TOP

2018年6月20日 | テクノロジー

米スターバックス、従業員の再教育のために23,000万台のiPadを導入へ

2018年6月20日に米スターバックスが、従業員の再教育ためにAppleの「iPad」を23,000万台も購入していたことが明らかとなりまし...

2018年6月20日 | テクノロジー

Apple、2018年モデルiPhone向けにディスプレイを発注開始!-売れ筋はiPhone X Plusか

2018年6月20日にAppleが、2018年モデルのiPhone向けにディスプレイの発注を開始したことが明らかとなりました。 &nb...

2018年6月19日 | テクノロジー

Twitter、Apple Watch向けに公式アプリ「Chirp for Twitter」をリリース!

2018年6月19日にTwitterが、Appleのウェアラブルデバイス「Apple Watch」向けに公式アプリ「Chirp for Tw...

2018年6月19日 | テクノロジー

iPhone SE 2の販売日は2019年になるかもしれない-3モデルの保護フィルムがリーク

2018年6月19日にAppleから販売が噂されている「iPhone SE」の後継機「iPhone SE 2(アイフォンエスイー2)」の販売...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、オリジナル番組作成のため、大物司会者オプラ・ウィンフリー氏と数年契約を結ぶ

2018年6月18日にAppleが、「Apple TV」などのコンテンツ向け自社製番組のために、大物司会者を数年契約で締結したことが明らかと...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、Macシリーズのハードウェアアップデートに大きな問題を抱えている

2018年6月18日にAppleが、Macシリーズにてハードウェアアップデートに大きな課題を生じていることが明らかとなりました。 &n...

2017年3月23日

Instagram、広告主が全世界で100万を超える

2017年3月23日にFacebookは、同社の傘下であるInstagramの広告主が全世界で100万を超えたことを発表致しました。

 

 

Instagramは、2016年9月に半分である50万を超えており、半年間で広告主が2倍以上に増えたことになります。

 

 

Instagramの動き

Instagramは2016年に「Instagram Stories」をサービスインを行っている。

 

 

「Instagram Stories」は、ユーザーが投稿・シェアした写真や動画などのコンテンツが24時間で消える機能となっている。

 

 

 

Instagramは、2017年3月に「Instagram Stories」での広告提供の開始を行っている。

 

 

 

今や、Instagramは、2017年1月時点で、一日に4億人が利用している大きなコミュニティへ進化している。

 

 

 

この巨大なコミュニティは、僅か1年余りで50万人もの利用者を増やし、100万社を超える広告主を確保できるほど拡大した。

 

 

 

 

Instagramの広告主が、2016年9月時点で50万社、さらに一年前までは20万社であったことを考えると凄まじい勢いであることは明白だ。

 

 

 

Instagramの今後の収入源

2016年8月には、ビジネスコミュニティを対象とした「ビジネスプロフィール」や「Instagramインサイト」、「投稿の宣伝」を発表している。

 

 

 

 

これら3つのサービスのうちビジネスプロフィールは、現在800万社以上が利用している。

 

 

 

しかし、Instagramの広告ビジネスを束ねるJames Quarlesは、Instagramの急成長にはいくつか重要な点があるとしている。

 

 

 

Quarlesは、ユーザーが容易に、興味のある企業へフォローできるだけではなく、Instagramの80%のユーザーが企業をフォローしていることだ。

 

 

 

これは、企業がユーザーへ対して商品などの広告を提供する場として、理想的な立ち位置であるだけではなく、ユーザーはわずか4タップで企業プロフィールへアクセスすることなど様々な利点がある。

 

 

 

Instagramにとって、ビジネスプロフィールサービスは、重要な収入源となっており、同サービスを中心として広告をさらに拡大していくようだ。

 

 

 

さらに2017年後半には、ユーザーがビジネスプロフィールを通して予約などが行えるサービスを用意しているようです。

 

 

 

Instagramは、企業とユーザーをつなぐツールとして、今後新たなサービス拡大が期待できます。

出典元:TC

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)