TOP

2017年9月25日 | テクノロジー

Apple、iPhone Xの品薄状態は2018年まで続く? – 販売後はiPhone 8の売上も増加

2017年9月24日にAppleから販売予定の「iPhone X」の品薄状態が、販売後も2018年まで続くのではないかと予想されていることが...

2017年9月24日 | テクノロジー

Doropbox、アップデートによりiOS 11の「ファイル」へ対応へ

2017年9月24日にクラウドサービスであるDropboxが、最新バージョンにて「iOS 11」の新機能「ファイル」に対応したことが明らかと...

2017年9月24日 | テクノロジー

Java、メジャーアップグレード版である「Java 9 SE」を公開へ – 3年ぶり

2017年9月21日にOracleが、プログラミング言語であるJavaのメジャーアップグレード版である「Java 9 SE」を公開し...

2017年9月24日 | テクノロジー

iFixitがはやくもiPhone 8 Plusの分解レポートを公開

2017年9月23日にiFixitが、Appleから販売されたばかりの「iPhone 8 Plus」の分解レポートを公開していることが明らか...

2017年9月23日 | テクノロジー

iOS 11にアップデートするとバッテリー消費量が2倍に

2017年9月23日にAppleから配信されているiOS 11へアップデートするとバッテリー消費量が2倍になることが明らかとなりました。 ...

2017年9月23日 | テクノロジー

Microsoftから残念ながら販売されなかったSurface Music Kitがリークされる

2017年9月23日にMicrosoftから残念ながら販売されなかった幻のタイプカバー「Surface Music Kit」の開封動画が公開...

2017年9月23日 | テクノロジー / 自動車

Ubar、ロンドンでのタクシー営業免許を失う – 配車サービスが利用不可能に?

2017年9月23日にタクシー業界で有名なUbarが、ロンドンにて配車サービスに不可欠な営業免許を失うことが明らかとなりました。 &n...

2017年9月22日 | テクノロジー

iPhone 8/8 Plusの背面から「総務省指定」文字が削除される

2017年9月22日にAppleは、新型iPhoneとして「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」の販売開始をしましたが、両機種...

2017年9月22日 | テクノロジー

Apple、本日よりApple Watch Series 3の販売を開始へ

2017年9月22日にAppleが、新しいApple Watchとして「Apple Watch Series 3」の販売を本日より介したこと...

2017年9月22日 | テクノロジー

Apple、本日よりiPhone 8 /8 Plusを販売開始 – 開封動画や画面割れも公開される

2017年9月22日にAppleは、新しいiPhoneとして「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」を正式に販売開始されが明らか...

2017年9月21日 | テクノロジー

Google Homeの小型版「Google Home Mini」がFCC認証を通過したことが確認される

2017年9月21日にGoogleが、同社のスマートスピーカー「Google Home」の小型版である「Google Home Mini」が...

2017年9月21日 | テクノロジー

純正充電スタンドAirPowerはApple Watch Series 3以前のモデルには対応せず

2017年9月21日にAppleの純正ワイヤレス充電スタンド「AirPower」が、「Apple Watch Series 3」以前のApp...

2017年9月21日 | テクノロジー

Surface Pro LTE(サーフェスプロLTE)の予約受付が開始! – 価格や仕様も明らかに

2017年9月21日にMicrosoftが、突如同社のイギリスのオンラインストアにて新しく「Surface Pro LTE(サーフェスプロL...

2017年9月20日 | テクノロジー

Google、iOS向けキーボード「Gboard」を日本語対応へ

2017年9月20日にGoogleが、同社のiOS向けキーボード「Gboard」を日本語対応したことが明らかとなりました。  ...

2017年9月20日 | テクノロジー

iPhone 5sはiOS 11で起動時間が10秒以上も遅くなったはなし

2017年9月20日にAppleから公開された「iOS 11」を適応した「iPhone 5s」の動作が遅くなる傾向にあることが明らかとなりま...

2017年9月20日 | テクノロジー

Amazon、fire HD 10 タブレット2017年モデルを正式発表 – 10月11日に販売開始へ

2017年9月20日にAmazonが、新しいfire HDシリーズとして「fire HD 10 タブレット2017年モデル」を正式に発表した...

2017年9月19日 | テクノロジー

米トイザラス、Amazonなどの影響により破産申請へ – 日本法人は引続き営業中

2017年9月19日に米トイザラスが、Amazonなどの大手インターネットショッピングサイトの影響により業績が悪化し、破産申請を行っていたこ...

2017年9月19日 | テクノロジー

Apple、「Apple Pay Cash」の提供を正式発表 – 少し遅れてリリースへ

2017年9月19日にAppleが「Apple Pay Cash」の提供を正式に発表したことが明らかとなりました。   ...

2017年9月19日 | テクノロジー

Microsoft、10月のイベントでSurface Book 2(サーフェスブック2)を発表しない可能性が浮上

2017年9月19日に米Microsoftが、2017年10月にロンドンで開催予定のSurface関連のイベントにて、噂されていた「Surf...

2017年9月18日 | テクノロジー

発売日前に早くもiPhone 8 Plusのハンズオンが公開される!?

2017年9月18日にAppleから2017年9月20日に販売予定の「iPhone 8 Plus」のハンズオン動画が公開されていることが明ら...

2017年3月20日

BMW、2021年までに自動運転に搭載する自律性能をレベル5へ – 自律性能レベル5とは?

現地時間2017年3月16日にBWMは、2021年までに自動運転車にのける自律性能のレベルをレベル3、レベル4、レベル5まで性能を引き上げることがわかりました。

 

 

 

 BMWの自動運転

今回の情報は、2017年3月16日にBMWのベルリンで開催されたパネル席で、自動運転担当上席副社長であるElmar Frickenstein氏からの情報となります。

 

 

 

 

さらに今回の発表では、2021年までに自律性能レベル5を搭載した自動運転車を発表するとしており、完全な自動運転の実現が間近であることを表しております

 

 

 

 

自律性能レベル3については、近年中に実現可能であると各メディアも報じておりますが、自律性能レベル4は、システム主体型の自動運転と定められているため、一般車への搭載はまだ先の話だと思われます。

 

 

 

なお、BMWは、2017年1月7日に自動運転と自動駐車が可能な「5シリーズ」のプロトタイプを公開している。

 

 

レベル5の自律性能

自動運転性能における自律性能レベル5は、自動運転車で有名なテスラ社が2017年26日に「遅くとも6ヶ月以内に自律性能レベル5を搭載した車が登場する」と宣言してから生まれたステージとなっております。

 

 

一般的に自動運転性能は、レベル1からレベル4までに分類されており、これは、日本政府や米国運輸省道路交通安全局 (NHTSA) が自動運転のレベルを4段階として定めております。

 

 

しかし、アメリカのSAEインターナショナルという非履歴団体が定義している自律性能はレベル6まで定めております。

 

 

 

自律性能のレベル

自律性能 レベル1 運転支援

こちらはドライバー主体となっており、あくまでシステムはドライバーの補助として作動しております。

 

 

 

この段階では、システムは加速・操舵・制動が可能なほか、自動ブレーキなどの安全運転支援システムなどといった機能が搭載れております。

 

 

 

 

自律性能 レベル2 部分的運転自動化

レベル2でもまだドライバー主体です。

 

 

レベル1との差別化は「アダプティブクルーズコントロール」が搭載されているか否かで分類されております。

 

 

 

アダプティブクルーズコントロールは、アダプティブクルーズコントロール、レーンキーピングアシストなどを組み合わせることによる運転支援システムを可能とします。

 

 

 

先行車との車間距離を一定の距離で保ったまま自動追従走行を行い、車線を認識した自動操作をおこなうことで、ある程度のカーブを曲がる事もできる。

 

 

自律性能 レベル3 条件付き自動運転

レベル3からシステム主体型の自動運転と呼ばれるようになります。

 

 

 

ここまで来ると、システムが加速・操舵・制動の全てを行いますが、システムが要請したときはドライバーが運転を変わる必要がある。

 

 

 

一定の条件下で自動運転が可能だが、緊急時や、システムが判定できない状況の場合はドライバーが運転する必要がある。

 

 

 

なお、自律性能レベル3が搭載された車で事故が起きた場合は、ドライバーに責任がある。

 

 

 

日本政府は2020年までにレベル3の自動運転車の実用化を目標としている。

 

 

 

自律性能 レベル4 高度自動運転

レベル3との大きな違いは、いかなる場合でもシステムからドライバーへの要請を必要としません。

 

 

 

日本政府は、レベル4の自律性能を2020年後半に実用化するようとのこと。

 

 

 

自律性能レベル4までくると、無人タクシーやバスなどの実用化が可能になります。

 

 

 

自律性能 レベル5 完全自動運転

レベル5では、文字通り完全な自動運転が可能となります。

 

 

全ての判断や運転操作をシステムが行います。

 

 

 

 

そのため、システムからの要求を必要としないことや、自動運転を行う条件が無いためドライバーは何もする必要はありません。

 

 

 

 

この自律性能レベル5が2021年に実現されるのであれば、人間の生活や経済に大きな変化が生じると推測されています。

出典元:TC

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)