TOP

2017年12月11日 | テクノロジー

Google Home Mini、アップデートにより隠し機能を解禁か

2012年12月11日にGoogleが、スマートスピーカー「Google Home Mini」のアップデートにより、上部を長押しする操作を側...

2017年12月11日 | テクノロジー

Windows 10、アップデートによりLTE通信機能と電源周りを強化か

2017年12月11日にMicrosoftが、「Windows 10」の次期アップデートによりLTEなどのセルラー機能や電源管理機能を強化す...

2017年12月10日 | テクノロジー

Apple、音楽認識アプリShazamを買収 – Siriの強化へ応用か

2017年12月9日にAppleが、音楽認識アプリである「Shazam」を買収したことが明らかとなりました。   &n...

2017年12月10日 | テクノロジー

【販売間近!?】iMac Proがユーラシア経済委員会の認証を通過

2017年12月7日にAppleから販売予定の「iMac Pro(アイマックプロ)」と思われるディバイスが、ユーラシア経済委員会の認証を通過...

2017年12月10日 | テクノロジー

Apple、iTunesにて音楽のダウンロード販売を2018年に終了か

2017年12月10日にAppleが、iTunes Store(アイチューンズストア)による音楽のダウンロード販売を2018年第4四半期に終...

2017年12月9日 | テクノロジー

Apple、2018年モデルのiPhoneのバッテリーを1割り増しへ

2017年12月9日にAppleが、2018年モデルのiPhone(アイフォン)のバッテリーを1割ほど増量する方針であることが明らかとなりま...

2017年12月9日 | テクノロジー

YouTube、音楽聴き放題サービスを2018年3月より提供開始

2017年12月9日にGoogleが、YouTubeにて音楽聴き放題サービスを2018年3月よりリリースすることが明らかとなりました。 ...

2017年12月9日 | ゲーム

ポケモンGO、ルビー・サファイヤに登場する50種類以上のポケモンを追加へ

2017年12月7日にポケモンGOが、「ポケットモンスター ルビー・サファイヤ」に登場する50種類以上のポケモンを追加したことを発表致しまし...

2017年12月8日 | テクノロジー

Amazonプライム会員向け新サービス「Twitch Prime」がリリース

2017年12月6日にAmazonが、Amazonプライム会員を対処とした新サービス「Twitch Prime」をリリースしたことが明らかと...

2017年12月8日 | テクノロジー

2018年モデルのiPhoneの背面はガラス素材を不採用!? – 金属製素材へ戻る

2017年12月8日にAppleが、2018年モデルの次期iPhoneの中でもLCDディスプレイを搭載しているモデルを対象に、背面のガラス素...

2017年3月11日

タグ・ホイヤー、「Android Wear 2.0」搭載の新型スマートウォッチを3月14日に発売か

2017年3月11日に、高級腕時計ブランドである「タグ・ホイヤー」が、「Android Wear 2.0」を搭載した新型スマートウォッチのティザー画像を公開し、3月14日に発表することを公表しました。

 

 

 

 

 

 

「タグ・ホイヤー」は、以前に新型のスマートウォッチを3月14日に販売されると噂されておりましたが、本日「タグ・ホイヤー」からTwitterにて正式に発表されました。

 

 

 

 

 


 

 

 

なお、画像から現行モデルと似たようなベゼルデザインを採用していることが見受けられます。

 

 

 

 

 

Tag Connected Modular

これまでのリーク情報を整理すると、新型モデルのコードネームは「Tag Connected Modular」とされており、ラグやバンド、留め具などを自由にカスタマイズできる仕様となっているようです。

 

 

 

 

 

さらにNFCも搭載されており、Android Payが利用できると噂されております。

 

 

 

 

 

仮に「Tag Connected Modular」がAndroid Payを利用できる場合、Appleの「Apple Watch」のようにスマートフォンをポケットから取り出さずに会計することができます。

 

 

 

 

 

しかし、日本でAndroid Payが普及していないため、仮に実装されても活躍できる場は限られております。

 

 

 

 

 

ヘッド部分には、シチェエーションに応じてアナログムーブメントを備えるモジュールと交換できる可能性があります。

 

 

 

 

 

さらに、Intel製のSocや改良されたディスプレイ、さらにGPSモジュールが採用されると噂さておりますが、今回の正式発表でスペックについての情報はありませんでした。

 

 

 

 

 

同社は、第2弾モデルの販売数を150,000台を目標としており、これは第一弾モデルの20,000台よりも倍以上の設定となっております。

 

 

 

 

 

 

「Tag Connected Modular」は第一段モデルよりもターゲット層が広く設定されると予測されており、より手軽に購入が可能だと推測されます。

 

 

 

 

 

なお、第一弾の値段は、18万円以上であったため、ターゲット層が広く設定されるのであれば乗り出し価格は18万円以下だと思われます。

出典元:TAG Heuer 公式Twitter

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)