TOP

2018年6月20日 | テクノロジー

米スターバックス、従業員の再教育のために23,000万台のiPadを導入へ

2018年6月20日に米スターバックスが、従業員の再教育ためにAppleの「iPad」を23,000万台も購入していたことが明らかとなりまし...

2018年6月20日 | テクノロジー

Apple、2018年モデルiPhone向けにディスプレイを発注開始!-売れ筋はiPhone X Plusか

2018年6月20日にAppleが、2018年モデルのiPhone向けにディスプレイの発注を開始したことが明らかとなりました。 &nb...

2018年6月19日 | テクノロジー

Twitter、Apple Watch向けに公式アプリ「Chirp for Twitter」をリリース!

2018年6月19日にTwitterが、Appleのウェアラブルデバイス「Apple Watch」向けに公式アプリ「Chirp for Tw...

2018年6月19日 | テクノロジー

iPhone SE 2の販売日は2019年になるかもしれない-3モデルの保護フィルムがリーク

2018年6月19日にAppleから販売が噂されている「iPhone SE」の後継機「iPhone SE 2(アイフォンエスイー2)」の販売...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、オリジナル番組作成のため、大物司会者オプラ・ウィンフリー氏と数年契約を結ぶ

2018年6月18日にAppleが、「Apple TV」などのコンテンツ向け自社製番組のために、大物司会者を数年契約で締結したことが明らかと...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、Macシリーズのハードウェアアップデートに大きな問題を抱えている

2018年6月18日にAppleが、Macシリーズにてハードウェアアップデートに大きな課題を生じていることが明らかとなりました。 &n...

2017年3月15日

iOS版Chrome、あとで読む機能「リーディング リスト」機能を追加 – バグも発見

2017年3月15日にGoogleは、iOS版Chromeにて、オフラインでも読める新機能として「リーディング リスト」に対応したことが明らかとなりました。

 

 

 

これにより圏外状況下でのWEBページの閲覧可能になり、iPod Touchのようにモバイル通信機能が搭載されていない端末でも前もって「リーディング リスト」へ追加することにより、いつでも閲覧することが可能となりました。

 

 

 

リーディング リスト

リーディング リストに対応したGoogle Chromeのバージョンは「Chrome 57」となっており、こちらは2017年3月14日にリリースされたバージョンとなっております。

 

 

リーディング リスト機能に対応しているiOSのブラウザは、標準ブラウザであるSafariやiOS版FireFoxなどがあげられ、Googleは「Google Chrome」への対応が少し遅かったことがわかります。

 

 

なお、リーディング リスト機能は、Safariで保存したページをFireFoxやGoogle Chromeなどの他のブラウザ(アプリケーション)で閲覧することはできないため、あくまでも同一のブラウザのみ利用することができます。

 

 

利用方法

保存したいページで「右上のメニュー」をタップし、iOSの共有アイコンをタップします。

 

 

そうすると、iOSの共有ポップアップが表示され、下の列にGoogle Chromeアイコンで「あとで読む」が表示されますのでこちらをタップします。

 

 

 

 

タップ後に、Google Chromeのメニューボタンをタップし、「リーディング リスト」をタップします。

 

 

リーディング リストのポップアップが表示され、先程保存したWEBページがリストに追加で確認できます。

 

 

これによりオフライン環境でも、自由にWEBページを閲覧することができます。

 

 

 

 

なお、Safariのリーディング リストは、iCloudを経由することでiOS端末のみならず、OS Xでも閲覧が可能となっております。

 

 

 

 

これに対し、Google ChromeはあくまでもiOS版のGoogle Chromeのみしか対応されておらず、保存したWEBページすら閲覧することができません。

 

 

 

 

さらに管理人の状況で、Google Chromeでリーディング リストを利用してもうまく保存されない状況を確認しております。

 

 

リーディングリストとして保存しましたが、テキストのみ表示され、CSSや表示領域外(スポンサーリンクより下)が表示されませんでした。

 

 

 

 

これは、スポンサーリンク配下がうまく保存できなかったと見られますが、CSSなどが適応されていないこともあり、原因不明です。

 

 

 

 

対して、iOS標準ブラウザであるSafariで確認してみた結果、JavaScriptの動きやCSSも完璧に再現されております。

 

 

もちろん両者とも機内モードで検証しております。

 

 

今回の検証では、Google Chromeでうまく保存できない問題が発見されたため、こちらのバグ修正の他に、iOS以外のGoogle Chromeに対応することを願います。

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)