAppleの「Siri」や、Googleの「Google音声アシスト」、Microsoftの「Cortana」のようなアシスタントシステムになります。

 

 

 

 

「Bixby」も上記のアシスタントシステムと同様に文字入力や画面タッチ、音声認識による操作が可能となっております。

 

 

 

 

Samsungは、Galaxy S8に「Bixby」の専用ボタンを用意している。

 

 

 

 

「Bixby」は、Galaxy S8にある「Bixby専用ボタン」を押すことで簡単に起動できるほか、「Bixby」を対応しているアプリケーションであれば「Bixby」を利用した音声認識などによる操作が可能になるようだ。

 

 

 

 

この「Bixby」対応アプリケーションの活用例として、Amazonのようなショッピングサイトのアプリケーションが「Bixby」に対応した場合、「Bixby」を通じてネットショッピングを行うことができる。

 

 

 

 

「Bixby」は、「商品を検索→商品を選ぶ→商品を買う」といったステップを簡単に行えることが最大の利点であり特徴だ。

 

 

 

 

今回のまとめからGalaxy S7 edgeからスペックダウンしたのはバッテリー容量くらいと言えるでしょう。

 

 

 

 

SamsungのGalaxy S8は、日本でも販売猿可能性が高いため、検討してみてはいかがでしょうか。

出典元:engadget

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)